2021年11月14日【エリザベス女王杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、クラヴェルの好走パターンを分析。

クラヴェルの距離適性

クラヴェルはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-0-1)
  • 芝1800m(2-0-2-0)
  • 芝2000m(0-1-1-1)
  • 芝2200m(0-0-1-2)

距離は2000mまでだろう。

2200mの3着は「エリザベス女王杯」。内ピッタリのコース取りが効いた。

クラヴェルの脚質

先行押し切り。中団、後方で脚を溜めて終いを生かす競馬で好走歴ありだが、最近はもっぱら後方からの追い込み。

終いの脚はそれなりに出せるが、それほど切れるわけではなく、小回り向きの末脚。

上り時計が34秒台では厳しく、35秒あたりからがこの馬の出番。

ただし、ハンデ戦で軽い斤量を背負ってくれば、外回りでも、上りが34秒台でも、それなりに飛んで来る。

軽ハンデならどこでも警戒。

斤量を背負ったら、小回り内回りなら警戒。

クラヴェルのコース適正

クラヴェルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-1-0)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-1-1-1)
  • 阪神(1-1-1-0)
  • 小倉(0-0-1-0)

クラヴェルの持ち時計(ベストタイム)

クラヴェルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.9 2着(京都)
  • 芝1800m:1.46.1 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.5 3着(新潟)
  • 芝2200m:2.12.5 3着(阪神)

クラヴェルの重馬場適正

クラヴェルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪は苦にしないだろう。

あとは展開。


クラヴェルの鉄砲実績(休み明け)

クラヴェルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(1-0-1-0)
  • 4戦目(0-0-2-0)
  • 5戦目~(未)

クラヴェルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-1-1-0)
  • 中6~8週(1-0-2-1)

クラヴェルの枠順適正

クラヴェルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-1-1)
  • 5~9番(3-0-1-2)
  • 10~14番(0-1-2-1)
  • 15~18番(未)

クラヴェルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-1-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-3-0)

夏場は好きそう。

クラヴェルの斤量別着度数

  • 51キロ(0-1-1-0)
  • 52キロ(2-0-2-0)
  • 54キロ(1-1-0-3)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-1-0)

G1の「エリザベス女王杯」で3着したので、もう軽いハンデはもらえないだろう。


クラヴェルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 424~460キロ

クラヴェルの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ)。

母は重賞3勝のディアデラマドレ(マーメイドS、府中牝馬S、愛知杯)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー、神戸新聞杯、毎日杯)。

母のディアデラマドレも3勝クラス2着から格上挑戦で「マーメイドS」を勝ち、その後重賞を2勝している。

この馬の場合は「マーメイドS」はクビ差の2着。

クラヴェルの近走

21/6/20 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(2.00.4・クビ差)

騎手:横山典弘(51キロ)

道中は後方で脚を溜めて、直線では大外一気の差し脚で、ゴール前際どい差で2着。

直線は馬場の内と外で芝の乾き具合も違っていたのだろう。

はじめから軽ハンデを生かした大外一気を狙っていた感じもある。

2021年 マーメイドS(G3)のラップ分析&回顧

21/7/18 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:3着(1.46.3・0.1差)

騎手:横山典弘(52キロ)

道中は後方10番手でじっと脚を溜める。

4角も後方10番手で直線に向くと、直線は馬場の内目に進路を取って猛追するが3着まで。

前走は大外一気で今回は内ラチ沿いを猛追。

このクラスでこのハンデなら確実に飛んで来る印象だが、前走も今走も、レースのレベルはたいして高くはない。

2021年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

21/9/5 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:3着(1.58.5・0.1差)

騎手:横山典弘(52キロ)

道中は後方13番手。

4角は馬群の中ほどにいたが、直線に向くやいなや一目散に大外へ向けて進路を取り、あとはいつものように確実な終いを繰り出して3着。

今回は鞍上の好騎乗も光ったが、軽ハンデでの末脚には常に警戒が必要。

2021年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

21/11/14 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)

着順:3着(2.12.5・0.4差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は後方の13番手の内。

終始内目の経済コースを通って、4角も12番手の内で直線。

直線も馬場の内目をスルスルと伸びてきて、ゴール前では僅差の3着争いをクビ差制した。

軽ハンデでの追い込み専門の馬だったが、定量でもしっかりと追い込んで来た。

鞍上のコース取りも良かった。

2021年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

次走、愛知杯(G3)に向けて

次走は1月16日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「日経新春杯(G2)」。

どれくらいのハンデを背負うかだが、そこそこ背負ってくるなら、この条件はちょっと厳しいと見る。

 

⇒その他、2022・日経新春杯(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)