2021年12月12日【オリオンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ルビーカサブランカの好走パターンを分析。

ルビーカサブランカの距離適性

ルビーカサブランカはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-2-4)
  • 芝2000m(2-3-3-2)
  • 芝2200m(1-0-0-0)

現状では中距離は走れる。

もっと伸びてもいいような気はする。

ルビーカサブランカの脚質

中団あたりで脚を溜めて、終いを伸ばしてくる競馬。

ペースに関わらず終いの脚はそこそこ確実に繰り出せるので順位は安定。

なので、これまで19戦のキャリアで掲示板を外したのはわずかに一度だけという堅実な走りが持ち味。

ただし、キレ味で勝負するタイプでもないので、上りが速くなりすぎると苦戦しそう。

今後オープンクラスでも、上りが35秒台後半になるとチャンスはありそう。

ルビーカサブランカのコース適正

ルビーカサブランカの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-1)
  • 函館(0-2-2-0)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 中京(1-1-1-1)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(2-0-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

上り時計が速くなりすぎない小回り、内回りコースが戦いやすそう。

阪神の連対はすべて内回りコース。

ルビーカサブランカの持ち時計(ベストタイム)

ルビーカサブランカの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.5 3着(東京)
  • 芝2000m:1.59.7 3着(函館)
  • 芝2200m:2.12.2 1着(阪神)

スピード勝負が向いている感じではない。

ルビーカサブランカの重馬場適正

ルビーカサブランカの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-2-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ稍重までだが、道悪は走ってきそう。


ルビーカサブランカの鉄砲実績(休み明け)

ルビーカサブランカの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-1-3-0)

ルビーカサブランカのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-1-1-2)
  • 中3~5週(1-1-0-3)
  • 中6~8週(0-1-3-1)

詰めて使って良いタイプ。

ルビーカサブランカの枠順適正

ルビーカサブランカの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-2-2-1)
  • 5~9番(1-1-2-2)
  • 10~14番(0-1-1-3)
  • 15~18番(未)

ルビーカサブランカの斤量別着度数

  • 52キロ(0-2-1-2)
  • 54キロ(2-1-1-4)
  • 55キロ(2-1-3-0)

ルビーカサブランカの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-1-0-3)
  • 3~5月(春):(1-1-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-2-3-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-2)

ルビーカサブランカの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~468キロ

ルビーカサブランカの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/毎日杯、NHKマイルC、日本ダービー、神戸新聞杯)。

母はムードインディゴ(府中牝馬S、秋華賞2着)。

母の父はダンスインザダーク(サンデー系/弥生賞、京都新聞杯、菊花賞、日本ダービー2着)。

全兄にユーキャンスマイル(ダイヤモンドS、新潟記念、阪神大賞典、菊花賞3着)。

次走、愛知杯(G3)に向けて

次走は1月15日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3)」。

昇級して即重賞挑戦となるが、堅実な馬だけに、どこまでやれるか楽しみ。

上りがかかってくれば上位食い込みもあり得る。

 

⇒その他、2022・愛知杯(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)