2020年6月7日【ストークS】終了時点までのデータをもとに、スイーズドリームスの好走パターンを分析。

スイーズドリームスの距離適性

スイーズドリームスはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(2-4-3-8)
  • 芝1600m(1-0-1-0)
  • 芝1800m(1-1-0-2)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1400mを主戦場にしているが、距離はまだ延びても良さそう。

スイーズドリームスの脚質

中団あたりで脚をためて差す競馬。

流れは緩いよりは締まった流れの方が戦いやすい。

スイーズドリームスのコース適正

スイーズドリームスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-3-2-4)
  • 中京(2-0-2-2)
  • 京都(0-2-0-2)
  • 阪神(2-0-0-1)

一頃は左回りしか使われなかった。

しかし準オープンは右回りの阪神コースを勝ち上がった。

成長とともに右回りを克服した感じ。

スイーズドリームスの持ち時計(ベストタイム)

スイーズドリームスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.6 6着(中京)
  • 芝1600m:1.33.2 1着(阪神)
  • 芝1800m:1.49.6 4着(東京)
  • 芝2000m:1.59.1 7着(東京)

突出した速い時計は持っていないが、3勝クラスを勝ちあがた1600mの時計は、クラスなりにはそこそこ。

スイーズドリームスの重馬場適正

スイーズドリームスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-2-1-2)

稍重程度なら問題ないが、それ以上になるとどうか。

スイーズドリームスの鉄砲実績(休み明け)

スイーズドリームスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-3)

敗けているレースも大敗は少ない。

スイーズドリームスの血統背景

父はディープインパクト、母は宝塚記念などG1を3勝したスイープトウショウ。その父はエンドスイープ(ミスプロ系フォーティーナイナー)。

5代血統内のクロスは;

  • リファール  12.50% 4 x 4
  • ノーザンダンサー  9.38% 5 x 5+5

血統的には、1600mよりも、もう少し長目の方が良さそうなのだが・・・。

スイーズドリームスの近走

20/6/7 ストークS(3勝クラス)

阪神 芝1600m(外)良 18頭

着順:1着(1.33.2・-0.1差)

騎手:浜中俊(57キロ)

道中は中団の前あたり。

直線は馬場の中ほどから、上りメンバー2位の33.9の脚を繰り出して、ゴール前混戦を制して突き抜けた。

時計も3勝クラスとしてはそこそこ優秀。

これまで主戦場にしてきた1400mではなく、これまでに1度しか出走していなかった1600mで3勝クラスを勝ち上がった。

果たしてこれが適距離なのか?

それとも適距離はやはり1400mか?

いや、距離はまだこれ以上長い方が良いのか?

今後のレースの選択が興味深い。

スイーズドリームスの次走

次走は阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「中京記念(G3)」。

ハンデは54キロ。

前走と同じコースと言うのはそれなりにアドバンテージにはなるだろう。

加えてハンデ54キロ。

「中京記念」は、前走3勝クラスからの参戦では良績が少ないレースだが、阪神へのコース替わりでどうか?