2020年11月15日【オーロC】終了時点までのデータをもとに、プールヴィルの好走パターンを分析。

プールヴィルの距離適性

プールヴィルはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(4-4-1-2)
  • 芝1600m(0-0-0-6)

1400mはかなりの安定感。ベストは明らかに芝1400m。

ただ1600mにしても、上りがかかってくれば、食い込むチャンスは出てくる。

プールヴィルの脚質

先団、もしくは中団の前目につけて、押し切り、中位差し。

ペースが緩いと脚も溜まるが、それ以外だと、速い時計、速い上りには対応しきれない。

上り時計のかかる展開で強みを発揮してくる。

プールヴィルのコース適正

プールヴィルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-1-1-1)
  • 東京(1-1-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-2-0-1)
  • 阪神(1-0-0-3)

プールヴィルの持ち時計(ベストタイム)

プールヴィルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.1 2着(クビ差・東京)
  • 芝1600m:1.31.6 13着(1.3差・中山)

速い走破時計、速い上り時計は、どちらかと言うと苦手かも。

プールヴィルの重馬場適正

プールヴィルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-1-0-0)

時計、上りはかかった方が良いタイプなので、馬場は少しくらい渋る方が良いとは思うが、小柄な馬なので、程度の激しい道悪はどうかと思う。


プールヴィルの鉄砲実績(休み明け)

プールヴィルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-3)
  • 3戦目(1-2-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

プールヴィルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(1-3-0-2)
  • 中6~8週(1-0-0-4)

プールヴィルの枠順適正

プールヴィルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-3)
  • 5~9番(1-3-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(0-1-1-3)

プールヴィルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(2-2-0-2)

プールヴィルの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-0-1)
  • 53キロ(0-1-0-0)
  • 54キロ(4-1-0-5)
  • 55キロ(0-1-0-2)
  • 56キロ(0-0-1-0)

52、53キロの軽ハンデなら、上りが少々速くなっても対応してくる。

ハンデ戦には注意。



プールヴィルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 416~446キロ

プールヴィルの血統背景

父はルアーヴル(ナスルーラ系レッドゴッド)。

ルアーヴルは欧州で走り、「フランスダービー(芝2100m)」に勝利。

母の父・ケンダルジャン(ナスルーラ系グレイソヴリン)は欧州などで走り、芝のマイル戦線で活躍。

プールヴィルの次走

次走は4月10日(土)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「阪神牝馬(G2)」。

1600mは基本的に長いだろう。

上りがかかってくるようなら食い込みも。

 

その他、阪神牝馬S(G2)の出走馬を分析