2020年4月11日【阪神牝馬S】終了時点までのデータをもとに、サウンドキアラの好走パターンを分析。

サウンドキアラの距離適性

サウンドキアラはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(2-0-1-1)
  • 芝1600m(5-3-3-2)

ベストはマイルで間違いないが、1800mや2000mも見てみたい。

サウンドキアラの脚質

先行して押し切る競馬。

長く良い脚を持続するスタミナに優れている。

ペースは緩いより流れた方が持ち味を発揮できる。

サウンドキアラのコース適正

サウンドキアラの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-2-0)
  • 京都(6-1-0-1)
  • 阪神(1-2-2-0)

京都巧者であることは間違いない。

長い間京都コース以外では勝ち切れなかったが、2020年4月の「阪神牝馬S(G2)」を快勝し、苦手意識を払拭した。

次なる課題は左回りか?

他には、関東圏への長距離輸送が極端に少ないことも、気になると言えば気になる。

サウンドキアラの持ち時計(ベストタイム)

サウンドキアラの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.2 1着(-0.3差・京都)※新馬戦
  • 芝1600m:1.31.2 7着(0.7差・東京)

芝1600mはベストタイムで着順が悪いが、これは「ヴィクトリアマイル(G1)」での時計。

当時は1600万クラスからの格上挑戦だった。

基本的には速い時計にもそこそこ対応してくると思う。

サウンドキアラの重馬場適正

サウンドキアラの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(2-0-0-0)

道悪は問題なさそう。

サウンドキアラの枠順適正

位置取りは前につけたいサウンドキアラ。

なので枠順も内目の方がなにかと良いだろう。

サウンドキアラの鉄砲実績(休み明け)

サウンドキアラの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-0)

約半年ぶりの競馬で0.1差の2着もある。

休み明けを気にする必要はなさそう。

サウンドキアラの評価

怪我で3歳の後半戦を棒に振ったが、元来大負けはしない堅実な馬。

しかも京都競馬場の外回りは大得意。

結果論だが、3歳時にもう少し京都に的を絞っていたら、OP昇格も早かったのではないか。

課題だった京都以外の競馬場も、2020年4月の「阪神牝馬S(G2)」を快勝し、苦手意識を払拭した。

残るは左回りのコースだが、本格化、充実一途の今なら、楽に克服してくれる可能性は高い。

サウンドキアラの近走診断

19/10/5 長岡京S(3勝・ハンデ)10頭立て

京都 芝1600m(外) 良

着順:1着(1.33.1 -0.1差)

騎手:福永祐一(53キロ)

8枠10番から2番手で追走。

4角回って先頭に立つと、残り200mでジワジワト抜け出して、内から詰め寄るミッキーブリランテを約1馬身離してゴール。

得意の京都のマイル。

ハンデ53キロも良かった。

19/12/7 リゲルS(L)16頭立て

阪神 芝1600m(外) 良

着順:3着(1.33.3 ハナ・クビ差)

騎手:武豊(54キロ)

大外16番ゲートから、無理せずにまずは中団の後ろに控える。

前半のペースはそこそこ流れる、サウンドキアラにとっては良い展開。

4角は9番手の外から直線を向き、馬場の中ほどを追い上げてくる。

坂を上るあたりでは一旦先頭に立つが、ゴール前は外から追い込んで来た2頭に交わされる。

差す競馬では切れ味が今ひとつ足りないか?

阪神の坂も微妙に影響?

20/1/5 京都金杯(G3)18頭立て

京都 芝1600m(外) 良

着順:1着(1.34.0 -0.2差)

騎手:松山弘平(53キロ)

2枠3番から五分のスタートで先団4~5番手につける。

4角では好位の一角につけたサウンドキアラは直線のこり200m付近で抜け出すと、追いすがるダイアトニックを振り切ってゴール。

得意の京都、ハンデをもらえて枠順も内ならこれくらいは走る。

ただ、ダイアトニックとは斤量4キロ差。

20/2/22 京都牝馬S(G3)

京都 芝1400m(外)重 16頭

着順:1着(1.23.2・-0.2差)

騎手:松山弘平(55キロ)

大外17番からでもしっかり前へ。

位置取りは中団の前4番手あたり。

直線は状態の良くない内側を避けて馬場の外目をしっかり追い込んでゴール。

得意の京都で重賞連勝。

20/4/11 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良 16頭

着順:1着(1.32.9・-0.2差)

騎手:松山弘平(54キロ)

好スタートから先団5番手のインにつける。

前半そこそこ流れたペースでもしっかり中団の前あたりで折り合って4角を回る。

直線は残り300mあたりで馬群の間を割り、残り200mを切って先頭に立つと、そのまま突き抜けてゴール。

まったく危なげのない好位抜け出しの王道パターン。

勝ちの無かった阪神コースでの初勝利。

まさに本格化、充実一途の様相。

サウンドキアラの次走

次走は東京競馬場 芝1600mで行われる「ヴィクトリアマイル(G1)」。

本格化した今ならここでも好勝負が期待できるが、「長距離輸送」「左回り」と言った課題もある。