2022年12月24日【阪神カップ】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ロータスランドの好走パターンを分析。

ロータスランドの距離適性

ロータスランドはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-1-0-0)
  • 芝1400m(1-1-0-2)
  • 芝1600m(4-1-0-5)
  • 芝1800m(1-1-0-1)

千六の勝ち鞍は多いが、OP昇格後の走りを見ると、いいのはそれよりも短い距離ではないか?

レースへの使われ方も、距離がだんだんと短くなってきているような感じ。

ロータスランドの脚質

ベストは前々で押し切ってくる競馬だろう。

米国産の馬で、馬力はありそうなので道悪は得意だが、芝の高速馬場、硬い馬場は苦戦傾向。

ロータスランドのコース適正

ロータスランドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(未)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(5-1-0-5)
  • 小倉(0-0-0-1)

阪神コースは得意そう。

ロータスランドの持ち時計(ベストタイム)

ロータスランドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.3 2着(中京)
  • 芝1400m:1.19.7 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.32.7 10着(東京)
  • 芝1800m:1.46.6 5着(小倉)

速い時計の決着にどこまで対応してこられるか?

ロータスランドの重馬場適正

ロータスランドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(1-1-0-0)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪は相当走りそう。

ただこの馬は、馬場にはちょっとデリケート。

パンパンの硬い良馬場では苦戦傾向。

当日のクッション値、芝の含水率などは要チェック。


ロータスランドの鉄砲実績(休み明け)

ロータスランドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

ロータスランドのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-1)
  • 中3~5週(2-1-0-3)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ロータスランドの枠順適正

ロータスランドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(4-3-0-5)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

ロータスランドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-2)
  • 3~5月(春):(2-2-0-0)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-4)

ロータスランドの斤量別着度数

  • 54キロ(3-2-0-4)
  • 55キロ(2-2-0-3)
  • 56キロ(1-0-0-1)

ロータスランドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~484キロ

ロータスランドの血統背景

ロータスランドは外国産馬。

父はポイントオブエントリー(ロベルト系)。

ポイントオブエントリーは米国で走り、芝のG1を5勝。主要距離は芝の中距離~12F(約2400m)。

母の父はスキャットダディ(ND系ストームキャット)。

スキャットダディは米国で走りダートG1を2勝。主要距離はダートの8~10F(約1600~2000m)。

ロータスランドの近走

21/7/18 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:5着(1.46.6・0.4差)

騎手:藤岡康太(54キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線では粘りが効かずに5着。

これくらいのペースならもう少し粘りが効いても良さそうなものだが・・・。

鞍上は「初めてのコーナー4つに戸惑った」とコメントを残しているが、少し不器用な馬なのかもしれない。

2021年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

21/8/15 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(1.32.7・-0.2差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

道中は2番手。

離して逃げるマイスタイルを深追いせずにマイペースの2番手といったところ。

4角も2番手の内で直線に向くと、直線は残り300mあたりできっちりとマイスタイルを捉えると、あとは押し切ってゴール。

前走はコーナー4つで後手を踏んだが、今走はワンターンの新潟の千六できっちりと結果を出した。

展開が向いたのは良かったが、速い時計での対応力はまたしても見れなかった。

2021年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

21/10/23 富士S(G2)

東京 芝1600m 良

着順:10着(1.34.1・0.9差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

3枠5番からハナを主張。

道中はやや緩めのマイペースで逃げ、4角も先頭で直線。

直線は坂を上って残り200mまではいい感じで逃げてはいたが、そこからソングラインに交わされると、もう抵抗する脚は残っていなかった。

今回はちょっと馬場に泣かされた印象。

休み明けの+10キロも少し重かったか?

2021年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

21/11/21 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:12着(1.33.5・0.9差)

騎手:田辺裕信(55キロ)

5枠10番から、道中は中団の前7番手の外。

4角は5番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、坂の上りで完全に失速。

良馬場、硬い馬場が向かなかったのだろう。

2021年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

22/2/19 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:1着(1.19.7・-0.1差)

騎手:岩田望来(56キロ)

道中は2番手追走。

4角は2番手だが、ほぼ先頭に並びかけて直線を迎える。

直線は入口から早くも先頭に立ち、そこから坂下までに一気に抜け出すと、坂の上りは内から差を詰めるスカイグルーヴを半馬身凌いでゴール。

先行押し切りの見事な勝利。

残り2Fからの10.7秒の脚は出色。

2、3着馬とは斤量が2キロ重いことも評価できる。

この馬にしてみれば、昼すぎから降り始めた雨で、馬場が適度に湿っていたのも良かったはず。

2022年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/3/27 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重

着順:2着(1.08.3・クビ差)

騎手:岩田望来(55キロ)

道中は中団の前目、7番手を追走。

4角は中団8番手から直線に向き、直線は馬群の中ほどにいたが、前を走るキルロードが進路を作ってくれた感じで、キルロードの後ろをぴったりとついて走り、坂を上りきって、残り100mあたりからは一完歩ずつキルロードに詰め寄って、ゴール前これを交わしはしたが、内からのナランフレグがクビ差先に出ていた。

初の千二ということもあり、道中はいつもよりポジションは下げたが、直線では素晴らしい伸び。

緩い馬場も見方した感じ。

2022年 高松宮記念(G1)のラップ分析&回顧

22/6/5 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:10着(1.32.7・0.4差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

【レース前寸評】

馬場が渋れば話は別だが、東京の芝1600m、速い時計にどれだけ対応してこられるかが課題だろう。

【結果】

道中は中団9番手の内目を追走。

4角は6番手の中で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い上げを計るが、いまいち伸びきれずに0.4差の10着。

僅差の10着だが、中団からの切れ味勝負になると苦戦。

前目にポジションが取れていればまた違ったかもしれない。

2022年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

22/10/29 スワンS(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:6着(1.20.1 ・0.3差)

騎手:岩田望来(54キロ)

【レース前寸評】

力はある馬なので、条件さえ整えば強いのだが、いろいろとデリケートな側面がある馬なので、信頼し辛い。

条件が合わなければ平気で取りこぼす。

軸には不向き。

【結果】

道中は中団の前、6番手の外目を追走。

4角は5番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、坂の上りでやや甘くなって6着まで。

硬い馬場の影響はなかったか?

2022年 スワンS(G2)のラップ分析&回顧

22/11/20 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:8着(1.32.9・0.4差)

騎手:岩田望来(55キロ)

【レース前寸評】

近走を見る限り、千六の距離はちょっと厳しい感じ。

あるとすれば道悪になって一考。

【結果】

道中は先団4番手の最内。

4角も4番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げにかかり、坂下で先頭に立って、そのまま押し切りを計るが、残り100mで甘くなった。

適度に湿った馬場で、道中の流れも緩かったことで、直線では見せ場を作ったが、最後はやはり距離だろう。

2022年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

22/12/24 阪神カップ(G2)

阪神 芝1400(内)良

着順:9着(1.20.6・0.4差)

騎手:岩田望来(55キロ)

道中は先団3番手を追走。

4角も3番手で直線に向き、直線は坂の途中まではなんとかかんとか粘ってはいたが、1、2着馬に交わされてからはグダグダ。

前半の速い流れは、おそらくこれまで経験してこなかった流れ。

上り35秒台というのもOPに昇格して以来初めて。

初ものずくしのタフな展開が牝馬には堪えたか?

2021年 阪神カップ(G2)のラップ分析&回顧