2020年6月14日【UHB杯】終了時点までのデータをもとに、ジョーマンデリンの好走パターンを分析。

ジョーマンデリンの距離適性

ジョーマンデリンはこれまでに芝1200m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-1-1-5)
  • 芝1400m(1-0-0-1)

2歳500万条件を1400mの距離で敗れて以降、あとはずっと1200m。

ベストは1200m。

ジョーマンデリンの脚質

先行策。

前々につけて押し切る競馬。

少々ペースが速くてもしっかり粘って押し切れるSP持続型。

ジョーマンデリンのコース適正

ジョーマンデリンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(3-1-0-0)
  • 福島(0-0-0-2)
  • 東京(1-0-0-0)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 阪神(0-0-1-0)

かなりの洋芝巧者。

札幌での負けは、発馬してすぐの落馬による競争中止。

反面、パンパンに乾いた硬い馬場では不安もある。

ジョーマンデリンの持ち時計(ベストタイム)

ジョーマンデリンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.5 1着(函館)
  • 芝1400m:1.23.0 6着(中京)

函館ならスピード勝負も大歓迎。

ジョーマンデリンの重馬場適正

ジョーマンデリンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(0-0-1-1)

道悪は苦にしない。

ジョーマンデリンの枠順適正

切れる脚がない分、前々で競馬がしたい。

枠順もあまり極端な外枠は不安要素になる。

ジョーマンデリンの鉄砲実績(休み明け)

ジョーマンデリンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

休み明けはあまり良いとは言えない。

ジョーマンデリンの評価

とにかく函館では走る洋芝巧者。

札幌でも同じように走るのかはまだ分からない。

反面、パンパンの硬い良馬場では不安もある。

ジョーマンデリンの近走

20/4/12 大阪―ハンブルクカップ(3勝・ハンデ)

阪神 芝1200m(内)重 16頭

着順:3着(1.10.2・0.7差)

騎手:坂井瑠星(54キロ)

道中は中団の内。

直線も内を突いて伸びて来るが3着まで。

洋芝と同様に重馬場も走りそう。

位置取りはもう少し前目が良い。

20/5/3 バーデンバーデンカップ(3勝)

福島 芝1200m 良 16頭

着順:6着(1.08.7・0.3差)

騎手:川又賢治(55キロ)

道中は中団の前あたり。

4角を回って直線に向くと、一瞬先頭をうかがうような雰囲気はあったが、イマイチ突き抜けるところまでは行かない。

ゴール前、若干進路も狭くはなったが、ゴール前の含水率8.8%の硬い馬場も応えたのかもしれない。

20/6/14 UHB杯(3勝・ハンデ)

函館 芝1200m 良 16頭

着順:1着(1.07.5・-0.2差)

騎手:池添謙一(54キロ)

道中は好位の4番手。

前半の3Fが32.7秒のハイペース。

4角を回って先頭を射程圏に収めると、残り100mで突き抜けた。

ハイペースを4番手から押し切る強い競馬。

函館は走る。

ジョーマンデリンの次走

次走は函館競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

重賞初挑戦となるが、大得意の函館コースなら期待できそう。

ただ、ローテーションが「連闘」というのが、少し不安。