2020年11月15日【福島記念】終了時点までのデータをもとに、レッドアネモスの好走パターンを分析。

レッドアネモスの距離適性

レッドアネモスはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(2-0-0-1)
  • 芝1800m(2-0-0-4)
  • 芝2000m(0-0-0-3)

まだ適距離がどのあたりかは判断できないが、現状では1600~1800m。

レッドアネモスの脚質

好走時の脚質は、前につけて押し切る競馬、中団からの差し、逃げ切り勝ちも1鞍ある。

切れる脚はなさそうなので、瞬発力勝負はダメ。

しかし、スタミナとパワーはあるので、そこそこの位置が取れれば、上りのかかる展開で差し込んで来る。

レッドアネモスのコース適正

レッドアネモスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 福島(0-0-0-3)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(0-0-0-3)

中山での1勝は2歳の500万条件戦。

直線急坂でどうか?

レッドアネモスの持ち時計(ベストタイム)

レッドアネモスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.2 4着(京都)
  • 芝1600m:1.34.9 9着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.9 1着(札幌)
  • 芝2000m:2.00.6 14着(福島)

時計勝負は苦手。

レッドアネモスの重馬場適正

レッドアネモスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)
  • 不良(0-0-0-2)

稍重での1勝は2歳の500万条件戦。

緩い馬場は得意とは言えない。


レッドアネモスの鉄砲実績(休み明け)

レッドアネモスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

叩き良化型。

レッドアネモスの枠順適正

レッドアネモスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-2)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-1)

内枠が良い。

レッドアネモスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

レッドアネモスの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(3-0-0-7)
  • 55キロ(1-0-0-2)

レッドアネモスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 468~474キロ

レッドアネモスの血統背景

父はヴィクトワールピサ(サンデー系)。

母は中央で芝1200mを4勝したマチカネハヤテ。

母の父はサクラバクシンオー(ナスルーラ系プリンスリーギフト)。

5代血統内のクロスは;

  • ヘイロー  9.38% 4+5 (父方)
  • ミスタープロスペクター  12.50% 4 x 4
  • ノーザンダンサー  6.25% 5+5 (母方)

レッドアネモスの前走

20/8/2 クイーンS(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:1着(1.45.9・-0.1差)

騎手:吉田隼人(55キロ)

1枠1番から道中は中団。

終始内々の経済コースを通り、直線に向いて若干外寄りの進路を選択するのだが、このスペースが運よくレッドアネモスを招き入れるかのようにポッカリと開いた。

あとは内で脚を溜めていた分、余力十分の抜け出し。

運が見方したような勝ち方だが、決して内容は悪くはない。

これまでの凡走が馬場や不利が本当の敗因だとすれば、今回の勝ちはまったくのフロックではないということになる。

2020年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

20/11/15 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:14着(2.00.6・1.0差)

騎手:吉田隼人(55キロ)

道中は3~4番手。

4角3番手で直線に向くが、直線ではまったく伸びを欠く。

ペースがそこそこ流れていたことから、距離と言う見方もできるが、良馬場ながら、馬場は緩かったようなので、その影響もあるかも。

また、休み明けも良くない馬。

まあ、いずれにしても負け過ぎ。

2020年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧

レッドアネモスの次走

次走は1月5日(火)、中京競馬場 芝1600mで行われる「京都金杯(G3・ハンデ)」。

中京コースは初めて。

久々の1600mになるが、持久戦になれば出番があるかも。

 

 



関連記事(一部広告を含む)