2020年4月19日【福島民報杯】終了時点までのデータをもとに、ウインイクシードの好走パターンを分析。

ウインイクシードの距離適性

ウインイクシードはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-2-1-2)
  • 芝2000m(2-3-3-3)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-1-1-0)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(0-0-1-0)

2000mがベストで、その前後が守備範囲と言ったところか。

ウインイクシードの脚質

前につけてしぶといスピード持続型。

上りのかかる馬場、展開で強さを発揮。

切れ味勝負は不向き。

ウインイクシードのコース適正

ウインイクシードの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-2-1)
  • 札幌(1-0-1-0)
  • 福島(1-0-1-1)
  • 新潟(0-1-0-1)
  • 東京(0-1-1-2)
  • 中山(2-4-1-3)

中山での好走が目立つ。

小回りコース、直線は長いよりは短い方が戦いやすい。

関西圏への遠征が皆無。

長距離輸送は難しいのか?

ウインイクシードの持ち時計(ベストタイム)

ウインイクシードの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.4 3着(札幌)
  • 芝2000m:1.59.5 2着(中山)
  • 芝2200m:2.15.0 1着(中山)
  • 芝2400m:2.26.1 2着(東京)
  • 芝2500m:2.34.4 8着(東京)
  • 芝2600m:2.37.9 3着(函館)

スピード勝負は苦手。

時計のかかる馬場、展開で浮上。

ウインイクシードの重馬場適正

ウインイクシードの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)
  • 重(0-1-0-0)

道悪はこなす。

上りのかかる馬場は歓迎。

ウインイクシードの枠順適正

前々で勝負したい馬なので、枠順は内が良い。

ウインイクシードの鉄砲実績(休み明け)

ウインイクシードの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-3)

データ的にはイマイチだが、大敗は少ない。

ウインイクシードの血統背景

父はマンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)、母は2007年の「クイーンC(G3・東京芝1600m)」を勝ったイクスキューズ。その父はボストンハーバー(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

5代血統内にクロスはない。

ウインイクシードの評価

距離は現状では2000mがベストで、その前後200mは守備範囲。

脚質は、前につけてしぶといスピード持続型。

上りのかかる馬場、展開で浮上。

スピード勝負には不向き。

道悪はこなす。

一貫して凡走が少ない堅実な馬。

その反面突き抜ける強調材料もないが、常に軽視はできない。

ウインイクシードの次走

次走の予定は福島競馬場、芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

距離もコースも悪くない。

堅実な馬だけにそこそこの走りはしてきそうだが、頭はどうか。

内枠が欲しい。