2021年10月3日【スプリンターズS】終了時点までのデータをもとに、ミッキーブリランテの好走パターンを分析。

ミッキーブリランテの距離適性

ミッキーブリランテはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-1-3)
  • 芝1400m(1-1-1-3)
  • 芝1600m(3-1-2-8)
  • 芝1800m(1-1-0-0)

1400~1600mならそこそこ勝負になる。

1200mはちょっと忙しい感じなので、上り時計が速くなりすぎると厳しい。

ミッキーブリランテの脚質

前からでも後ろからでも競馬はできる。

前々で踏ん張ってSP持続力を生かす競馬や、控えて終いを生かす競馬でも強さを発揮。

ただ、切れる脚ではないので、キレ味勝負では後手。

近走では、距離を短距離にシフトし出して成績が安定してきた印象。

ミッキーブリランテのコース適正

ミッキーブリランテの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-1)
  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-0-0-3)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-2-1-1)
  • 阪神(2-1-2-5)

良績が目立つのは関西圏。

ミッキーブリランテの持ち時計(ベストタイム)

ミッキーブリランテの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.6 3着(札幌)
  • 芝1400m:1.19.5 2着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.0 5着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.0 1着(阪神)

千四の時計はまずまず。

ミッキーブリランテの重馬場適正

ミッキーブリランテの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)

重馬場での敗戦は出遅れが原因。

緩い馬場、力の要る馬場はさほど苦にしない感じ。


ミッキーブリランテの鉄砲実績(休み明け)

ミッキーブリランテの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-4)
  • 3戦目(1-0-2-0)
  • 4戦目(0-2-0-1)
  • 5戦目~(0-0-1-4)

休み明けは、少し割り引いた方がいいかも。

ローテーションは中1~2週で(3-1-2-2)。

詰めて使った方が結果は出ている。

ミッキーブリランテの枠順適正

ミッキーブリランテの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-1-2)
  • 5~9番(0-2-2-2)
  • 10~14番(1-1-1-5)
  • 15~18番(1-0-0-5)

明らかに内枠が良い。

好走を期待するには、10番より内には入りたい。

ミッキーブリランテの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-2)
  • 3~5月(春):(2-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(1-0-2-4)
  • 9~11月(秋):(0-2-1-1)

ミッキーブリランテの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-1-3)
  • 55キロ(2-1-0-1)
  • 56キロ(1-1-3-6)
  • 57キロ(0-0-0-4)

ミッキーブリランテの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~478キロ

ちなみに、当日の馬体重の増減で成績を分けてみると;

  • プラス体重or増減なし(4-3-3-7)
  • マイナス体重(1-0-1-7)

ミッキーブリランテの血統背景

父はディープブリランテ(サンデー系/日本ダービー)。

母の父はダンシリ(ND系デインヒル)。

母の父ダンシリはフランスのマイル重賞を3勝している。

半弟に2020年の「ホープフルS」を勝ったダノンザキッド(父はジャスタウェイ)。

ミッキーブリランテの近走

21/2/28 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.19.5・0.3差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は先行、4~5番手の内。

4角4番手で直線に入り、ジワジワと前を追い詰め、ゴール前ジャンダルムを交わして2着。

「阪神カップ」での負け方がひどすぎて、ここでは手が出ず。

しかし重賞で、しかもこの時計で2着に入ってくるとは予想外。

2021年 阪急杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/28 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重

着順:10着(1.09.8・0.6差)

騎手:和田竜二(57キロ)

大外18番から出遅れて、道中は中団の後ろ。

4角も13番手で直線に向くが、直線ではバテず、伸びず。

大外から出遅れたのではどうにもならない。

初距離だったことを考えると、そこそこは走っている。

この距離がダメだと決めつけることは早計。

2021年 高松宮記念(G1)のラップ分析&回顧

21/5/15 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 良

着順:4着(1.20.0・0.2差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は中団の前あたりの良いポジション。

4角も5番手で直線に向き、直線も坂を上りきるあたりまでは先団に食らいついて見せ場を作っていたが、ゴール前は切れ負けした感じで4着。

この馬としては力は出し切っている。

もう少しペースが上がっていれば勝ち負けもあったかも。

2021年 京王杯スプリングC(G2)のラップ分析&回顧

21/6/13 函館スプリントS(G3)

札幌 芝1200m 良

着順:3着(1.07.6・クビ-ハナ差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は中団のやや後ろ、10番手あたり。

4角も9番手で直線に向くと、直線は馬群の外目から素晴らしい追い上げを見せたが僅差の3着。

千二の距離は2度目だが、このペースに対応できたのなら適正はあるはず。

今後も千二では侮れない存在。

2021年 函館スプリントS(G3)のラップ分析&回顧

21/8/29 キーンランドC(G3)

札幌 芝1200m 良

着順:10着(1.09.5・0.4差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は中団8番手。

4角も8番手で直線に向くが、良い脚は使えずに10着に沈む。

やはりこの馬、休み明けは「鬼門」。

2021年 キーンランドカップ(G3)のラップ分析&回顧

21/10/3 スプリンターズS(G1)

中山 芝1200m 良

着順:9着(1.08.0・0.9差)

騎手:和田竜二(57キロ)

スタート出遅れて道中は中団7番手の内。

4角も7番手の内で直線に向くが、直線では見せ場なし。

あの位置取りからでは切れる脚は出せない。

レースの上りが33秒台の決着なので、やはり出遅れが響いた格好。

2021年 スプリンターズS(G1)のラップ分析&回顧

次走、京阪杯(G3)に向けて

次走は11月28日(日)、阪神競馬場 芝1200m で行われる「京阪杯(G3)」。

スタートさえ決まれば、良い勝負になりそう。

 

⇒その他、2021・京阪杯(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)