2020年5月31日【朱雀S】終了時点までのデータをもとに、ミッキースピリットの好走パターンを分析。

ミッキースピリットの距離適性

ミッキースピリットはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-0-0-2)
  • 芝1400m(1-2-0-3)
  • 芝1600m(0-0-2-3)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

ベストは1200m、1400mまでは守備範囲。

1600mは長いだろう。

ミッキースピリットの脚質

スピードを生かして先団に取り付いて、そのまま押し切る競馬。

スピード持続型。

差す競馬も時折見せるが、切れ味勝負は不向きだろう。

ミッキースピリットのコース適正

ミッキースピリットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(2-0-1-3)
  • 阪神(1-1-0-3)
  • 小倉(1-0-0-2)

左回りにうやや不安要素? しかしまだデータは少ない。

ミッキースピリットの持ち時計(ベストタイム)

ミッキースピリットの1200~1400mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.3 1着(京都)
  • 芝1400m:1.20.5 2着(阪神)

時計面はまだこれから。

ミッキースピリットの重馬場適正

ミッキースピリットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-3)

水分を含んだ道悪はダメだが、良馬場の荒れた馬場なら好走歴はある。

ミッキースピリットの枠順適正

前々で勝負したい馬だけに、極端な外枠は避けたい。

ミッキースピリットの鉄砲実績(休み明け)

ミッキースピリットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

さほど苦にはならない様子。

ミッキースピリットの近走

20/2/23 1勝クラス

小倉 芝1200m 良 16頭

着順:1着(1.11.0・-0.1差)

騎手:松若風馬(57キロ)

良馬場だが馬場は荒れ馬場、道中も上りも時計を要す展開。

道中は3~4番手。

直線は馬場の外目から鋭い脚で伸びてきた。

レースの上りは36.2秒。

パワーのある走り。

20/5/3 鷹ヶ峯特別(2勝・ハンデ)

京都 芝1200m(内)良 18頭

着順:1着(1.08.3・クビ差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

外枠15番から道中は中団。

4角は大外を回して、直線も馬場の外目から差し切った。

ペースもそこそこ流れて良い内容だが、着差的にハンデ54キロの恩恵もあっただろう。

20/5/31 朱雀S(3勝)

京都 芝1200m(内)良 16頭

着順:1着(1.09.2・頭差)

騎手:松若風馬(57キロ)

午前中は小雨模様で馬場も若干重たい様子。

1枠2番から先団。

4角は3番手の内で直線。

直線は内からしっかり伸びて、ゴール前アタマ差制して1着。

当該週は内有利のバイアスが出ていたようで、その恩恵もあったようだが、昇級初戦を斤量3キロ増で見事に勝利。

ミッキースピリットの次走

次走は阪神競馬場 芝1200m(内)で行われる「CBC賞(G3・ハンデ)」。

斤量は3キロ減の54キロ。

久々の阪神コースだが、阪神コースは2歳時に「未勝利戦(芝1400m)」で2歳レコードを出しているくらいなので問題はないだろう。

内枠に入ってすんなり先手が取れれば面白い。