2020年5月9日【メトロポリタンS】終了時点までのデータをもとに、バレリオの好走パターンを分析。

バレリオの距離適性

バレリオはこれまでに芝1800m~芝3400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(2-1-0-1)
  • 芝3400m(0-0-0-1)

2400m前後が合ってそうな長距離砲だが、2000m前後も本格的に走っていないだけでまだ分からない面はある。

逆に、3000mを越すと、ちょっと長いような印象。

バレリオの脚質

前につけるとしぶといスピード持続型。

終いを生かす競馬もできるが、積極的な競馬をした方が好走確率は高そう。

バレリオのコース適正

バレリオの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(1-1-0-2)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)

新潟だけ好走歴がないが、これはおそらくたまたま。

コースによる巧拙はあまりないのでは。

バレリオの持ち時計(ベストタイム)

バレリオの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.51.0 5着(新潟)
  • 芝2000m:2.05.5 1着(中山)
  • 芝2200m:2.13.8 1着(中京)
  • 芝2400m:2.23.5 1着(東京)
  • 芝3400m:3.37.5 16着(東京)

2400m前後なら、速い時計にも対応できそう。

バレリオの重馬場適正

バレリオの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)

この負けは出遅れもあり、馬場が敗因ではないだろう。

血統的にも道悪は良いはず。

バレリオの枠順適正

前々につけて持ち味を発揮するので、枠順も内枠の方が良い。

また、出遅れの多い馬(新馬戦から3戦連続の出遅れ)なので、外枠からだとそれが致命傷になりかねない。

バレリオの鉄砲実績(休み明け)

バレリオの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-3)

体質的な問題からか、間隔を十分に取って使われることが多い。

休み明けを気にしていたら狙えない。

バレリオの血統背景

父はステイゴールド(サンデーサイレンス系)、母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント)。

母母父にはリボー系のプラグドニックルが鎮座。

5代血統内にクロスはないが、SP持続力、スタミナには絶対の自信があるかのような血統背景。

ただ、適距離はそんなに長くはないかも。

バレリオの近走

19/12/8 オリオンS(3勝・ハンデ)

阪神 芝2400m(外)良 13頭

着順:1着(2.26.6・-0.2差)

騎手:ビュイック(55キロ)

道中3番手の内。

ペースはスロー。

直線も内目から上りメンバー2位の33.5秒の脚で突き抜けた。

スローなのでタイムこそ遅いが完勝。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良 16頭

着順:16着(3.37.5・6.3差)

騎手:ミナリク(54キロ)

スタート出遅れて後方から。

しかし1周目スタンド前でかかり気味に順位を上げて、1角を回るころには2番手まで上がって行く。

さらにバレリオが先頭に競りかけてから、逃げるロザグラウカも負けじとペースが上がる。

しかしさすがに3角を回るころにはバレリオは早くも一杯。

4角は7番手で直線に向くが、脚はまったく残っておらず、先頭とは6.3秒差のシンガリ負け。

距離云々よりも、引っかかって暴走してしまったことがすべて。

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:2着(2.25.9・0.1差)

騎手:津村明秀(56キロ)

前走の暴走を危惧してか、道中は中団に控える。

ペースは中だるみのドスロー。

4角5番手で直線に向き、上りメンバー2位の33.4秒ので脚で先頭を追うが、内ラチ一杯に逃げ粘るウラヌスチャームを捉えることは出来ずに0.1差の2着。

出遅れたわけでもなく、いつものように普通に前目にポジションを取っていれば勝てたレースだろう。

バレリオの次走

次走の予定は福島競馬場、芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

新馬戦以来の2000m。この距離短縮がどう出るか?

しかしステイゴールド産駒の距離短縮はそんなに悪くはない。

⇒⇒⇒ ステイゴールド産駒の特徴を分析

出遅れずに先手を取れれば面白い。