2020年6月28日【パラダイスS】終了時点までのデータをもとに、グランドロワの好走パターンを分析。

グランドロワの距離適性

グランドロワはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(2-2-4-5)
  • 芝1400m(2-5-0-10)
  • 芝1600m(1-0-0-0)

1200m、1400mが主だが、ここ数年は1400mのレースが圧倒的に多い。

陣営は1400mがベストと判断している様子。

グランドロワの脚質

典型的な「逃げ馬」。

行き切ることができれば最後までしぶとく粘る。

スタミナ、パワーを要する消耗戦で強さを発揮。

道悪も強い。

内枠に入ってすんなりハナが取れれば、かなり強い。

グランドロワのコース適正

グランドロワの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-1-1)
  • 京都(2-4-1-8)
  • 阪神(3-3-1-4)

直線が長いコースでは、残り100mあたりで甘くなる。

内回り、小回りがベスト。

関西圏ではしっかり結果を残している。

グランドロワの持ち時計(ベストタイム)

グランドロワの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.0 9着(中山)
  • 芝1400m:1.20.4 2着(京都)
  • 芝1600m:1.35.8 1着(京都)

持ち時計だけをみても、やはりベストは1400mという気はするが、1200mはレース自体、下級条件でのものが多いということもある。

ただし、いずれにしても時計が速くなると厳しい。

グランドロワの重馬場適正

グランドロワの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(3-1-1-2)
  • 重(1-1-1-1)
  • 不良(1-0-1-1)

道悪は大歓迎。

グランドロワの枠順適正

逃げ馬だけに、内枠が欲しい。

グランドロワの鉄砲実績(休み明け)

グランドロワの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-4)

あまり良くない。

グランドロワの近走

20/5/10 鞍馬S

京都 芝1200m 良 12頭

着順:12着(1.10.2・2.5差)

騎手:和田竜二(56キロ)

大外12番ゲートからハナを狙うが、内のナインテイルズも譲らない。

ハナ争いが激化して前半3Fが33.5秒。

直線ではさすがにバテて、残り200m手前で一杯。

逃げ馬としては仕方のない敗戦。

20/5/31 安土城S(L・ハンデ)

京都 芝1400m(外)良 17頭

着順:2着(1.21.3・クビ差)

騎手:酒井学(54キロ)

2枠3番から押して押してハナ。

4角では後続を3馬身離して直線。

直線でもバテずに粘ってクビ差の2着。

無理してでも行き切る方がこの馬の持ち味が出る。

20/6/28 パラダイスS(L・ハンデ)

東京 芝1400m 不良 16頭

着順:6着(1.23.8・0.4差)

騎手:三浦皇成(55キロ)

6枠12番からハナへ。

4角では後続とは4~5馬身差。

各馬内を避けて外を回るなか、グランドロワだけは内ラチ沿いに直線へ。

直線でも内ラチ沿いを軽快に逃げるグランドロワだが、ゴール前のこりわずかのところで後続に呑み込まれて6着。

やはり長い直線では最後が持たない。

グランドロワの次走

次走は阪神競馬場 芝1200m(内)で行われる「CBC賞(G3・ハンデ)」。

コース、距離ともに得意条件だが、「連闘」策がどう出るか?

梅雨時の馬場も合ってそうなので、連闘の影響がなければ面白い一頭。