ステレンボッシュのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

ステレンボッシュの前走

23/12/10 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:2着(1.32.6・クビ差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団のやや後ろ、11番手の中、直前に勝ち馬を見るかたち。

4角も10番手、直前に勝ち馬を見るかたちで直線。

直線も勝ち馬の直後から伸びてくるが、勝ち馬も簡単には抜かせない。

しかし坂の上りでは一完歩ずつその差を詰めて行って勝ちまに迫るが、クビ差届かずの2着。

この馬も良い伸びを見せた。

クビ差の2着ながら、この流れで33.5秒の脚なら及第点。

クラシック戦線に望みを繋いだ。

2023年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧


ステレンボッシュの脚質

先行、もしくは中団に控えて終いを生かす競馬。

スピードの持続力、瞬発力ともにそこそこありそう。


ステレンボッシュの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ)。

母の父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着)。

母の母の母にディープインパクトの母であるウインドインハーヘアを持っているので、ディープ、そしてキタサンブラックの父であるブラックタイドは近親になる。