2020年7月19日【中京記念】終了時点までのデータをもとに、ラセットの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ラセットの距離適性

ラセットはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-1)
  • 芝1600m(3-4-1-4)
  • 芝1800m(0-0-2-0)

ベストは1600m。

前後200mは守備範囲。

ラセットの脚質

どこからでも競馬が出来て、上りの脚もペースに関係なく比較的確実に繰り出してくる。

なので安定感もあり堅実な馬。

しかし、たとえ良馬場でも、緩い馬場は良くない。

パンパンの良馬場で持ち味を発揮。

ラセットのコース適正

ラセットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 京都(3-1-2-3)
  • 阪神(1-2-0-2)
  • 小倉(0-0-1-0)

競馬場による巧拙はあまりなさそうだが、関西以外への遠征競馬が極めて少ない。

意図的なものか?たまたまなのか?

長距離輸送での馬体重には注意。

ラセットの持ち時計(ベストタイム)

ラセットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.8 1着(京都)
  • 芝1600m:1.31.9 4着(京都)
  • 芝1800m:1.49.2 3着(京都)

そこそこ速い時計には対応してくる。

ラセットの重馬場適正

ラセットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)

未勝利戦で2着はあるが、緩い馬場は基本的にダメだろう。

ラセットの鉄砲実績(休み明け)

ラセットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-1-0)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(未)

比較的フレッシュな状態の方が安定感がある。

ラセットの枠順適正

ラセットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-1-1)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(0-2-0-2)
  • 15~18番(未)

内枠の方が良い。

ラセットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-2-0)
  • 3~5月(春):(2-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-2-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-1-1)

ラセットの斤量別着度数

  • 55キロ(0-2-0-0)
  • 56キロ(3-1-1-4)

ラセットの連対体重

  • 470~500キロ

ラセットの血統背景

父はモンテロッソ(ミスプロ系)。

母の父はアグネスタキオン(サンデー系)。

モンテロッソは欧州、ドバイで走り2012年の「ドバイワールドカップ(G1・AW2000m)」で優勝。

モンテロッソ産駒の特徴として、芝の道悪は良くない。

ラセットの近走

20/4/25 彦根S(3勝クラス)

京都 芝1400m 良 18頭

着順:1着(1.20.8・-0.1差)

騎手:加藤祥太(57キロ)

約10ヵ月半の休み明け。

道中は中団のやや後ろ。

4角は9番手から、直線は馬場の中ほどから外に出して鋭く伸びた。

開幕週の馬場。

緩いペースを中団でうまく脚を溜めた。

長欠+20キロも関係なかった。

単勝は15番人気で100.1倍。

20/5/31 安土城S(L・ハンデ)

京都 芝1400m 良 17頭

着順:8着(1.21.7・0.4差)

騎手:加藤祥太(54キロ)

道中は中団の前あたりにポジションを取ったが、直線は残り200mあたりで脚色が鈍った。

特にペースが速かったわけではないが、午前中の雨で馬場は緩かった可能性が高い。

昇級初戦のクラスの壁、ということではなさそう。

20/6/21 米子S(L)

阪神 芝1600m 良 18頭

着順:2着(1.32.9・0.2差)

騎手:秋山真一郎(56キロ)

スタートは普通に出たが、戦略からか? 道中は控えて最後方から2頭目。

4角もほぼ最後方から直線は内に進路を取る。

馬群を縫うようにスルスルと抜け出して来て2着を確保。

ラスト1Fで前が止まった展開の利はあったが、終いの脚は確実に伸びてくる。

20/7/19 中京記念(G3・ハンデ)

阪神 芝1600m 良

着順:2着(1.32.7・クビ差)

騎手:秋山真一郎(55キロ)

7枠13番から道中は後方、直線は馬場の外目から鋭く伸びた。

展開が嵌った面もあるが、終いは確実。

2020年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

ラセットの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

開幕週の馬場なので、後ろからではダメ。

なんとか内目の枠に入って、中団より前でレースを進めたいところ。

遠征競馬も少し心配。当日の馬体重には注意。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析