2020年8月16日【小倉記念】終了時点までのデータをもとに、サマーセントの好走パターンを分析。

サマーセントの距離適性

サマーセントはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-5)
  • 芝2000m(3-0-1-3)

このくらいの距離がちょうど良さそう。

あと1Fくらいなら伸びても大丈夫かも。

サマーセントの脚質

逃げ、もしくは先団につけて押し切る競馬。

ほぼスローでの好走が目立つ。

緩い流れなら、馬場が渋って上りがかかっても押し切るだけのパワーはある。

しかし、好走したレースは斤量の軽いレースがほとんど。

切れる脚は期待できないので、瞬発戦には不向き。

サマーセントのコース適正

サマーセントの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-1-1)
  • 阪神(2-0-0-2)
  • 小倉(1-0-0-2)

京都、阪神での3着以内はいずれも内回りコース。

戦いやすいのは小回り、内回りコースで間違いないだろう。

あと、左回りの出走が極端に少ないが、3勝クラスの「初音S(東京・芝1800m)」では0.3差の5着に来ており、特段苦手にしていると言うことではなさそう。

サマーセントの持ち時計(ベストタイム)

サマーセントの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.0 6着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.7 1着(阪神)

芝2000mのタイムは1勝クラスとしては速い方だが、当時の斤量は減量騎手の49キロ。

サマーセントの重馬場適正

サマーセントの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)

2020年、稍重の「マーメイドS(G3)」を勝ってはいるが、当時の斤量は50キロ。

サマーセントの枠順適正

サマーセントの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-6)
  • 10~14番(1-0-1-0)
  • 15~18番(未)

枠順の内外で成績に偏りはない。

サマーセントの鉄砲実績(休み明け)

サマーセントの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-1-0)
  • 5戦目(1-0-0-2)

休み明けで1勝はしているが、基本的には叩き良化型か?

サマーセントの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-4)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

暑いよりも寒い方が走りやすそう。

夏場の1勝は6月中旬の「マーメイドS(G3)」。

サマーセントの斤量別着度数

  • 49キロ(1-0-0-0)
  • 50キロ(1-0-0-0)
  • 52キロ(0-0-1-5)
  • 54キロ(2-0-0-2)
  • 55キロ(0-0-0-1)

軽ハンデでの好走が目立つ。

サマーセントの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

母の父はサンデーサイレンス

半兄にダートの短距離でオープンまで勝ち上がったサンレーンがいる(父はオアシスドリーム・ND系ダンチヒ)。

サマーセントの近走

20/6/14 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内) 稍重

着順:1着(2.01.1・-0.1差)

騎手:酒井学(50キロ)

道中は2番手で、直線は残り100mで逃げるナルハヤを捉えて先頭に立った。

軽い馬場では切れ負けしてしまう馬だが、時計のかかる消耗戦では持ち味を発揮した。

ハンデの50キロも大きかっただろう。

⇒ 2020年 マーメイドS(G3)のラップ分析&回顧

20/8/16 小倉記念(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 良

着順:13着(1.59.5・2.0差)

騎手:酒井学(52キロ)

道中は3番手。

3~4角で各馬ペースを上げる中で、この馬の手応えはあまり良くない。

案の定、直線に向くと早々に失速。

道中のペースが、この馬にしてみれば少々タフだったのかも。

また、夏場が苦手なこの馬にとって、茹だるような暑さも微妙に応えていたのかもしれない。

2020年 小倉記念(G3)のラップ分析&回顧

サマーセントの次走

次走は1月16日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3・ハンデ)」。

ペースが緩めば、軽ハンデを生かして押し切る可能性は常にある。

 

その他、愛知杯(G3)の出走馬を分析