2020年10月4日【ポートアイランドS】終了時点までのデータをもとに、ロケットの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ロケットの距離適性

ロケットはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(2-1-0-1)
  • 芝1600m(1-1-0-4)
  • 芝1800m(1-0-0-1)

1600mはちょっと長そう。

現状では1400mがベスト。

ロケットの脚質

逃げ、先行脚質。

上りがかかって持ち味発揮。

速い上りだと切れ負け。

道悪も大歓迎。

ロケットのコース適正

ロケットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-0-0)
  • 中京(0-1-0-1)
  • 京都(0-1-0-2)
  • 阪神(3-0-0-4)

阪神は得意そう。

どちらかと言えば小回り、内回りコースの方が戦いやすそう。

パワータイプなので、直線が平坦で上りが速くなるような軽い芝は不向き。

東京での1勝は「不良馬場」。

ロケットの持ち時計(ベストタイム)

ロケットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.9 10着(阪神)
  • 芝1400m:1.21.5 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.34.1 2着(中京)
  • 芝1800m:1.45.8 10着(新潟)

時計はかかった方が良いタイプ。

ロケットの重馬場適正

ロケットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-3)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪は良い。

ロケットの鉄砲実績(休み明け)

ロケットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-6)

勝っているのは「未勝利戦」。

休み明けは割引と言うデータ。

逆に、叩き2走目になると;

  • 2戦目(2-2-0-1)

狙い目になる。

ロケットの枠順適正

ロケットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-4)
  • 5~9番(0-2-0-4)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

逃げ、先行脚質なだけに、内枠が欲しい。

ロケットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(3-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-2)

ロケットの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-3)
  • 53キロ(0-1-0-0)
  • 54キロ(2-0-0-1)
  • 55キロ(2-1-0-3)

ロケットの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~484キロ

ロケットの血統背景

父はディープスカイ(サンデー系アグネスタキオン)。

ディープスカイは2008年の「NHKマイルC]「日本ダービー」の覇者。

母の父はマリアズモン(ネイティブダンサー系)。

マリアズモンは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの短距離~中距離。

ロケットの次走

次走は10月31日(土)京都競馬場 芝1400m(外)で行われる「スワンS(G2)」。

得意の叩き2走目だが、ここは力不足。

 

その他、スワンSの出走馬を分析