2020年6月21日【函館SS】終了時点までのデータをもとに、シヴァージの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

シヴァージの距離適性

シヴァージはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-3)
  • 芝1400m(0-0-0-1)

1400mの7着はキャリア14戦目で初芝での成績。

1400mまでは問題ないのではないか。

ダートでは準OPの1600mで0.3差の4着もある。

シヴァージの脚質

ダートでは先行策がほとんどだったが、芝に転向してからは、後方からの終いを生かす競馬で好走。

終いの脚は確実だが、届くか届かないかは展開頼み。

シヴァージのコース適正

シヴァージの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-0-0)

馬券圏外のレースでも、ほとんどが僅差。

現状ではコースによる巧拙はない模様。

シヴァージの持ち時計(ベストタイム)

シヴァージの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.0 5着(0.5差・函館)
  • 芝1400m:1.20.7 7着(1.3差・阪神)

データ的には速い時計への対応に不安があるが、芝へ転向してまだ5戦。その内重馬場が2戦。

高速決着が不向きと判断するのはまだ早計。

シヴァージの重馬場適正

シヴァージの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(1-0-0-1)

道悪は大丈夫だろう。

シヴァージの鉄砲実績(休み明け)

シヴァージの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-2)※ダート含む

問題ない。

シヴァージの近走

20/1/11 淀短距離S(L)

京都 芝1200m(内)15頭

着順:4着(1.09.8・0.2差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は後方から。

3角で進路を遮られる不利があり、4角から直線に向いても進路を確保できずに外へ外へと持ち出して、残り200mだけでもの凄い追い上げを見せた。

上り3Fはメンバー最速の34.2秒。

20/2/16 北九州短距離S

小倉 芝1200m 重 17頭

着順:1着(1.10.0・-0.1差)

騎手:藤岡祐介(56キロ)

道中は後方から。

4角は大外を回して直線一気の差し脚。

上り3Fはメンバー最速34.9秒。

重馬場にしてはペースが速く、レースの上りは36.3秒。

展開が嵌った感はあるが、終いは確実に繰り出してくる。

20/3/29 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重 18頭

着順:5着(1.09.0・0.3差)

騎手:藤岡祐介(57キロ)

道中は後方。

直線は馬場の外目を追い込んでくるが、0.3差の5着が精一杯。

重馬場だが、レースの上りは34.5秒と標準の上り。

これだとやはり、後ろからでは届かない。

確実に繰り出す末脚は魅力だが、後方からの追い込み一辺倒では、速い時計、速い上りになるとこういう競馬にならざるを得ない。

20/6/21 函館スプリントS(G3)

函館 芝1200m 良

着順:5着(1.08.0・0.5差)

騎手:藤岡祐介(56キロ)

道中はいつものように後方から。

4角は大外を回して直線に向き、直線は馬場の外目を猛然と追い込んで来るが0.5差の5着まで。

終いの脚は確実だが、ちょっと競馬がワンパターン。

レースの上りが34.1秒ならなす術なし。

シヴァージの次走

次走は9月13日、中京競馬場 芝1200mで行われる「セントウルS(G2)」。

ジョッキー乗り替わりで新味が出せるか?

終いは確実なだけに、脚の使い方いかんでは更なる前進も?

 

その他、セントウルSの出走馬を分析