2021年5月2日【天皇賞(春)】終了時点までのデータをもとに、マカヒキの好走パターンを分析。

マカヒキの距離適性

マカヒキはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-2-0-6)
  • 芝2200m(0-0-2-1)
  • 芝2400m(2-0-0-4)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

ベストは2000mだろう。

その次は2200mを通り越して2400mまでが守備範囲。

俗に言う「根幹距離」で強さを発揮。

マカヒキの脚質

瞬発力に優れるマカヒキは、中団、もしくは後方からの強烈な差し脚を武器にして、3歳クラシックの頂点に上りつめた。

しかしこの馬、基本的には緩い流れの瞬発力勝負、もしくは、ペースが上がりきった消耗戦での「上りのかかる展開での後方からの追い込み」が好走条件。

地力の高さが求められる古馬重賞での成績がイマイチというのも納得が行く。

マカヒキのコース適正

マカヒキの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-0)
  • 東京(1-0-0-7)
  • 中山(1-1-0-1)
  • 京都(2-0-2-0)
  • 阪神(0-0-0-5)
  • 海外(1-0-0-1)

マカヒキの持ち時計(ベストタイム)

マカヒキの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.9 6着(東京)
  • 芝2000m:1.57.6 10着(東京)
  • 芝2200m:2.12.9 11着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.0 1着(東京)
  • 芝2500m:2.33.0 10着(中山)
  • 芝3200m:3.16.5 8着(阪神)

総じてベストを計時したレースでの着順が悪い。

高速馬場、高速決着には向かない。


マカヒキの重馬場適正

マカヒキの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪も、上りがかかって追い込みが効きやすいタイミングだと走る。

マカヒキの鉄砲実績(休み明け)

マカヒキの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-7)

休み明けは、若いころは走ったが、近走では割引が必要かも。

マカヒキの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-2-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-8)

マカヒキの枠順適正

マカヒキの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-3)
  • 5~9番(3-1-0-5)
  • 10~14番(1-0-1-5)
  • 15~18番(0-0-0-1)

マカヒキの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-0-0-1)
  • 57キロ(1-2-2-8)
  • 58キロ(1-0-0-5)

マカヒキの連対体重

  • 496~506キロ

マカヒキの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

フレンチデピュティは米国で走り、ダートの6~8F(約1200~1600m)で活躍。引退後は日本で多くのG1馬を輩出した。

全姉に2015年の「CBC賞(G3・中京 芝1200m)」を勝ったウリウリがいる。

次走、京都大賞典(G2)に向けて

次走は10月10日(日)、阪神競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

大敗続きのように見えるが、それはG1での話。

G2以下の重賞では(2-1-2-1)。

緩い流れの末脚勝負になれば、まだまだ侮れない。

 

⇒その他、2021・京都大賞典(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)