2021年11月14日【エリザベス女王杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シャムロックヒルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

シャムロックヒルの距離適性

シャムロックヒルはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-3)
  • 芝2000m(3-0-0-4)
  • 芝2200m(1-0-0-1)

中距離なら、条件が合えば走ってくる。

シャムロックヒルの脚質

逃げ、先行脚質。

先行力はある馬なので、良いポジションは容易に取れる。

あとはペース次第。

緩い流れなら押し切ってくるが、ペースが上がれば踏ん張りきれない。

条件馬がハンデ戦を軽ハンデで勝ってオープン入りした馬だけに、狙うならハンデ戦か?

シャムロックヒルのコース適正

シャムロックヒルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(2-0-0-0)
  • 函館(0-0-0-3)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-3)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 阪神(2-0-0-1)
  • 小倉(未)

好き嫌いが激しい馬。

勝ち鞍のある札幌、阪神の共通点は、道中の高低差があまりない道中平坦コース。

シャムロックヒルの持ち時計(ベストタイム)

シャムロックヒルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.36.3 6着(京都)
  • 芝1800m:1.47.8 8着(新潟)
  • 芝2000m:2.00.4 1着(阪神)
  • 芝2200m:2.14.4 1着(阪神)

スピード向きではない。

シャムロックヒルの重馬場適正

シャムロックヒルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ未知数だが、ペース次第では走ってきそう。


シャムロックヒルの鉄砲実績(休み明け)

シャムロックヒルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

シャムロックヒルのローテーション適正

  • 連闘(1-0-0-0)
  • 中1~2週(1-0-0-2)
  • 中3~5週(0-0-0-3)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

シャムロックヒルの枠順適正

シャムロックヒルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-4)
  • 10~14番(0-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-0-1)

脚質的に、やはり内の方が良いだろう。

シャムロックヒルの斤量別着度数

  • 50キロ(1-0-0-0)
  • 51キロ(1-0-0-0)
  • 52キロ(1-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-0-0-6)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-0-1)

軽ハンデは確かに良いが、条件さえはまれば、54キロあたりなら問題ないだろう。

シャムロックヒルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-5)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-3)

夏場は稼ぎどき。


シャムロックヒルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 488~492キロ

シャムロックヒルの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー)。

母の父はタピット(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

タピットは米国で走り、ダートの中距離で活躍(ダートG1を1勝)。

シャムロックヒルの近走

21/6/20 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(2.00.4・クビ差)

騎手:藤懸貴志(50キロ)

1枠1番からハナを切り、直線入口ではアンドラステに交わされそうになりながらも抜かせず。坂の上りではシャドウディーヴァの猛追も振り切ってゴール。

アンドラステにしても、シャドウディーヴァにしても、ハンデ差5キロはさすがに大きい。

シャムロックヒルにしてみれば、緩い馬場に対する適正もあったのだろう。

2021年 マーメイドS(G3)のラップ分析&回顧

21/8/1 クイーンS(G3)

函館 芝1800m 良

着順:9着(1.48.7・0.9差)

騎手:団野大成(55キロ)

道中は2~3番手で追走していたが、3角過ぎからは手応えが怪しくなってきて、4角は6番手に下げて直線。

直線は馬群の中ほどから追い上げを計るが、脚はすでに残っていなかったようす。

タフな馬場の上に、道中の流れもタフだった。

力負け。

2021年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

21/11/14 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:15着(2.14.5・2.4差)

騎手:団野大成(56キロ)

4枠7番からハナを切る。

4角も先頭で差しかかるが、直線を向くころにはレイパパレにすでに交わされていて、そこから先はズルズルと後退。

まだこのクラスで戦える力はない。

2021年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

次走、中山金杯(G3)に向けて

次走は1月5日(水)、中山競馬場 芝2000mで行われる「中山金杯(G3・ハンデ)」。

ハンデは52キロ。

ハンデは軽いが、中山コースは合わないと思う。

 

⇒その他、2022・中山金杯(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)