2021年8月1日【関越S】終了時点までのデータをもとに、ウインイクシードの好走パターンを分析。

ウインイクシードの距離適性

ウインイクシードはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-3-2-3)
  • 芝2000m(2-3-4-6)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-1-1-0)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(0-0-1-1)

オープンクラスで勝負になるのは2200mくらいまでか。

ウインイクシードの脚質

前につけてしぶといスピード持続型。

先手が取れると好走確率が上がる一方、ポジションを下げるとよくない。

出走馬の中に先行脚質の馬が多いレースでは要注意。

そこそこ締まった流れでも粘りが効く。

上りのかかる馬場、展開で強さを発揮。

逆に、スピード決着や上りが速くなると苦しい。

レースの上り時計は35秒台は欲しい。

切れ味勝負は不向き。

ウインイクシードのコース適正

ウインイクシードの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-1-1)
  • 函館(0-0-2-1)
  • 福島(1-0-1-3)
  • 新潟(0-2-0-2)
  • 東京(0-1-1-2)
  • 中山(2-4-3-4)

中山での好走が目立つ。

小回りコース、直線は長いよりは短い方が戦いやすい。

関西圏への遠征が皆無。

長距離輸送は難しいのか?

ウインイクシードの持ち時計(ベストタイム)

ウインイクシードの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.0 3着(中山)
  • 芝2000m:1.59.5 2着(中山)
  • 芝2200m:2.15.0 1着(中山)
  • 芝2400m:2.26.1 2着(東京)
  • 芝2500m:2.34.4 8着(東京)
  • 芝2600m:2.37.9 3着(函館)

芝1800mは「中山記念」で計時。これは速い。

中距離までなら、速い時計もそこそこ対応できそう。

ウインイクシードの重馬場適正

ウインイクシードの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)
  • 重(0-1-1-1)
  • 不良(0-0-0-1)

不良まで傷まなければ、道悪はこなす。

上りのかかる馬場は歓迎。


ウインイクシードの鉄砲実績(休み明け)

ウインイクシードの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-2-2)
  • 3戦目(1-1-1-1)
  • 4戦目(0-1-1-0)
  • 5戦目~(1-1-0-1)

基本的に、使われつつ良くなって行く叩き良化型。

ウインイクシードの枠順適正

ウインイクシードの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-3-0-6)
  • 5~9番(1-3-3-3)
  • 10~14番(1-1-4-3)
  • 15~18番(1-0-1-1)

すんなり先手が取れる内目の枠が欲しい。

ウインイクシードの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-4-3-2)
  • 3~5月(春):(1-1-2-4)
  • 6~8月(夏):(2-1-3-3)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-4)

ウインイクシードの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-1-0)
  • 54キロ(0-0-2-1)
  • 55キロ(0-1-1-1)
  • 56キロ(1-2-4-6)
  • 57キロ(2-4-0-5)
  • 58キロ(1-0-0-0)

ウインイクシードの好走体重

3着以内の体重は;

  • 480~502キロ

ウインイクシードの血統背景

父は2001年の「菊花賞」などG1を3勝した長距離砲、マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)。

母は2007年の「クイーンC(G3・東京芝1600m)」を勝ったイクスキューズ

その父はボストンハーバー(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

ボストンハーバーは米国で走り、ダートのG1を1勝(8.5F)。

全妹にウインキートス(目黒記念)。

ウインイクシードの近走

20/7/12 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 重

着順:5着(2.03.2・0.7差)

騎手:横山武史(56キロ)

各馬、馬場状態の悪い内を避けて走る中、この馬はラチ沿いの2番手追走。

4角も最内、コーナーワークで先頭に立つが、ゴール前ではさすがに力尽きた様子。

終始馬場の悪い内々を走ってこの着順なら上出来。

やはり力はある。

2020年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

20/8/8 札幌日経OP(L)

札幌 芝2600m 良

着順:8着(2.39.1・1.5差)

騎手:田辺裕信(57キロ)

道中は先団3番手。

4角は4番手で直線に向くが、伸びを欠いて8着。

この距離は長そう。

20/11/15 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:5着(2.00.0・0.4差)

騎手:松岡正海(56キロ)

道中は5番手だが、先頭とは少し距離がある。

4角は6番手で直線に向くが、前との差は詰めきれず。

この馬向きの展開ではあったが、本来叩き良化型の馬、休み明けの影響はあっただろう。

2020年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧

20/12/20 ディセンバーS(L)

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.49.7・0.5差)

騎手:三浦皇成(57キロ)

スタートで好位が取れず、道中は中団7番手。

3~4角でポジションを上げて、4角は5番手で直線。

直線もよく追い上げてはいるが、先頭を捉えるまでには行かず。

やはりこの馬、先手が取れないと、直線だけの追い上げでは後手。

21/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:3着(2.01.2・0.3差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

外枠16番からだがしっかり先手を取って道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、直線はゴール前まで粘り腰を見せるが、ゴール前2頭に交わされて3着。

道中はスローで最後はキレ味の勝負になったが、先手を取っていた分粘り込めた。

2021年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

21/2/28 中山記念(G2)

中山 芝1800m 良

着順:3着(1.45.0・0.1差)

騎手:横山武史(56キロ)

道中2番手追走から、4角では早くも先頭に立ち、直線も坂の途中までは何とか粘ったが、あと一歩のところで交わされた。

それにしても1000m通過57.8秒のペースを2番手で追走し、最後も3着に粘るスタミナは立派。

この馬の勝ちパターンに嵌ったとは言っても、この3着は価値がある。

2021年 中山記念(G2)のラップ分析&回顧

21/4/18 福島民報杯(L・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)不良

着順:11着(2.07.6・3.9差)

騎手:武藤雅(56キロ)

出遅れたが二の脚で先団に取りつき、6番手の外。

4角も6番手の外で直線に向くが、直線ではいつもの粘りがまったくでない。

ここまで馬場が悪くなると走りにくそう。

参考外でいいだろう。

21/8/1 関越S

新潟 芝1800m(外)良

着順:2着(1.46.2・0.1差)

騎手:松山弘平(57キロ)

1枠2番から道中は2番手追走。

道中は比較的緩い展開で、4角も2番手で直線に向くと、直線では早々に先頭に立ちゴール前まで粘り込んだが、あと一歩のところでサトノウィザードに交わされての2着。

上りの速い展開になったが、このクラスなら何とか粘れた。

休み明けだったが調子は良さそう。

次走、関屋記念 (G3)に向けて

次走は8月15日(日)、新潟競馬場 芝1600m(外)で行われる「関屋記念(G3)」。

千六の距離には初めて挑む。

千六の流れで先手が取れるか否かが課題になるだろう。

しっかり先手が取れれば、そこそこやれて不思議はない。

回避しました。



 

関連記事(一部広告を含む)