2020年9月12日【紫苑S】終了時点までのデータをもとに、マジックキャッスルの好走パターンを分析。

マジックキャッスルの距離適性

マジックキャッスルはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-0)
  • 芝1400m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(0-2-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

2000mも2400mもそこそこの走りは出来ている。

ベースとなる距離が1600mか2000mか?

悩みどころ。

マジックキャッスルの脚質

前につけて粘った競馬もあるが、やはりこの馬の持ち味は終いのキレ

その末脚は確実で相当強烈。

マジックキャッスルのコース適正

マジックキャッスルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(0-0-0-1)

左右回り、内回り、外回り、小回り、急坂をほぼ網羅。

マジックキャッスルの持ち時計(ベストタイム)

マジックキャッスルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.10.3 1着(福島)
  • 芝1400m:1.20.9 2着(京都)
  • 芝1600m:1.34.0 2着(東京)
  • 芝2000m:2.02.3 4着(中山)
  • 芝2400m:2.24.8 5着(東京)

後ろからの馬なので、上りが速く前が止まらない展開は不利。

マジックキャッスルの重馬場適正

マジックキャッスルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

重馬場は「桜花賞」での1.5差の12着。

レース後浜中Jは「馬場に尽きる」とコメント。

終いの脚を削がれる道悪はマイナス要因。

マジックキャッスルの鉄砲実績(休み明け)

マジックキャッスルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

マジックキャッスルの枠順適正

マジックキャッスルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(0-2-0-0)
  • 10~14番(1-1-0-2)
  • 15~18番(未)

脚質的に、あまり極端な内枠でインで包まれたくはないだろう。

マジックキャッスルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-0)
  • 3~5月(春):(0-2-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-2-0-1)

マジックキャッスルの斤量別着度数

  • 54キロ(1-3-0-1)
  • 55キロ(0-0-0-2)

マジックキャッスルの連対体重

  • 424~432キロ

マジックキャッスルの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母は2008年の「桜花賞」で3着に入ったソーマジック。

母の父は2002年~2003年の「天皇賞(秋)」と「有馬記念」を連覇したシンボリクリスエス(ロベルト系)。

半兄はOPの1600~1800mで活躍しているソーグリッタリング(父はステイゴールド)。

マジックキャッスルのここまでの走り

19/7/13 2歳新馬(牝)16頭立て

福島 芝1200m 良

着順:1着(1.10.3 -0.7差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

7枠13番からでも先行力で3番手。

4角も3番手の外で直線を向くと、あとは残り200mで抜け出して、後続を突き放す一方。

4馬身離した圧勝だが、ラップ、時計的にはそれほど強調する内容ではない。

19/9/29 サフラン賞(2歳1勝・牝)9頭立て

中山 芝1600m 良

着順:2着(1.34.3 クビ差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

ここも先行力を生かして2~3番手から。

4角も好位の2番手で直線へ。

直線残り200mを切って一旦は先頭に立つが、外から脚を溜めたマルターズディオサとの追い比べ。

ゴール前クビ差交わされて2着。

この負けを距離と見るかどうか・・・。

ちなみに負けた相手は、のちの「阪神JF」2着馬。

19/11/2 ファンタジーS(G3)15頭立て

京都 芝1400m 良

着順:2着(1.20.9 0.2差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

テン3Fが今までよりも速い流れ。

ここでは前にはつかずに中団から。

4角も中団9番手の外目から直線へ。

直線は馬場の外目を追い上げて、ジワジワ先頭に詰め寄るが、1馬身まで迫ったところがゴール。

5回京都開催初日、前有利の展開を、4角中団から追い上げた脚は評価できる。

ちなみに負けた相手は、のちの「阪神JF」で5馬身差圧勝するレシステンシア。

期待される能力

  • 瞬発力

20/2/15 クイーンカップ(G3)

東京 芝1600m 良 14頭

着順:2着(1.34.0・クビ差)

騎手:フォーリー(54キロ)

スタートで出遅れて後方から。

4角もほぼ最後方から、直線は大外に進路を取るとグングン加速。

勝ったミヤマザクラをクビ差まで追い詰めたところがゴール。

自身の上りは33.4秒。

レースの上りは36.3秒かかっているが、これは大逃げを打ったインザムービーが直線バテたことによるもの。

2番手以降は平均ペースだったことを考えると、4角最後方からゴール前クビ差まで迫ったマジックキャッスルの末脚はやはり強烈。

期待される能力

  • 瞬発力

20/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:12着(1.37.6・1.5差)

騎手:浜中俊(55キロ)

道中は後方、直線に向いてもいつもの末脚は見られなかった。

重馬場に末脚が封じ込められた感じ。

レース後、鞍上も「馬場に尽きる」とコメント。

20/5/24 オークス(G1)

東京 芝2400m 良

着順:5着(2.24.8・0.4差)

騎手:浜中俊(55キロ)

道中は後方でじっくり脚を溜める。

直線では追い出しにかかる際、デアリングタクトに進路を取られ、手綱を引く場面が見られた。

そのあとはしっかりと伸びているだけに、この不利は痛かった。

スムーズなら、勝ちはないにしても、3着以内はあったかも。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/9/12 紫苑S(G3)

中山 芝2000m 稍重

着順:4着(2.02.3・0.2差)

騎手:浜中俊(54キロ)

1枠2番から出たなりで中団のイン。

道中はずっとインで脚を溜めて、4角で外目に出して追い上げにかかる。

馬群をこじ開けて進路を取ると、鋭い脚で追い上げるが4着まで。

1枠2番、中山コースでもあり、勝負どころの位置取りがちょっとうまくいかなかったか?

馬場も相当水を含んでいる感じで、末脚を削がれた面もあっただろう。

マジックキャッスルの次走

次走は10月18日、京都 芝2000m(内)で行われる、牝馬三冠の最後の一冠「秋華賞(G1)」。

調子は良さそう。

追い込み勢の中では能力上位だが、浜中騎手の騎乗停止が痛い。

 

その他、秋華賞の出走馬を分析