2020年12月12日【リゲルS】終了時点までのデータをもとに、ラセットの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ラセットの距離適性

ラセットはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-1)
  • 芝1600m(3-4-2-6)
  • 芝1800m(0-0-2-0)

ベストは1600m。

前後200mは守備範囲。

ラセットの脚質

現状では追い込み専門。

上りの脚はレース展開に関係なく比較的確実に繰り出してくる。

しかし、たとえ良馬場でも、緩い馬場は良くない。

パンパンの良馬場で持ち味を発揮。

ラセットのコース適正

ラセットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 京都(3-1-2-3)
  • 阪神(1-2-0-2)
  • 小倉(0-0-1-0)

京都、阪神はそのほとんどが外回りコース。

直線が短いと、この馬の脚質では届きにくい。

また、関西以外への遠征競馬が極めて少ない。

意図的なものか?たまたまなのか?

長距離輸送での馬体重には注意。

ラセットの持ち時計(ベストタイム)

ラセットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.8 1着(京都)
  • 芝1600m:1.31.9 4着(京都)
  • 芝1800m:1.49.2 3着(京都)

脚質的に、時計が速くなりすぎると辛いだろう。

ラセットの重馬場適正

ラセットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)

未勝利戦で2着はあるが、緩い馬場は基本的にダメだろう。

ラセットの鉄砲実績(休み明け)

ラセットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-1-0)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(0-0-1-1)

比較的フレッシュな状態の方が安定感がある。

ラセットの枠順適正

ラセットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-1-1)
  • 5~9番(1-0-1-1)
  • 10~14番(0-2-0-4)
  • 15~18番(未)

内枠の方が良い。

ラセットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-2-1)
  • 3~5月(春):(2-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-2-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-2-2)

ラセットの斤量別着度数

  • 55キロ(0-2-0-1)
  • 56キロ(3-1-1-4)
  • 57キロ(0-0-1-1)

ラセットの連対体重

  • 470~500キロ

ラセットの血統背景

父はモンテロッソ(ミスプロ系)。

母の父はアグネスタキオン(サンデー系)。

モンテロッソは欧州、ドバイで走り2012年の「ドバイワールドカップ(G1・AW2000m)」で優勝。

モンテロッソ産駒の特徴として、芝の道悪は良くない。

ラセットの次走

次走は1月5日(火)、中京競馬場 芝1600mで行われる「京都金杯(G3・ハンデ)」。

上りが速くなりにくい中京のマイルはこの馬にとっても戦いやすい。

勝ち負けは厳しそうだが、馬券圏内なら一考の余地あり。