2020年5月3日【バーデンバーデンC】終了時点までのデータをもとに、アリンナの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

アリンナの距離適性

アリンナはこれまでに芝1000m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-0-1)
  • 芝1200m(4-1-3-14)
  • 芝1400m(1-0-0-4)
  • 芝1600m(0-0-0-1)

ベストは1200m。

アリンナの脚質

先行して押し切る競馬、後ろから終いを生かす競馬、どちらでも好走歴はある。

ただ、好走するにはいくらか条件が必要(後述)。

アリンナのコース適正

アリンナの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-0-1-3)
  • 福島(1-0-0-2)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-1-4)
  • 中京(0-0-0-3)
  • 京都(3-1-0-4)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-1-1)

美浦の厩舎の所属馬ながら、京都コースとの相性馬良い。

それに伴って直線平坦コースの方が成績は良い。

逆に直線急坂コースではパフォーマンスが落ちている。

急坂だと終いのキレが削がれるのかもしれない。

函館や札幌の洋芝も、終いのキレが削がれる要因。

そして左回りコースも良くない。

巧拙がはっきりしている分、狙いやすいかも。

アリンナの持ち時計(ベストタイム)

アリンナの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.56.1 16着(新潟)
  • 芝1200m 1.08.4 1着(福島)
  • 芝1400m:1.21.3 5着(東京)
  • 芝1600m:1.35.1 8着(阪神)

主に1200mだけに限定すると、この馬は1分8秒台中ほどまでなら何とか勝負になるが、それより時計が速くなると厳しくなる。

時計がかかる分には、いくらかかっても対応はできる。

アリンナの重馬場適正

アリンナの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-2-4)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪は基本的には気にしないはず。

アリンナの鉄砲実績(休み明け)

アリンナの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-5)

得意条件でも大敗があるので、休み明けは割引だろう。

アリンナの評価

そうそう馬券圏内に顔を出してくる馬ではないが、来るならこんな条件;

  • 芝1200m
  • 直線平坦コース(京都は特に良い)
  • 時計のかかる馬場

逆に割引条件は;

  • 左回りはNG
  • 高速馬場NG
  • 休み明けNG

こんな感じ。

直線急坂コースや洋芝のコースでは、終いのキレは削がれるが、時計がかかればチャンスはある。

アリンナの近走診断

20/3/1 豊明S(3勝)

中京 芝1200m 良 18頭

着順:7着(1.08.7・0.5差)

騎手:斎藤新(55キロ)

道中は後方。

直線もそれほど伸びはなく7着。

勝ち時計は1.08.2。

この馬にはちょっと速い。

20/3/31 船橋S(3勝)

中山 芝1200m 稍重 16頭

着順:3着(1.09.3・0.1差)

騎手:野中悠太(55キロ)

道中は中団の後ろあたり。

4角は外を回して直線に向き、馬場の外目を追い上げて来るが僅かに届かず3着。

勝ち馬の走破時計は1.09.2。

直線急坂でも、これくらいの時計になれば顔を出してくる。

20/5/3 バーデンバーテンC(3勝)

福島 芝1200m 良 16頭

着順:1着(1.08.4・-0.1差)

騎手:鮫島克駿(55キロ)

道中は後方から。

4角は大外を回して直線一気に追い込んだ。

外差し馬場が嵌った格好。

馬の力が5分、馬場の助けが5分、と言った感じ。

アリンナの次走

次走は函館競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

函館の洋芝も末脚を削がれる一因。

後ろから行くなら、そこそこ時計がかからないと厳しいだろう。