2021年10月23日【富士S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ロータスランドの好走パターンを分析。

ロータスランドの距離適性

ロータスランドはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(4-1-0-2)
  • 芝1800m(1-1-0-1)

ベストは千六で、前後200mは守備範囲。

ロータスランドの脚質

ほとんどのレースで先手が取れているように、先行力はある。

前につければしぶとそうだが、2勝クラスからの3連勝は、稍重→稍重→重。

馬場が緩いせいで時計があまり出ていない上に道中のペースも遅め。

2歳時に「阪神JF(G1)」に参戦したが、レシステンシアの2番手追走でまったく歯が立たなかった(2.7差の12着)。

米国産の馬で、パワーがありそうなので道悪は得意そうだが、芝の良馬場でどこまでやれるかはまだ未知数。

ロータスランドのコース適正

ロータスランドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(4-1-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

現状ではほとんどが、コーナー2つのワンターンのコース形態。

唯一コーナー4つの小倉1800mでは0.4差の5着に敗れた。

ロータスランドの持ち時計(ベストタイム)

ロータスランドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.24.3 2着(京都)
  • 芝1600m:1.32.7 1着(新潟)
  • 芝1800m:1.46.6 5着(小倉)

速い時計の決着にどこまで対応してこられるか?

ロータスランドの重馬場適正

ロータスランドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪は相当走りそう。


ロータスランドの鉄砲実績(休み明け)

ロータスランドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

ロータスランドのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-0)
  • 中3~5週(2-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ロータスランドの枠順適正

ロータスランドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-0)
  • 5~9番(3-2-0-3)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

ロータスランドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-1)

ロータスランドの斤量別着度数

  • 54キロ(3-2-0-3)
  • 55キロ(2-1-0-0)

ロータスランドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~470キロ

ロータスランドの血統背景

ロータスランドは外国産馬。

父はポイントオブエントリー(ロベルト系)。

ポイントオブエントリーは米国で走り、芝のG1を5勝。主要距離は芝の中距離~12F(約2400m)。

母の父はスキャットダディ(ND系ストームキャット)。

スキャットダディは米国で走りダートG1を2勝。主要距離はダートの8~10F(約1600~2000m)。

ロータスランドの近走

21/7/18 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:5着(1.46.6・0.4差)

騎手:藤岡康太(54キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線では粘りが効かずに5着。

これくらいのペースならもう少し粘りが効いても良さそうなものだが・・・。

鞍上は「初めてのコーナー4つに戸惑った」とコメントを残しているが、少し不器用な馬なのかもしれない。

2021年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

21/8/15 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(1.32.7・-0.2差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

道中は2番手。

離して逃げるマイスタイルを深追いせずにマイペースの2番手といったところ。

4角も2番手の内で直線に向くと、直線は残り300mあたりできっちりとマイスタイルを捉えると、あとは押し切ってゴール。

前走はコーナー4つで後手を踏んだが、今走はワンターンの新潟の千六できっちりと結果を出した。

展開が向いたのは良かったが、速い時計での対応力はまたしても見れなかった。

2021年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

21/10/23 富士S(G2)

東京 芝1600m 良

着順:10着(1.34.1・0.9差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

3枠5番からハナを主張。

道中はやや緩めのマイペースで逃げ、4角も先頭で直線。

直線は坂を上って残り200mまではいい感じで逃げてはいたが、そこからソングラインに交わされると、もう抵抗する脚は残っていなかった。

今回はちょっと馬場に泣かされた印象。

休み明けの+10キロも少し重かったか?

2021年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

次走、マイルCS(G1)に向けて

次走は10月21日、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイルCS(G1)」。

前走は内が伸びない馬場だったと割り切れば度外視できる。

先行力のある馬で、得意の阪神千六だけに、ここは一定の警戒は必要。

 

⇒その他、2021・マイルCS(G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)