2020年8月8日【札幌日経OP】終了時点までのデータをもとに、ウインイクシードの好走パターンを分析。

ウインイクシードの距離適性

ウインイクシードはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-2-1-2)
  • 芝2000m(2-3-3-4)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-1-1-0)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(0-0-1-1)

オープンクラスで勝負になるのは2200mくらいまでか。

ウインイクシードの脚質

前につけてしぶといスピード持続型。

上りのかかる馬場、展開で強さを発揮。

切れ味勝負は不向き。

ウインイクシードのコース適正

ウインイクシードの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-2-1)
  • 札幌(1-0-1-1)
  • 福島(1-0-1-2)
  • 新潟(0-1-0-1)
  • 東京(0-1-1-2)
  • 中山(2-4-1-3)

中山での好走が目立つ。

小回りコース、直線は長いよりは短い方が戦いやすい。

関西圏への遠征が皆無。

長距離輸送は難しいのか?

ウインイクシードの持ち時計(ベストタイム)

ウインイクシードの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.4 3着(札幌)
  • 芝2000m:1.59.5 2着(中山)
  • 芝2200m:2.15.0 1着(中山)
  • 芝2400m:2.26.1 2着(東京)
  • 芝2500m:2.34.4 8着(東京)
  • 芝2600m:2.37.9 3着(函館)

スピード勝負は苦手。

時計のかかる馬場、展開で浮上。

ウインイクシードの重馬場適正

ウインイクシードの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-3)
  • 重(0-1-1-1)

道悪はこなす。

上りのかかる馬場は歓迎。

ウインイクシードの鉄砲実績(休み明け)

ウインイクシードの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-2-1)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(1-1-0-1)

基本的に、使われつつ良くなって行くタイプ。

ウインイクシードの枠順適正

ウインイクシードの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-5)
  • 5~9番(1-3-3-2)
  • 10~14番(1-1-3-2)
  • 15~18番(1-0-0-1)

ウインイクシードの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-4-1-1)
  • 3~5月(春):(1-1-2-3)
  • 6~8月(夏):(2-0-3-3)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-3)

ウインイクシードの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-1-0)
  • 54キロ(0-0-2-1)
  • 55キロ(0-1-1-1)
  • 56キロ(1-2-2-4)
  • 57キロ(2-3-0-4)
  • 58キロ(1-0-0-0)

ウインイクシードの好走体重

3着以内の体重は;

  • 480~498キロ

ウインイクシードの血統背景

父は2001年の「菊花賞」などG1を3勝した長距離砲、マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)。

母は2007年の「クイーンC(G3・東京芝1600m)」を勝ったイクスキューズ。

その父はボストンハーバー(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

ボストンハーバーは米国で走り、ダートのG1を1勝(8.5F)。

ウインイクシードの評価

距離は2200mくらいまでは戦えそう。

脚質は、前につけてしぶといスピード持続型。

上りのかかる馬場、展開で浮上。

スピード勝負には不向き。

道悪はこなす。

一貫して凡走が少ない堅実な馬。

その反面突き抜ける強調材料もないが、常に軽視はできない。

ウインイクシードの近走

20/7/12 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 重

着順:5着(2.03.2・0.7差)

騎手:横山武史(56キロ)

各馬、馬場状態の悪い内を避けて走る中、この馬はラチ沿いの2番手追走。

4角も最内、コーナーワークで先頭に立つが、ゴール前ではさすがに力尽きた様子。

終始馬場の悪い内々を走ってこの着順は立派。

やはり力はある。

2020年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

20/8/8 札幌日経OP(L)

札幌 芝2600m 良

着順:8着(2.39.1・1.5差)

騎手:田辺裕信(57キロ)

道中は先団3番手。

4角は4番手で直線に向くが、伸びを欠いて8着。

この距離は長そう。

ウインイクシードの次走

次走は11月15日、福島競馬場 芝2000mで行われる「福島記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

コース、距離ともに適条件。

力を出し切れれば良い勝負になりそう。

だが、OP昇格後、休み明けは(0-0-0-3)。

不安材料はそこだけ。

 

その他、福島記念の出走馬を分析