2020年6月28日【パラダイスS】終了時点までのデータをもとに、アルーシャの好走パターンを分析。

アルーシャの距離適性

アルーシャはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(4-0-0-2)
  • 芝1600m(2-1-3-2)

現状ではベストは1400mだろう。

1600mだとペースによってはどうしても引っかかってしまう可能性がある。

引っかかっても何とか折り合いをつければそれなりには走ってはくれるが、ちょっとあてにできない面もある。

アルーシャの脚質

条件戦では先行して押し切る競馬を見せていたが、出して行くと引っかかるということもあってか、OP昇格後はもっぱら序盤は後方、レース中盤から長く良い脚を使う戦法。

もともとスピードの持続力は高い馬なのでこの戦法でも戦えるが、速い馬場ではどうか?

アルーシャのコース適正

アルーシャの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(2-0-0-1)
  • 東京(3-1-1-1)
  • 中山(1-0-2-0)
  • 京都(0-0-0-2)

一見右回りが苦手のような印象を受けるが、これはたまたまで、右回りでも嵌れば好走する。

アルーシャの持ち時計(ベストタイム)

アルーシャの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.2 1着(クビ差・新潟)
  • 芝1600m:1.32.3 11着(1.7差・東京)

アルーシャの重馬場適正

アルーシャの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

パワーはありそうなので、道悪はそこそここなせそう。

アルーシャの枠順適正

アルーシャの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-1-1)
  • 5~9番(0-0-1-0)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(2-0-1-2)

かかり癖があるので、道中前に馬を置きたい。

なので、極端な外枠はできるだけ避けたいところ

アルーシャの鉄砲実績(休み明け)

アルーシャの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(4-0-1-3)

体質が関係しているのか否かは定かではないが、3歳の春ごろからは一貫して1戦ごとにリフレッシュ放牧をはさんで休養を取らせている。

なのでこの馬の場合、ほぼ毎レースが休み明けということになる。

あまり気にする必要はなさそう。

アルーシャの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-2-2)
  • 3~5月(春):(1-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-0)

アルーシャの斤量別着度数

  • ~52キロ(1-0-0-0)
  • 52.5~53.5キロ(1-0-0-0)
  • 54~55キロ(4-1-3-4)
  • 55.5~57キロ(未)

アルーシャの連対体重

420~450キロ

アルーシャの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母の父はタピット(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

タピットは米国で走り、2004年の「ウッドメモリアルステークス(G1・D9F)」で勝利。産駒に2012年の「フェブラリーS(G1・D1600m)」を勝ったテスタマッタ、他多数。

アルーシャの評価

ベストの距離は芝1400m。

芝1600mは十分にこなすが、ペース如何では折り合いを欠き、最後の直線で伸びを欠く心配がある。

しかし明らかな凡走は過去に一度しかなく、折り合いを欠いてもそこそこの堅実な走りは期待できるが、今後の重賞の戦いでどうか?

脚質はスピードの持続力を生かした「先行押し切り」が一番持ち味を発揮できると思う。

もちろんそこそこの瞬発力も有しているので、後ろからの競馬ができないわけではない。

アルーシャの近走診断

19/5/5 谷川岳S(L)16頭立て

新潟 芝1600m 良

着順:11着(1.33.2 0.9差)

騎手:杉原誠人(54キロ)

大外16番ゲートから、ちょっとかかり気味に馬場のかなり外側を走って行く。

終始外々を回って直線に向くが、なかなか伸びてこない。

大外枠で前に馬を置けずに、前半スタミナをロスした格好。

19/5/5 信越S(L・ハンデ)17頭立て

新潟 芝1400m 良

着順:1着(1.21.3 ハナ差)

騎手:丸山元気(53キロ)

1枠2番の絶好枠だが、スタート後、控えて後方から。

道中はじっくり脚を溜めて、4角では11番手の外、直線も馬場の外目から追い上げて、ゴール前ハナ差交わしてゴール。

後方からでも十分競馬ができるところを示したが、上りの脚は34.4秒、レースの上りが36.0秒。

良い枠順を引いたときは、後ろよりは前からの方が良いとは思うが。

19/5/5 ニューイヤーS(L)16頭立て

中山 芝1600m 稍重

着順:3着(1.36.0 0.2差)

騎手:マーフィー(55キロ)

またしても8枠16番の大外枠。

無理せず序盤は後方からだが、向う正面でジワジワ順位を上げて、3角は中団8番手の外、4角はかなり大外を回って直線に向いた。

直線も馬場の外目をグイグイ追い上げてくるが、ゴール前はさらに外から追い上げてきたシャイニービームの末脚に屈して3着。

大外枠ということもあって、道中かなり外々を回っていたが、ペースがそこそこ流れてくれて、引っかからずに済んだ模様。

大外からの距離ロスを考えれば0.2差の3着は上々の走り。

パワーがあるところも示して見せた。

20/2/22 京都牝馬S(G3)

京都 芝1400m(外)重 16頭

着順:17着(1.24.3・1.1差)

騎手:ルメール(55キロ)

スタートが遅く最後方からになるが、中盤で盛り返し、4角は7番手の内。

直線も内を突いて伸びてくるが、ゴール前一気に後続に呑み込まれて殿負け。

京都最終週の重馬場で、最内枠が応えたか。

20/5/17 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:11着(1.32.3・1.7差)

騎手:北村宏司(55キロ)

道中は最後方。

中盤の追い上げもなく、上りはメンバー2位の33.2秒を出しているが焼石に水。

20/6/28 パラダイスS

東京 芝1400m 不良

着順:1着(1.23.4・-0.1差)

騎手:戸崎圭太(54キロ)

道中は中団の後ろから、徐々に進出して4角は6番手で直線。

直線は馬場状態の良い外目から鮮やかな差し切り。

レースの上りが36.8秒とかかったのも良かった。

アルーシャの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

中山コースは(1-0-2-0)と相性は良いが、野芝100%の秋の中山開催は今回が初めて。

今の脚質でスピード勝負に対応できるか?

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析