2020年7月11日【マレーシアカップ】終了時点までのデータをもとに、タガノアスワドの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

タガノアスワドの距離適性

タガノアスワドはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝1800m(3-1-0-2)
  • 芝2000m(1-1-0-6)

ベストは1600mではないか?

1800m、2000mももちろんこなすが、引っかかると厳しい。

タガノアスワドの脚質

生粋の逃げ馬。

スピードもあり、パワー、スタミナも相当ありそう。

ただ、スピードがありすぎて、後続を離して逃げる→直線失速、と言うパターンが目立つ。

タガノアスワドのコース適正

タガノアスワドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(0-1-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-0-5)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 小倉(1-0-0-0)

ローカルの小回りは逃げやすいだろう。

タガノアスワドの持ち時計(ベストタイム)

タガノアスワドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.24.7 10着(京都)
  • 芝1600m:1.33.2 1着(京都)
  • 芝1800m:1.47.0 7着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.7 7着(東京)

500万条件で計時した1600mの時計はまずまずだが、高速馬場、高速決着に向いているかと言えば、それはなさそう。

タガノアスワドの重馬場適正

タガノアスワドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(2-0-0-1)

道悪は歓迎。

時計のかかる馬場、バテバテの消耗戦などは大得意。

タガノアスワドの枠順適正

スピードはあるが、あまり枠が外過ぎるとやはり不利。

タガノアスワドの鉄砲実績(休み明け)

タガノアスワドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-5)

約1年ぶりの競馬でも勝利しているように、休み明けは特に気にならない。

タガノアスワドの血統背景

父はネオユニヴァース(サンデー系)、母の父はスピニングワールド(ND系ヌレイエフ)。

5代血統内にクロスはない。

母父の系統は、名マイラーを多く輩出しているノーザンダンサー系のヌレイエフの系統。

母父のスピニングワールド自身も名マイラー。

タガノアスワドの近走

20/6/21 垂水S(3勝)

阪神 芝2000m(内)良 16頭

着順:8着(2.00.1・1.0差)

騎手:岩田望来(55キロ)

道中は後続を5~6馬身離す逃げ。

前半1000mが58.4秒。

直線は残り200mまでは粘るがそこまで。

もう少し自制の効いた逃げを打てれば強いと思うが。

20/7/11 マレーシアカップ(3勝)

阪神 芝1800m(外)重 15頭

着順:1着(1.48.9・-0.1差)

騎手:西村淳也(55キロ)

重馬場にも関わらず、そこそこ速いペースで逃げる。

そのためレースの上りは37.9秒、ラスト1Fは13.8秒かかっているが、後続はタガノアスワドを捉えきれない。

こういう展開にはめっぽう強いが、なかなかこういう展開にはならない。

タガノアスワドの次走

次走は札幌競馬場 芝1800mで行われる「クイーンS(G3)」の予定。

OPに昇格して即重賞挑戦になるが、ローカルの小回りコースは向いてそう。

楽に逃がすと手強いが、今回は同型の逃げも多い。

 

⇒ その他、クイーンSの出走馬を分析