2020年7月5日【巴賞】終了時点までのデータをもとに、ミラアイトーンの好走パターンを分析。

ミラアイトーンの距離適性

ミラアイトーンはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-0-0-4)
  • 芝1400m(1-0-1-0)
  • 芝1600m(0-0-1-2)
  • 芝1800m(1-1-0-0)

1200mはOP昇格後に走らなくなった。

しかしそこから距離延長で再度走り出す。

現状では1600m、1800mが適距離っぽい。

ミラアイトーンの脚質

強烈な末脚も秘めてはいるが、現状では前につけて押し切るSP持続型の競馬が合ってそう。

故障で3歳の夏から5歳の2月まで1年7ヵ月の休養を挟んでいる。

6歳でもまだまだフレッシュ。

ミラアイトーンのコース適正

ミラアイトーンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-1-0-0)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(2-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-3)
  • 小倉(3-0-0-2)

競馬場の巧拙は現状では確認できない。

ミラアイトーンの持ち時計(ベストタイム)

ミラアイトーンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.6 1着(京都)
  • 芝1400m:1.20.7 3着(中京)
  • 芝1600m:1.33.1 5着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.1 2着(函館)
  • 芝2000m:2.01.9 4着(中山)

1600m、1800mは、この先まだ伸びしろはありそう。

ミラアイトーンの重馬場適正

ミラアイトーンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-1)
  • 重(0-0-0-1)

まだ何とも言えない。

ミラアイトーンの枠順適正

ミラアイトーンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-1-1)
  • 5~9番(2-0-0-3)
  • 10~14番(1-0-1-1)
  • 15~18番(0-0-0-2)

内枠の方が走りやすそう。

ミラアイトーンの鉄砲実績(休み明け)

ミラアイトーンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-2-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(3-0-0-2)
  • 3戦目(1-1-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-1)

叩き良化型。

ミラアイトーンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-4)
  • 3~5月(春):(2-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(2-1-1-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

ミラアイトーンの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(2-0-1-0)
  • 54.5~56キロ(2-0-0-2)
  • 57キロ~(2-1-1-4)

ミラアイトーンの血統背景

父はロンロ(サートリストラム系)、母の父はティズナウ(マンノウォー系)。

父系は短距離、マイルを得意とし、母系は中距離。

この父方と母方の組み合わせは日本ではあまり目にしないだけに、得体のしれない怖さはある。

ミラアイトーンの近走

20/5/9 谷川岳S(L)

新潟 芝1600m(外)良

着順:3着(1.33.6・0.1差)

騎手:横山和生(57キロ)

1枠1番から新馬戦以来の逃げに出る。

スローのマイペースで4角を回り、直線も残り400mあたりで並びかけられるが、そこからしぶとく応戦し、0.1差の3着を死守。

およそ3年ぶりのマイル戦にしては上々の出来。

20/6/21 米子S(L)

阪神 芝1600m(外)良

着順:5着(1.33.1・0.4差)

騎手:幸英明(57キロ)

若干出遅れるも二の脚で先団に取り付く。

そこそこ締まったペースを4角は5番手で直線に向き、直線も坂下までは粘り腰を見せるが、坂の途中で脚色が鈍った。

序盤、、出遅れでポジションを取りに行った分、最後の100mで脚色が鈍った感じ。

過去には3勝クラスで、阪神1200mで圧勝もあるので、坂が苦手と言うわけではないだろう。

斤量も上位5頭では一番重い57キロ。

斤量50キロの1着スマイルカナは別にして、2着に0.2差なら上出来だろう。

20/7/5 巴賞

函館 芝1800m 良

着順:2着(1.48.1・0.2差)

騎手:横山和生(57キロ)

中1週での参戦。

3枠3番からしっかり先団キープ。

ペースはスローで結果的には逃げたトーラスジェミニを捉えきれずに0.2差の2着。

しかし、斤量差1キロを考えれば勝ちに等しい。

ミラアイトーンの次走

次走は8月16日、新潟競馬場 芝1600m(外)で行われる「関屋記念(G3)」。

内枠に入ってすんなり先手が取れればしぶといはず。

当サイトのレース分析でも推奨馬に上がった。

関屋記念の過去10年を分析

 

その他、関屋記念の出走馬を分析