2020年9月19日【ケフェウスS】終了時点までのデータをもとに、ミスディレクションの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ミスディレクションの距離適性

ミスディレクションはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(1-1-0-5)
  • 芝2000m(3-1-3-8)
  • 芝2200m(1-0-0-3)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは2000mで、その前後200mが守備範囲。

ミスディレクションの脚質

逃げ馬。

抜群の先行力で持ち味を発揮するが、好走しているレースのほとんどが緩い流れのレース。

タフな展開で粘り込めるだけの持久力はなさそう。

ミスディレクションのコース適正

ミスディレクションの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-1-1)
  • 京都(1-0-1-9)
  • 阪神(2-2-1-6)
  • 小倉(1-0-0-2)

阪神での良績が目立つが、その良績の多くは内回りコース。

スローペース専門の逃げ馬だけに、直線の短い内回りコース、ローカル小回りコースが主戦場だろう。

ミスディレクションの持ち時計(ベストタイム)

ミスディレクションの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.6 14着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.9 8着(小倉)
  • 芝2000m:1.58.7 1着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.9 1着(阪神)
  • 芝2400m:2.32.7 15着(京都)

特に突出した時計はない。


ミスディレクションの重馬場適正

ミスディレクションの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-1-4)
  • 重(0-0-1-2)

道悪は苦にしない、というか、道悪は狙い目かも。

ミスディレクションの枠順適正

ミスディレクションの枠番別着度数は;

  • 1~4番(4-1-2-8)
  • 5~9番(1-1-1-6)
  • 10~14番(0-0-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-0)

逃げ馬なのでやっぱり内側が良い。

ミスディレクションの鉄砲実績(休み明け)

ミスディレクションの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-6)

一方、叩いてからだと;

  • 2戦目(1-1-0-3)
  • 3戦目(0-0-2-3)
  • 4戦目(3-0-0-1)
  • 5戦目(0-0-0-4)

どちらかと言えば叩き良化タイプ。

しかし使い詰めは良くない。


ミスディレクションの血統背景

父はミスキャスト(サンデー系)、母の父はスカイクラシック(ND系ニジンスキー)。

自慢の先行力は父のミスキャストからか?

ミスディレクションの好走パターン

  • 小回り、内回りコース
  • 内目の枠順
  • 単騎の逃げが期待できるメンバー構成
  • この条件下で馬場が渋っていれば尚良し

ミスディレクションの次走

次走は1月17日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「日経新春杯(G2・ハンデ)」。

ハンデはG2のここでも引き続き54キロ。

もう少しハンデが軽くならないと厳しいだろう。

 

その他、日経新春杯(G2)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)