2021年5月8日【谷川岳S】終了時点までのデータをもとに、ミラアイトーンの好走パターンを分析。(ダートを除く)

ミラアイトーンの距離適性

ミラアイトーンはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-0-0-4)
  • 芝1400m(1-0-1-0)
  • 芝1600m(0-0-4-3)
  • 芝1800m(1-1-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1200mはOP昇格後に走らなくなった。

しかしそこから距離延長で再度走り出す。

現状では1600mで安定しはじめたが、1200mも捨てきれない。

ミラアイトーンの脚質

以前は強烈な末脚も秘めてはいたが、現状では前につけて押し切るSP持続型の競馬が合ってそう。

先行力はあるので、着順は比較的安定、大敗することはあまりない。

少々ペースが流れても食い込んでくるSP持続力は魅力だが、あと一歩のところでキレ負けするレースが目立つ。

故障で3歳の夏から5歳の2月まで1年7ヵ月の休養を挟んでいる。

7歳でもまだ使い減りはしていない。

ミラアイトーンのコース適正

ミラアイトーンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-1-0-0)
  • 新潟(0-0-2-1)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(2-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-3)
  • 小倉(3-0-0-2)

印象としては小回り、内回りが良さそう。直線に急坂があれば尚良し。

左右回りでは;

  • 右回り(6-1-1-7)
  • 左回り(0-0-4-1)

左回りで勝ち切れていない。

ミラアイトーンの持ち時計(ベストタイム)

ミラアイトーンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.6 1着(京都)
  • 芝1400m:1.20.7 3着(中京)
  • 芝1600m:1.33.0 3着(東京)
  • 芝1800m:1.48.1 2着(函館)
  • 芝2000m:2.01.9 4着(中山)

1600m、1800mは、まだ伸びしろはありそう。

ミラアイトーンの重馬場適正

ミラアイトーンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-1)
  • 重(0-0-0-1)

緩い馬場はあまり良くなさそう。


ミラアイトーンの枠順適正

ミラアイトーンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-2-1)
  • 5~9番(2-0-1-3)
  • 10~14番(1-0-2-2)
  • 15~18番(0-0-0-2)

最近では前々で勝負するレースが増えたので、内枠の方が走りやすいだろう。

ミラアイトーンの鉄砲実績(休み明け)

ミラアイトーンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-3-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(3-0-1-2)
  • 3戦目(1-1-1-2)
  • 4戦目(0-0-0-2)

叩き良化型。

ミラアイトーンのローテーション適正

  • 連闘(0-0-1-0)
  • 中1~2週(0-1-0-0)
  • 中3~5週(3-0-1-3)
  • 中6~8週(1-0-0-3)

ミラアイトーンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-1-4)
  • 3~5月(春):(2-0-2-0)
  • 6~8月(夏):(2-1-1-3)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-2)

ミラアイトーンの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(2-0-1-2)
  • 56.5キロ(0-0-0-1)
  • 57キロ(2-1-2-4)

ミラアイトーンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 506~560キロ

ミラアイトーンの血統背景

父はロンロ(サートリストラム系)、母の父はティズナウ(マンノウォー系)。

父系は短距離、マイルを得意とし、母系は中距離。

この父方と母方の組み合わせは日本ではあまり目にしないだけに、得体のしれない怖さはある。

ミラアイトーンの近走

20/5/9 谷川岳S(L)

新潟 芝1600m(外)良

着順:3着(1.33.6・0.1差)

騎手:横山和生(57キロ)

1枠1番から新馬戦以来の逃げに出る。

スローのマイペースで4角を回り、直線も残り400mあたりで並びかけられるが、そこからしぶとく応戦し、0.1差の3着を死守。

およそ3年ぶりのマイル戦にしては上々の出来。

次走、エプソムカップに向けて

次走は6月13日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「エプソムC(G3)」。

先行力があり、SP持続力もしっかりと持っている。

久々の千八に対応できるか否かが問題だが、決してそんなに弱い馬ではない。

ただ、手の内に入れていた感のある横山和生ジョッキーから乗り替わるのは、プラスにはならないだろう。

 

その他、エプソムカップ(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)