2020年8月16日【関屋記念】終了時点までのデータをもとに、アンドラステの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

アンドラステの距離適性

アンドラステはこれまでに芝1600m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-2-0)
  • 芝1800m(1-1-0-1)

まだ底らしい底を見せておらず、この先距離を延ばしてくる可能性もある。

アンドラステの脚質

先行して押し切る競馬がメインだが、中団で脚を溜めても末脚は弾ける。

戦績は非常に安定しているが、ただ、ここまでのキャリアでは良馬場での競馬が少ない。

道悪では相当走ってきそうだが、これまでに良馬場でのタフな競馬はほとんど経験していないだけに、本当の力がどれだけのものなのか、まだ分からない面も多い。

アンドラステのコース適正

アンドラステの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-1-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-0-1-0)
  • 小倉(0-1-0-0)

東京の負けは「不良馬場」「外枠」「終始外々」の不利がありながらの0.2差の4着で、道悪での力は示している。

現時点ではコースによる巧拙は確認できない。

アンドラステの持ち時計(ベストタイム)

アンドラステの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.4 1着(中京)
  • 芝1800m:1.47.5 1着(新潟)

まだキャリアも浅いので、速い時計は持っていない。

速い時計に対応できるか否かはまだ不明。

アンドラステの重馬場適正

アンドラステの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-1-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

不良馬場での4着も、「不良馬場」「外枠」「終始外々」の不利がありながらの0.2差の4着で、道悪での力は示している。

道悪は相当走るのではないか。

アンドラステの枠順適正

アンドラステの枠順別着度数は;

  • 1~4番(0-0-2-0)
  • 5~9番(3-0-0-0)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(1-0-0-1)

アンドラステの鉄砲実績(休み明け)

アンドラステの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

共に約半年の休み明けを勝利している。

休み明けは問題ない。

アンドラステの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-1-1-1)
  • 9~11月(秋):(未)

アンドラステの斤量別着度数

  • 49~52キロ(1-1-0-0)
  • 54キロ(1-0-1-1)
  • 55キロ(2-0-1-0)

アンドラステの連対体重

  • 462~470キロ

アンドラステの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系)。

母の父はダイナフォーマー(ロベルト系)。

ダイナフォーマーは米国で走り、ダートの中距離で活躍。

母父ダイナフォーマーの線からも瞬発力より持久力、軽い馬場より重い馬場といった印象が強いが・・・。

アンドラステの近走

20/5/16 パールS(3勝クラス)

新潟 芝1800m(外) 良

着順:1着(1.47.5・-0.1差)

騎手:岩田望来(55キロ)

良馬場だが天候は雨。

アンドラステはスタートやや出遅れて道中は中団やや後ろ。

直線は馬場の外目から追い込んで、ゴール前逃げるナルハヤを捉えた。

ペースはスロー。

新潟の長い直線を一杯に使って追い込んだ脚はメンバー最速の33.5秒だが、雨の影響か、時計はちょっとかかっている。

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良

着順:4着(1.47.9・0.2差)

騎手:岩田望来(54キロ)

外枠16番から道中は中団。

直線は馬場の外目から追い込んで来る前走と同じような走り。

メンバー最速35.6秒の脚で追い込んで来るが、わずかに届かず4着。

道中は終始外々を回ってこの結果。

道悪で力のあるところは示した格好。

20/8/16 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:3着(1.33.5・0.4差)

騎手:岩田望来(54キロ)

道中は中団の前あたり。

最後の直線では馬場の内目を走って伸びて来た。

内有利の馬場状態と、良馬場ながら稍重あがりの渋った馬場もまた後押しした印象。

2020年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

アンドラステの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ここでもハンデはまだ53キロ。

鞍上もルメール騎手に乗り替わるようで、上位人気は必至。

ただ、パンパンの良馬場なら、そう簡単にはいかないかも。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析