2020年6月21日【函館SS】終了時点までのデータをもとに、スイープセレリタスの好走パターンを分析。

スイープセレリタスの距離適性

スイープセレリタスはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(2-0-1-0)
  • 芝1600m(2-1-2-2)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

1800mは秋華賞トライアルの「ローズS」で0.7差の6着。鞍上のルメール騎手は距離不安をほのめかしている。

現状では1600mまで。

1400mでも底を見せていないだけに、1200mも走ってくる可能性はある。

スイープセレリタスの脚質

先行押し切り、中団からの差し。

ペースが多少速くても、そこそこ粘る持久力を持つSP持続型

また、溜めて繰り出す末脚にも破壊力がある。

スイープセレリタスのコース適正

スイープセレリタスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(3-1-1-1)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 阪神(0-0-1-1)

左右回り別だと;

  • 右回り(0-0-1-2)
  • 左回り(4-1-2-2)

現状では左回りコースへの出走が圧倒的に多いが、2020年「うずしおS(3勝クラス)」では0.1差の3着に入る走りを見せており、右回りは問題ないと見ていいだろう。

それでも勝ち鞍はすべて左回りなのだから、どちらが良いかと言えば、当然左回りが得意なのだろう。

スイープセレリタスの持ち時計(ベストタイム)

スイープセレリタスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.5 12着(函館)
  • 芝1400m:1.20.3 1着(東京)
  • 芝1600m:1.32.9 1着(新潟)
  • 芝1800m:1.45.1 6着(阪神)

本格的なスピード勝負はまだ未経験。

スイープセレリタスの重馬場適正

スイープセレリタスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)

まだなんとも言えない。

スイープセレリタスの鉄砲実績(休み明け)

スイープセレリタスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

馬券圏外は2020年「節分S(3勝クラス)」。

このときは+12キロ。

スイープセレリタスの枠順適正

スイープセレリタスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-3)
  • 5~9番(3-0-1-0)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(未)

スイープセレリタスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-3-1)
  • 3~5月(春):(2-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-1)

スイープセレリタスの斤量別着度数

  • ~52キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-1-2-3)
  • 55キロ(1-0-1-1)

スイープセレリタスの連対体重

  • 490~502キロ

スイープセレリタスの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母はスイープトウショウ。

母の父はエンドスウィープ(ミスプロ系フォーティーナイナー)。

母と父でG1を5勝している超良血。

スイープセレリタスの評価

これまでの走りで、明らかな敗退は3鞍だが、敗因が;

  • 休み明けの+12キロの馬体重
  • 1800mの距離
  • 初の1200mの距離で出遅れ

と、ある程度特定できる。

それ以外では、新馬戦以外は常に0.1差以内での勝ち負け。

スピード持続力、瞬発力の両方を併せ持っているようなので、これからの成長が楽しみな一頭。

スイープセレリタスの近走

20/2/8 節分S(3勝クラス)

東京 芝1600m 良 16頭

着順:8着(1.34.0・0.5差)

騎手:ルメール(55キロ)

3ヵ月の休み明けで体重が+12キロ。

レースは道中中団あたりで追走し、直線は馬場の外目を追い込んでくるが、イマイチ伸びきれずに8着。

ゴール前では若干の不利はあったにせよ、ここは+12キロが応えていた感じ。

20/2/29 うずしおS(3勝)

阪神 芝1600m(外)良 12頭

着順:3着(1.33.7・0.1差)

騎手:池添謙一(55キロ)

中2週で、体重もしっかり10キロ落として挑んだレース。

道中は後方9番手あたり。

直線は馬場の外目から追い込んで来るが最後は切れ負け。

馬場は良馬場だが、雨が降って水分を含んだ馬場。

鞍上の池添騎手も「脚をとられた」と談話を残している。

それでも0.1差なら上々。

20/5/3 晩春S(3勝)

東京 芝1400m 良 11頭

着順:1着(1.20.3・クビ差)

騎手:丸山元気(55キロ)

道中は中団。

直線では残り300mあたりから追い出されてしっかり伸びた。

鞍上の談話では、抜け出してからフワッとした(ソラを使った)らしいが、そのせいでゴール前はちょっと詰め寄られた。

まだまだ伸びしろは大いにありそう。

20/6/21 函館スプリントS(G3)

函館 芝1200m 良

着順:12着(1.08.5・1.0差)

騎手:丸山元気(54キロ)

スタート少し出遅れて、道中は最後方から。

4角はかなりの大外を回して直線に向くが、先行、内有利の馬場ではなす術なし。

初めての1200m、そう悲観することもない。

スイープセレリタスの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは52キロ。

ハンデ52キロなら、今回メンバー構成ならそれほど引けをとらないのでは?

課題は開幕週の高速馬場か。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析