2021年3月7日【大阪城S】終了時点までのデータをもとに、ヒンドゥタイムズの好走パターンを分析。

ヒンドゥタイムズの距離適性

ヒンドゥタイムズはこれまでに芝1800~2000mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(4-2-3-3)

中距離では安定感。

ヒンドゥタイムズの脚質

先行押し切り、中団の前あたりからの差し。

そこそこのSP持続力、瞬発力を持ってはいるが、持続力は緩い流れ、瞬発力は内回り、小回り仕様。

スローのキレ味勝負、直線の長いコースでのキレッキレの瞬発力勝負になると、やや後手を踏む可能性も。

上りが速くなりにくい小回り、内回りコースでの、緩い流れからの先行押し切り、粘り込みが好走パターン。

ヒンドゥタイムズのコース適正

ヒンドゥタイムズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-0-1-0)
  • 阪神(3-1-1-0)
  • 小倉(0-1-0-0)

京都、阪神での成績は;

  • 内回り(3-1-2-0)
  • 外回り(1-0-0-0)

ヒンドゥタイムズの持ち時計(ベストタイム)

ヒンドゥタイムズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.1 1着(-0.1差・阪神)
  • 芝2000m:1.58.8 2着(クビ差・小倉)

OPクラスのガチの高速決着になるとどうか?

ヒンドゥタイムズの重馬場適正

ヒンドゥタイムズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(1-0-0-1)

敗戦も馬場が敗因ではない様子。

道悪は特に苦にならないだろう。


ヒンドゥタイムズの鉄砲実績(休み明け)

ヒンドゥタイムズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-2-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-0)

ヒンドゥタイムズの枠順適正

ヒンドゥタイムズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-3-1)
  • 5~9番(1-2-0-1)
  • 10~14番(2-0-0-1)
  • 15~18番(未)

ヒンドゥタイムズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-2-0)
  • 3~5月(春):(2-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

ヒンドゥタイムズの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-3)
  • 56キロ(2-0-3-0)
  • 57キロ(1-1-0-0)

ヒンドゥタイムズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~478キロ

ヒンドゥタイムズの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))

ヒンドゥタイムズの近走

19/12/28 フォーチュンカップ(2勝・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良 16頭

着順:1着(2.01.0・-0.2差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団の前あたり。

直線は馬場の内目から、進路が開くとスッと抜け出して後続を突き放した。

トップハンデ56キロでも強い勝ち方。

20/3/7 但馬S(3勝)

阪神 芝2000m(内)良 11頭

着順:2着(2.00.1・クビ差)

騎手:福永祐一(57キロ)

道中は中団の後ろあたり。

4角は外を回して、直線も馬場の外目から追い上げて来るがクビ差届かず2着。

位置取りが後ろすぎた感じ。

終いのキレはあるにはあるが、それだけに頼るような乗り方では後手を踏んでしまう。

20/5/2 下鴨S(3勝・ハンデ)

京都 芝2000m(内)良 13頭

着順:1着(2.00.0・-0.2差)

騎手:北村友一(57キロ)

道中は中団の前あたり。

直線は馬群の外に持ち出して鮮やかな差し切り。

やはりこの馬、この勝ち方が必勝パターン。

20/7/12 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 重

着順:4着(2.03.1・0.6差)

騎手:北村友一(55キロ)

出遅れて位置取りが後方から。

4角13番手で直線に向くが、この位置からだと4着が精一杯。

しかし終いの脚はしっかり伸びているので、今回は出遅れがすべて。

2020年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

20/9/19 ケフェウスS

中京 芝2000m 良

着順:4着(1.59.2・0.5差)

騎手:北村友一(55キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は7番手で直線に向き、馬群の外目を追い上げてくるが、ゴール前甘くなって4着。

レースは中盤からペースが上がり、上がりに36.3秒を要する展開になった。

急なペースアップに対応できなかった感じ。

20/12/5 チャレンジC(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:3着(2.00.2・0.3差)

騎手:武豊(56キロ)

道中は中団の前あたり。

4角では3番手まで押し上げて直線に向くが、最後はブラヴァスに交わされて3着。

終いのキレがそうある馬ではないので、この展開ではここまでだろう。

2020年 チャレンジカップ(G3)のラップ分析&回顧

21/3/7 大阪城S(L・ハンデ)

阪神 芝1800m(外)良

着順:1着(1.46.1・-0.1差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は中団8番手で直線。

直線は馬群の中ほどから追い出してきて、坂の上りで先頭に立つと、内で粘る2頭をしっかりと振り切ってゴール。

緩い流れでの中団からの差し切り勝ち。

2、3着に人気薄の軽ハンデ馬が粘っているあたり、レベルとしてはあまり高いレースではなかったと思う。

しかしまあ、このクラスなら当然実力上位。

次走、鳴尾記念 (G3)に向けて

次走は6月5日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「鳴尾記念(G3)」。

上りが速くなりにくい中京の二千は戦いやすいはず。

そこそこ良いポジションで、流れが落ち着いてくれれば勝ち負け。

 

その他、鳴尾記念(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)