2020年2月16日【初音S】終了時点までのデータをもとに、サムシングジャストの好走パターンを分析。

サムシングジャストの距離適性

サムシングジャストはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-1-4)
  • 芝1800m(1-1-0-3)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

現状では1600m、1800m。

2000mは長そう。

サムシングジャストの脚質

終いを生かす競馬で勝ち上がってはいるが、どれも時計を要する展開や超スローの前残り、もしくは軽ハンデでの差しなど、どちらかと言えば緩い展開ばかり。

ただ、3歳時の「君子蘭賞(500万条件)」は締まったペースで0.1差の2着。後に重賞を2連勝するフェアリーポルカの2着だけに価値はある。

力はありそう。

厳しい競馬で持ち味を発揮するのではないか?

サムシングジャストのコース適正

サムシングジャストの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(1-0-0-3)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-1-0)
  • 阪神(0-1-0-3)

コースの巧拙はまだなんとも言えない。

牝馬ながら500キロを超える大型馬なので、ローカルの小回りコースでどうか?

サムシングジャストの持ち時計(ベストタイム)

サムシングジャストの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 4着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.3 9着(札幌)
  • 芝2000m:2.01.7 9着(中京)

時計はあまり速いと戦いにくいか。

サムシングジャストの重馬場適正

サムシングジャストの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-2)

時計のかかる馬場は得意そうだが、稍重以上ではどうか。

サムシングジャストの鉄砲実績(休み明け)

サムシングジャストの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

一方叩き2走目は;

  • 2戦目(1-1-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-1)

現状では叩き良化型。

サムシングジャストの枠順適正

サムシングジャストの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-2)
  • 5~9番(0-1-1-2)
  • 10~14番(1-0-0-4)
  • 15~18番(未)

外目の枠は良くない。

サムシングジャストの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-3)

サムシングジャストの斤量別着度数

  • 49キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(1-0-0-1)
  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(2-1-1-4)
  • 55キロ(0-0-0-1)

サムシングジャストの体重

3着以内に入ったときの体重は;

  • 484~514キロ

サムシングジャストの血統背景

父はヴィクトワールピサ(サンデー系)、母は短距離で1600万条件まで勝ち上がったツルマルオトメ。その父はタイキシャトル(ヘイロー系)。

3代血統内のクロスは;

  • ノーザンダンサー  9.38% 5 x 4
  • ターントゥ  6.25% 5 x 5

ヴィクトワールピサ産駒は芝1800mに強い。

サムシングジャストの前走

20/8/02 クイーンS(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:9着(1.46.3・0.4差)

騎手:武豊(55キロ)

外枠13番から位置取りは後方になる。

道中は後方で脚を溜めて、4角は大外から直線に向く。

直線もそこそこ追い上げてはいるが、0.4差まで。

休み明けもあったが、やはり小回りは割引か?

2020年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

サムシングジャストの次走

次走は10月17日、東京競馬場 芝1800mで行われる「府中牝馬S(G2)」の予定。

力はある馬。広い東京コースで巻き返せるか。

 

その他、府中牝馬Sの出走馬を分析