2020年11月29日【ジャパンカップ】終了時点までのデータをもとに、マカヒキの好走パターンを分析。

マカヒキの距離適性

マカヒキはこれまでに芝1800m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-2-0-6)
  • 芝2200m(0-0-2-1)
  • 芝2400m(2-0-0-4)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

ベストは2000mだろう。

その次は2200mを通り越して2400mまでが守備範囲。

俗に言う「根幹距離」で強さを発揮。

マカヒキの脚質

瞬発力に優れるマカヒキは、中団、もしくは後方からの強烈な差し脚を武器にして、3歳クラシックの頂点に上りつめた。

しかし古馬になってからは、そんな終いの脚は影を潜めている。

近走では、加齢に伴うズブさからか、もっぱら後方からの競馬が目立ち、上りのかかる展開での後方からの追い込みでしか上位入線が難しくなってきている様子。

マカヒキのコース適正

マカヒキの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-0)
  • 東京(1-0-0-7)
  • 中山(1-1-0-1)
  • 京都(2-0-2-0)
  • 阪神(0-0-0-4)
  • 海外(1-0-0-1)

中山コースでは「皐月賞」の2着はあるものの、基本的には最後の直線の急坂でパワーを要求される中山コース、阪神コース(特に内回り)、中京コースは戦い辛いと見る。

マカヒキの持ち時計(ベストタイム)

マカヒキの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.9 6着(東京)
  • 芝2000m:1.57.6 10着(東京)
  • 芝2200m:2.12.9 11着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.0 1着(東京)
  • 芝2500m:2.33.0 10着(中山)

総じてベストを計時したレースでの着順が悪い。

高速馬場、高速決着には向かない。


マカヒキの重馬場適正

マカヒキの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重では好走歴もあるが、基本的にはパワーが必要な道悪馬場では、好走はあまり期待できないのではないか。

マカヒキの鉄砲実績(休み明け)

マカヒキの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-6)

休み明けは、若いころは走ったが、近走では割引が必要かも。

マカヒキの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-2-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-8)

マカヒキの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(未)
  • 54.5~56キロ(3-0-0-1)
  • 57キロ~(2-2-2-12)

マカヒキの連対体重

  • 496~506キロ

マカヒキの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

全姉に2015年の「CBC賞(G3・中京 芝1200m)」を勝ったウリウリがいる。

マカヒキの評価

3歳までは、瞬発力とスタミナは超一流。パワーに若干の難点があったと見る。

古馬になってからは、瞬発力には陰りが見えるが、スタミナ量はまだまだ豊富で、上りのかかるタフな展開になると突如「目を覚ます」可能性はある。

マカヒキの次走

次走は5月2日(日)、阪神競馬場 芝3200m(外⇒内)で行われる「天皇賞(春)(G1)」。

近走の状況、休み明け初戦で3200mのG1、おまけにこのキャリアで2500m以上は未知の距離。

ちょっと手は出せない。

 

その他、天皇賞(春)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)