2020年3月28日【日経賞】終了時点までのデータをもとに、サンアップルトンの好走パターンを分析。

サンアップルトンの距離適性

サンアップルトンはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(2-1-0-0)
  • 芝2400m(0-1-1-0)
  • 芝2500m(1-0-0-1)
  • 芝2600m(1-0-0-1)

適正は長いところにあるのは間違いない。

どこまで持つのかは、まだ未知数。

サンアップルトンの脚質

脚を溜めて終いを生かす長距離砲。

今のところ、連対したレースの上り時計がすべて36.0秒以上。

スローの瞬発力勝負に持ち込まれると苦しいか。

サンアップルトンのコース適正

サンアップルトンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-1-1-0)
  • 中山(2-1-0-2)

札幌、函館の洋芝が苦手と決めつけるのはまだ早い。

その他は、特にコースによる巧拙はなさそう。

サンアップルトンの持ち時計(ベストタイム)

サンアップルトンの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.03.5 7着(札幌)
  • 芝2200m:2.12.6 2着(中山)
  • 芝2400m:2.24.7 2着(東京)
  • 芝2500m:2.33.3 4着(中山)
  • 芝2600m:2.39.0 1着(福島)

突出したタイムはないが、スピード勝負ではやや劣るか。

サンアップルトンの重馬場適正

サンアップルトンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)

2019年の「岩船特別(1勝クラス)」では、降雨の稍重馬場で3馬身差の圧勝。

道悪はそこそこ走ってくるのではないか。

サンアップルトンの鉄砲実績(休み明け)

サンアップルトンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

サンアップルトンの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-0-0-1)
  • 55キロ(0-1-0-2)
  • 56キロ(2-1-1-0)

サンアップルトンの血統背景

父は2004年の「天皇賞(秋)」「ジャパンカップ」「有馬記念」を勝ったゼンノロブロイ(サンデー系)。

母の父は2004年の「NHKマイルC」「日本ダービー」を勝ったキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

サンアップルトンの評価

3歳の夏を越したあたりからメキメキと力を伸ばしてきた。

適距離はまだ定かではないが、長いところが合っているのは間違いない。

道中は中団、または後方で脚を溜めて終いを生かす競馬。

ただ、連対したレースの上り時計がすべて36.0秒以上。

上りのかかるスタミナ勝負にはめっぽう強いが、スローの瞬発力勝負に持ち込まれるとやや不安はある。

道悪は苦にしないだろう。

サンアップルトンの近走診断

19/11/16 フルーツラインカップ(2勝クラス)

福島 芝2600m 良 14頭

着順:1着(2.39.0 -0.3差)

騎手:柴田善臣(54キロ)

序盤、中盤は後方13番手あたりで脚を溜めて、2周目の3角あたりから進出を開始。

4角は5番手まで順位を上げて、直線は馬場の外目を伸びてくる。

残り100mあたりで先頭に立つと、あとは余裕の手綱でゴール。

レースの上り時計は36.3秒

サンアップルトンの上りはメンバー最速の35.4秒。

20/2/2 早春S(3勝・ハンデ)

東京 芝2400m 良 13頭

着順:2着(2.24.7・クビ差)

騎手:柴田善臣(55キロ)

オウケンブラックが10馬身以上の大逃げを打つ中、サンアップルトンは先団5~6番手で競馬をすすめる。

道中は大逃げのオウケンブラックに引っ張られるかたちで、2番手以降も締まったペース。

サンアップルトンは4角7番手の内で直線に入ると、残り200mで先頭に立つ。

しかし外から伸びてきたボスジラにクビ差交わされての2着。

レースの上りは36.5秒。

サンアップルトンの上り時計は勝ったボスジラと同じメンバー最速の34.1秒。

サンアップルトンが内をさばきながら伸びてきたのに対して、勝ったボスジラは馬場の外目を一直線に加速してきた。

この違いがクビ差に出たか。

20/2/29 サンシャインS(3勝)

中山 芝2500m 良 13頭

着順:1着(2.34.1・クビ差)

騎手:柴田善臣(56キロ)

道中は中団の後ろあたりの8番手。

ペースはこのクラスなりの平均的な流れ。

サンアップルトンは3角を回ると、手応え良くスーッと外目を上がって行って、4角は馬7頭分くらいの大外を回して直線に入る。

坂下で先頭を射程圏に捉えると、坂を上って一完歩ずつ先頭との差を詰めて行き、ゴール前できっちり捉えてゴール。

レースの上りは36.1秒。

サンアップルトンの上り時計は35.1秒。

鞍上いわく「まだ馬が若い」。

OP昇格後のさらなる成長が期待される。

20/3/28 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良 14頭

着順:4着(2.33.3・0.4差)

騎手:柴田善臣(55キロ)

スタートは行き脚がつかず最後方からの競馬になる。

3角過ぎから順位を上げて行き、4角は8番手の外で直線に向くが、さすがに上位3頭を交わすまでには行かなかった。

位置取りがいつもより後ろになったのが痛かった。

この馬、外枠からだとたまにこう言う位置取りになる。

それにしても重賞初挑戦でこの走りなら上出来。

次につながった。

サンアップルトンの次走

次走は9月27日、中山競馬場 芝2200m(外)で行われる「オールカマー(G2)」。

約半年の休み明け。

休み明けはそこそこ走るタイプ。

中山との相性も悪くない。

体調万全なら面白い一頭になる。

 

その他、オールカマーの出走馬を分析