2020年8月16日【関屋記念】終了時点までのデータをもとに、アストラエンブレムの好走パターンを分析。

アストラエンブレムの距離適性

アストラエンブレムはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(5-3-2-4)
  • 芝1800m(1-3-1-5)
  • 芝2000m(0-1-0-2)

ベストは1600mで、1800mくらいまでは守備範囲と見てよさそう。

2000mは2017年の「新潟大賞典(G3)」で2着があるように対応はできるが、気性的な問題からか、集中力が続かないのか、近走では大敗続き。

アストラエンブレムの脚質

前々に張って持続力を生かす競馬や、中団あたりで脚を溜めて瞬発力を生かす競馬、どちらも強いが、7歳の現状では、終いを生かした競馬の方が戦いやすそう。

近走の傾向では、上りはかかった方が良い。

アストラエンブレムのコース適正

アストラエンブレムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(0-1-0-1)
  • 新潟(3-1-0-2)
  • 東京(1-2-1-2)
  • 中山(0-2-1-2)
  • 中京(1-1-0-0)
  • 京都(0-0-1-2)
  • 阪神(1-0-0-1)

左右回り別で抜き出すと;

  • 右回り(1-3-2-7)
  • 左回り(5-4-1-4)

右回りも走ることは走るが、左回りの方が好きなのだろう。

アストラエンブレムの持ち時計(ベストタイム)

アストラエンブレムの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.1 4着(0.3差・京都)
  • 芝1800m:1.46.0 5着(0.4差・東京)
  • 芝2000m:1.57.9 2着(0.4差・新潟)

7歳になった現状では、高速決着はちょっと厳しい。

アストラエンブレムの重馬場適正

アストラエンブレムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-2)
  • 重(0-2-0-0)

適距離なら道悪はこなす。

アストラエンブレムの枠順適正

アストラエンブレムの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-1-5)
  • 5~9番(3-3-1-3)
  • 10~14番(2-2-1-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

出遅れが多い馬なので、極端な外枠に入ると出遅れが致命傷になりかねない。

アストラエンブレムの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(2-1-0-1)
  • 54.5~56キロ(3-1-2-4)
  • 56.5~57キ(1-5-1-6)

アストラエンブレムの鉄砲実績(休み明け)

アストラエンブレムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-3-2-5)

休み明けはそれほど気にならない。

アストラエンブレムの血統背景

父はダイワメジャー(サンデー系)。

母は2008年の「秋華賞(G1)」を制したブラックエンブレム。

その父はウォーエンブレム(ミスプロ系)。

半妹に「フローラS(G2)」1着、「ローズS(G2)」3着のウィクトーリア(父はヴィクトワールピサ)がいる。

5代血統内のクロスは;

  • ミスタープロスペクター  9.38% 4+5 (母方)

アストラエンブレムの近走

20/2/15 洛陽S(L・ハンデ)

京都 芝1600m 稍重

着順:3着(1.34.5・0.3差)

騎手:池添謙一(56キロ)

道中は中団の前5~6番手。

3角あたりから進出を開始して、4角は2番手の外で直線。

直線は馬場の外目から追い出すが、バテず伸びずで3着。

20/3/15 東風S(L)

中山 芝1600m 稍重

着順:2着(1.34.2・0.1差)

騎手:吉田豊(57キロ)

道中は中団の前6番手あたり。

3~4角で差を詰めて、4角4番手から直線へ。

直線は馬場の中ほど、馬群を割って抜け出して、先を行くストーミーシーを追い上げるが0.1差届かず。

ゴール前の追い上げは評価できる。

気性面の問題が改善されてきたか。

20/5/09 谷川岳S(L)

新潟 芝1600m 良

着順:1着(1.33.5・頭)

騎手:三浦皇成(57キロ)

道中は中団の前で流れに乗る。

4角5番手から直線に向き、馬場の外目を追い込んで残り100mで先頭。

ゴール前はエントシャイデンの猛追をアタマ差凌いでの勝利。

これがおよそ3年ぶりの勝利となった。

20/8/16 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:9着(1.33.9・0.8差)

騎手:北村宏司(56キロ)

道中は中団の前あたり。

しかし直線では伸びを欠く。

4角あたりで「トモを落としているような」というようなコメントも出ており、それが影響した模様。

アストラエンブレムの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは57キロ。

締まったペースで上りがかかるとチャンスも出てくる。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析