2020年6月14日【マーメイドS】終了時点までのデータをもとに、ナルハヤの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ナルハヤの距離適性

ナルハヤはこれまでに芝1600m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-4-3-2)
  • 芝2000m(2-1-5-7)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝2600m(0-0-1-1)

1800m、2000mでは安定感がある。

ナルハヤの脚質

4歳の秋ごろまでは「先行策」が主だったが、そこから逃げるようになって成績が安定し出した。

スローの逃げにとどまらず、そこそこ締まったペースで最後まできっちり粘り込むSP持続力

加えて、道悪などの上りを要する展開にも強さを発揮する。

ナルハヤのコース適正

ナルハヤの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-1-0-2)
  • 新潟(0-2-1-1)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 中京(0-1-1-1)
  • 京都(1-0-1-3)
  • 阪神(1-0-4-4)
  • 小倉(1-1-1-3)

特に苦手にしているコースはなさそうだが、左回りコースではまだ勝ち切れていない。

と言うか、関西より東に上ると勝ち切れない。

ナルハヤの持ち時計(ベストタイム)

ナルハヤの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.3 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.5 3着(阪神)
  • 芝2200m:2.13.9 5着(京都)
  • 芝2600m:2.40.1 3着(阪神)

高速馬場、高速決着は不向きだろう。

ナルハヤの重馬場適正

ナルハヤの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-1-1)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪は歓迎。

ナルハヤの枠順適正

逃げ馬だけに、やはり内枠が欲しい。

ナルハヤの鉄砲実績(休み明け)

ナルハヤの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-2-3)

叩き2走目が;

  • 2戦目(1-1-1-3)

3走目は;

  • 3戦目(0-1-3-2)

あまり大きな差はない。

ナルハヤの血統背景

父はサクラプレジデント(サンデー系)、母の父はキングヘイロー(ND系リファール)。

5代血統内のクロスは;

  • ヘイロー  18.75% 3 x 4
  • ノーザンダンサー  6.25% 5 x 5

ナルハヤの近走診断

20/4/25 エールS(3勝)

福島 芝2000m 良 13頭

着順:11着(2.01.4・1.5差)

騎手:藤田菜七子(55キロ)

中だるみのマイペースの逃げに持ち込んだが、ペースが遅かった分、3~4角で早目に先頭に並びかけられて、残り200mで一杯になった。

持久力はありそうなので、中盤もそこそこのペースで引っ張って、ラストで粘り込む競馬の方が合ってそう。

20/5/16 パールS(3勝)

新潟 芝1800m 良 14頭

着順:2着(1.47.6・0.1差)

騎手:藤田菜七子(55キロ)

今回もスローのマイペースの逃げだが、残り800mからジワジワと加速して行った。

ゴール前交わされはしたが、なかなか良い走り。

20/6/14 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)稍重 16頭

着順:4着(2.01.5・0.4差)

騎手:藤田菜七子(51キロ)

稍重馬場だが中盤から締まったペース。

直線は残り200mまでは粘っていたが、そこから立て続けに3頭に交わされた。

⇒ 2020年 マーメイドS(G3)のラップ分析&回顧

レースの上りは36.5秒。

こういう展開には強い馬で、ハンデも51キロと絶好の勝機だったが、格上挑戦だっただけに、やはりこれがクラスの壁か?

ナルハヤの次走

次走は札幌競馬場 芝1800mで行われる「クイーンS(G3)」の予定。

札幌の洋芝は合ってそうだが、斤量は4キロ増えて55キロ。

同型の逃げ馬も多いだけに、ここはちょっと厳しいか。

 

⇒ その他、クイーンSの出走馬を分析