2022年11月13日【福島記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シャムロックヒルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

シャムロックヒルの距離適性

シャムロックヒルはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-4)
  • 芝2000m(3-0-0-6)
  • 芝2200m(1-0-0-2)

中距離なら、条件が合えば走ってくる。

シャムロックヒルの脚質

逃げ、先行脚質。

先行力はある馬なので、良いポジションは容易に取れる。

あとはペース次第。

緩い流れで上りが速くならなければ押し切ってくるが、ペースが上がれば踏ん張りきれない。

条件馬がハンデ戦の重賞を50キロの軽ハンデで勝ち上がってきた馬だけに、この先OPクラスではいばらの道が続きそう。

シャムロックヒルのコース適正

シャムロックヒルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(2-0-0-0)
  • 函館(0-0-0-3)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-3)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 阪神(2-0-0-1)
  • 小倉(未)

シャムロックヒルの持ち時計(ベストタイム)

シャムロックヒルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.36.3 6着(京都)
  • 芝1800m:1.47.4 12着(中山)
  • 芝2000m:2.00.4 1着(阪神)
  • 芝2200m:2.14.4 1着(阪神)

スピード向きではない。

シャムロックヒルの重馬場適正

シャムロックヒルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ未知数だが、ペース次第では走ってきそう。


シャムロックヒルの鉄砲実績(休み明け)

シャムロックヒルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-5)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

シャムロックヒルのローテーション適正

  • 連闘(1-0-0-0)
  • 中1~2週(1-0-0-3)
  • 中3~5週(0-0-0-3)
  • 中6~8週(0-0-0-3)

シャムロックヒルの枠順適正

シャムロックヒルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-5)
  • 10~14番(0-0-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-2)

脚質的に、やはり内の方が良いだろう。

シャムロックヒルの斤量別着度数

  • 50キロ(1-0-0-0)
  • 51キロ(1-0-0-0)
  • 52キロ(1-0-0-3)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(1-0-0-6)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(0-0-0-1)

軽ハンデは確かに良いが、OPクラスでは頭打ち。

シャムロックヒルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-5)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-5)

夏場は稼ぎどき。


シャムロックヒルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 488~492キロ

シャムロックヒルの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー)。

母の父はタピット(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

タピットは米国で走り、ダートの中距離で活躍(ダートG1を1勝)。

福島記念(G3・ハンデ)の結果

0.9差の10着。

【レース前寸評】

よほど気持ちよく逃がしてもらわないことには持たない。

【結果】

外枠から序盤で競ったあたりでスタミナが削られたのだろう。

2022年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧