2021年3月14日【東風S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ダノンチェイサーの好走パターンを分析。

ダノンチェイサーの距離適性

ダノンチェイサーはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-1-1)
  • 芝1600m(1-0-0-3)
  • 芝1800m(2-1-1-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

短いところの方が良いと言ったコメントも多いが、まだどのあたりが適距離なのかは計りかねる。

どの距離も自分の競馬に持ち込めれば強そうだが。

ダノンチェイサーの脚質

先行押し切りが好走パターン。

そこそこ締まった流れでも前々で押し切るSP持続力を持つ。

反面、キレ味勝負になると苦戦傾向。

最後の直線は、坂も走るが平坦の方が良さそう。

道悪はダメっぽい。

ダノンチェイサーのコース適正

ダノンチェイサーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-1-0-0)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-1-0)

意外と小回り、内回り向きの馬かも。

ダノンチェイサーの持ち時計(ベストタイム)

ダノンチェイサーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.1 3着(新潟)
  • 芝1600m:1.32.7 5着(東京)
  • 芝1800m:1.46.2 2着(福島)※2歳レコード結着にハナ差
  • 芝2000m:2.06.8 4着(中京)

スピード勝負も、まだ何とも言えない。

ダノンチェイサーの重馬場適正

ダノンチェイサーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(未)

道悪はダメっぽい。


ダノンチェイサーの鉄砲実績(休み明け)

ダノンチェイサーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-0)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ダノンチェイサーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(2-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-1-0)

ダノンチェイサーの枠順適正

ダノンチェイサーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-2)
  • 5~9番(1-0-1-1)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(未)

ダノンチェイサーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-2)
  • 9~11月(秋):(0-1-1-1)

ダノンチェイサーの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(1-1-0-0)
  • 56キロ(1-0-1-1)
  • 57キロ(0-0-1-3)

ダノンチェイサーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 466~476キロ

ダノンチェイサーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

母はサミター

サミターは欧州、米国で走り、芝のG1を2勝。主要距離は芝の8~9F(マイル~1800m)。

母の父はロックオブジブラルタル(ND系デインヒル)。

ロックオブジブラルタルは欧州で走り、「英2000ギニー」「愛2000ギニー」などG1を7連勝。主戦場は芝の短距離~マイル。

次走、中京記念(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月18日(日)、小倉競馬場、芝1800mで行われる「中京記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

再度1800mに戻すかたちになるが、小倉の千八は相性が良いコース。

前につければしぶとい馬だけに、ここは面白そう。

 

⇒その他、2021・中京記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)