2020年6月21日【垂水S】終了時点までのデータをもとに、ランブリングアレーの好走パターンを分析。

ランブリングアレーの距離適性

ランブリングアレーはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-0-1)
  • 芝1800m(2-0-1-0)
  • 芝2000m(1-2-0-1)

今のところはマイルでも結果を残しているが、適距離は中距離寄りだろう。

ランブリングアレーの脚質

先団に取り付いての好位差し。

前につけるとかなりしぶといスピード持続型。

締まったペースはお構いなしだが、ペースが緩んで決め手の勝負に持ち込まれるとどうか?

ランブリングアレーのコース適正

ランブリングアレーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中山(0-0-1-0)
  • 京都(2-2-0-1)
  • 阪神(1-1-0-1)
  • 小倉(1-0-0-0)

現状ではコースによる巧拙はなさそうだが、瞬発力勝負になりやすいコース形態は苦手かも。

ランブリングアレーの持ち時計(ベストタイム)

ランブリングアレーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.9 2着(京都)
  • 芝1800m:1.46.0 1着(京都)
  • 芝2000m:1.59.1 1着(阪神)

キャリアがまだ浅いので、時計面はまだこれから。

ランブリングアレーの重馬場適正

ランブリングアレーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(0-1-0-0)

下級条件では普通に走ったが、上のクラスでどうか。

ランブリングアレーの枠順適正

ランブリングアレーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-0)
  • 5~9番(1-2-0-1)
  • 10~14番(1-0-1-1)
  • 15~18番(未)

先行馬だけに、やはり内目の枠が良いだろう。

ランブリングアレーの鉄砲実績(休み明け)

ランブリングアレーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目(未)

特に休み明け、叩いてからを気にする必要はない。

ランブリングアレーの季節別着度数

  • 1~3月(冬~初春):(1-1-1-0)
  • 4~6月(春~初夏):(2-0-0-1)
  • 7~9月(夏~初秋):(未)
  • 10~12月(秋~冬):(1-2-0-1)

夏競馬の経験はない。

ランブリングアレーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母は中央4勝、主に芝の中距離で活躍したブルーミングアレー。前につけてしぶとい脚を見せた。その母の父はシンボリクリスエス(ロベルト系)。

ディープインパクトとシンボリクリスエスの配合での主な活躍馬としては;

2018年「小倉日経OP(小倉芝1800m)」を勝ったレトロロック。

2017年の「青葉賞(G2)」1着、「ダービー(G1)」3着のアドミラブル。

ランブリングアレーの次走

次走は8月16日、小倉競馬場、芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」の予定。

ハンデは53キロ。

ここはそこそこ走ってきそうだが、真夏の競馬は初めて。

 

その他、小倉記念の出走馬を分析