2021年6月19日【米子S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ロータスランドの好走パターンを分析。

ロータスランドの距離適性

ロータスランドはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(3-1-0-1)
  • 芝1800m(1-1-0-0)

適距離はまだよく分からない。

ロータスランドの脚質

ほとんどのレースで先手が取れているように、先行力はある。

前につければしぶとそうだが、ここまでの3連勝は、稍重→稍重→重。

馬場が緩いせいで時計があまり出ていない上に道中のペースも遅め。

2歳時に「阪神JF(G1)」に参戦したが、レシステンシアの2番手追走でまったく歯が立たなかった(2.7差の12着)。

米国産の馬で、パワーがありそうなので道悪は得意そうだが、芝の良馬場でどこまでやれるかはまだ未知数。

ロータスランドのコース適正

ロータスランドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(4-1-0-1)
  • 小倉(未)

現状ではすべてコーナー2つのワンターンのコース形態。

ロータスランドの持ち時計(ベストタイム)

ロータスランドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.24.3 2着(京都)
  • 芝1600m:1.33.4 2着(阪神)
  • 芝1800m:1.47.8 2着(新潟)

ロータスランドの重馬場適正

ロータスランドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪は相当走りそう。


ロータスランドの鉄砲実績(休み明け)

ロータスランドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

ロータスランドのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-0)
  • 中3~5週(1-0-0-0)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ロータスランドの枠順適正

ロータスランドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-0)
  • 5~9番(2-2-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

ロータスランドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

ロータスランドの斤量別着度数

  • 54キロ(2-2-0-1)
  • 55キロ(2-1-0-0)

ロータスランドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~470キロ

ロータスランドの血統背景

ロータスランドは外国産馬。

父はポイントオブエントリー(ロベルト系)。

ポイントオブエントリーは米国で走り、芝のG1を5勝。主要距離は芝の中距離~12F(約2400m)。

母の父はスキャットダディ(ND系ストームキャット)。

スキャットダディは米国で走りダートG1を2勝。主要距離はダートの8~10F(約1600~2000m)。

次走、中京記念(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月18日(日)、小倉競馬場、芝1800mで行われる「中京記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

先行力はあるので前には行けるだろうが、小倉でのスピード勝負になった場合に対応できるかどうか?

 

⇒その他、2021・中京記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)