2020年8月16日【関屋記念】終了時点までのデータをもとに、メイケイダイハードの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

メイケイダイハードの距離適性

メイケイダイハードはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-0-2-11)
  • 芝1400m(1-1-0-4)
  • 芝1600m(1-0-0-4)

1200mは4歳の夏以降使われていない。

加齢とともにズブくなってきているのか、1200mではポジションを取れなくなったことが原因と思われる。

距離的には1600mまでは大丈夫そう。

メイケイダイハードの脚質

中団に控えて終いを生かす競馬が主な戦術だが、前につけてスピードの持続力を生かす競馬でも好走歴はある。

基本的に持久力、パワーはあるので、タフな展開になると出番が回ってくる。

ただ、好走するにはいろいろと条件が付くデリケートな馬。

メイケイダイハードのコース適正

メイケイダイハードの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-2)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-0-3)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(0-1-0-5)
  • 阪神(3-0-1-4)
  • 小倉(0-0-1-3)

福島での1勝はあるものの、関西圏を離れると結果が出にくい傾向。

基本的に阪神コースが好きなようで、負けたレースでも大負けは少ない。

逆に同じ関西圏でも京都コースは苦手なようで、「未勝利戦」での2着はあるが、それ以外はどれも大敗。

メイケイダイハードの持ち時計(ベストタイム)

メイケイダイハードの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.2 4着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.4 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.32.7 1着(阪神)

高速決着に強いようには見えない。

メイケイダイハードの重馬場適正

メイケイダイハードの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(0-0-1-0)

道悪はそこそこ走る。

メイケイダイハードの枠順適正

メイケイダイハードの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-4)
  • 5~9番(2-0-2-7)
  • 10~14番(1-1-0-6)
  • 15~18番(0-0-0-4)

どの枠でもそこそこ走るが、極端な外枠は苦手。

メイケイダイハードの鉄砲実績(休み明け)

メイケイダイハードの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-4)
  • 3戦目(1-0-1-3)
  • 4戦目(2-0-0-2)
  • 5戦目(0-0-0-6)

明らかな叩き良化型。

メイケイダイハードの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-6)
  • 3~5月(春):(1-0-1-6)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-6)
  • 9~11月(秋):(2-1-1-3)

季節関係なく走るが、秋は好き。

メイケイダイハードの斤量別着度数

  • ~52キロ(0-0-0-1)
  • 52.5~54キロ(3-0-0-6)
  • 54.5~56キロ(1-1-2-11)
  • 57キロ~(1-0-0-3)

1000万条件を57キロで勝って以降、53キロ以上での好走はない。

メイケイダイハードの適正体重

メイケイダイハードは体重の増減の激しい馬だが、連対体重は522~538キロ。

これを1着限定で絞り込むと、未勝利戦の522キロを除くと、あとは532~538キロとかなり絞り込むことが可能。

520キロ台で好走していたのも2018年までなので、現状では、530キロを切るか、540キロ台に乗ると「黄色信号」と言うことかもしれない。

メイケイダイハードの血統背景

父はハードスパン(ND系ダンチヒ)、母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

メイケイダイハードの評価

2020年「中京記念(G3・ハンデ)」の殿人気からの激走には驚いたが、この馬が走る条件を丁寧に洗い出すことができていたなら、もしかしたら「抑え」の印くらいは打てていたかもしれない。

けれど、こういうことを考えはじめると、この先しばらく来ないというのも競馬の常。

メイケイダイハードの近走

20/7/19 中京記念(G3・ハンデ)

阪神 芝1600m(外) 良

着順:1着(1.32.7・クビ差)

騎手:酒井学(53キロ)

道中は中団あたりで、直線は馬場の外目を鮮やかに差し切った。

展開がやや前傾ラップで内外のバイアスも効いていた。

ハンデの53キロもしっかり機能した会心の勝利。

「中京記念」の阪神開催でみごとに嵌った。

2020年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

20/8/16 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:12着(1.34.3・1.2差)

騎手:石橋脩(56キロ)

前走重賞勝ちでも12番人気。

関西を離れ、斤量56キロでは勝負にならない。

2020年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

メイケイダイハードの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

ここはない。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析