レガレイラのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

レガレイラの前走

23/12/28 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m(内)良

着順:1着(2.00.2・-0.1差)

騎手:ルメール(55キロ)

スタート一息で道中は後方14番手

3角手前あたりでジワジワと上がって行って、4角は10番手の大外近くで直線。

直線は馬群の大外から追い上げに入り、坂の上りで前馬まとめて交わしてゴールした。

ゴール前はまだ少し余裕があったような感じで、牝馬が初めて「ホープフルS」を制した。

SPの持続力に加えて、なかなかのスタミナ、パワーがありそうな走り。

2023年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧


レガレイラの脚質

先行押し切り、中団あたりで終いの脚を生かす競馬。

ここまで3戦すべてで出遅れており、スタートは課題。

しかしスタートさえ五分に出られれば、SPの持続力、スタミナ、パワーはなかなかありそう。

半面、2戦目の「アイビーS」では勝ち馬にキレ負けしたような印象。

今後、キレ味、瞬発力勝負になってどうか?


レガレイラの血統背景

父はスワーヴリチャード(サンデー系ハーツクライ/大阪杯、JC、金鯱賞、アルゼンチン共和国杯、共同通信杯)。

母の父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。