2021年11月7日【アルゼンチン共和国杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アイアンバローズの好走パターンを分析。

アイアンバローズの距離適性

アイアンバローズはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-1-2-0)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝2400m(3-2-1-2)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

2000m前後でも結構忙しそう。

現状では2400m前後が合ってそう。

アイアンバローズの脚質

3歳時はスタートが遅く、後ろからの競馬が多く、上りがかからないと苦しかったが、古馬になってスタートは改善され、中団にポジションを取ることが容易になった。

それに加えて、終いの脚は確実に繰り出してくるので、近走では着順が安定してきた感じ。

今後はOPクラスのタフな展開になったときでも、同じような末脚が繰り出せるか否かが課題。

アイアンバローズのコース適正

アイアンバローズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-1-2)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-1-1-1)
  • 阪神(1-2-1-1)
  • 小倉(未)

現状では特に、コースによる巧拙は感じられない。

アイアンバローズの持ち時計(ベストタイム)

アイアンバローズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.37.3 13着(新潟)
  • 芝2000m:2.01.4 3着(阪神)
  • 芝2200m:2.13.5 8着(中京)
  • 芝2400m:2.24.0 10着(東京)
  • 芝2500m:2.33.1 6着(東京)

速い時計の決着になってどうか? というデータ。

アイアンバローズの重馬場適正

アイアンバローズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪は走ってきそうだが・・・。


アイアンバローズの鉄砲実績(休み明け)

アイアンバローズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-1-2)
  • 3戦目(0-0-1-1)
  • 4戦目(1-1-0-0)
  • 5戦目~(0-0-1-0)

アイアンバローズの枠順適正

アイアンバローズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-1-2)
  • 5~9番(1-1-2-4)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

アイアンバローズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-0)
  • 3~5月(春):(3-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-2-4)

アイアンバローズの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-3)
  • 55キロ(0-2-2-0)
  • 56キロ(2-1-1-3)
  • 57キロ(2-0-0-0)

アイアンバローズの連対体重

  • 478~498キロ

アイアンバローズの血統背景

父は2011年の牡馬三冠馬オルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はロイヤルアンセム(ND系ヌレイエフ)。

ロイヤルアンセムは欧州、米国で走り、芝のG1を3勝。主戦場は芝の2000~2400m。

アイアンバローズの前走

21/10/10 京都大賞典(G2)

阪神 芝2400m(外)良

着順:12着(2.25.7・1.2差)

騎手:岩田望来(56キロ)

道中は中団の後ろ、9番手あたりを追走。

4角は10番手の最内で直線に向き、直線も馬場の最内から追い上げにかかり、坂下までは良い感じで伸びてはきたが、坂の上りで失速。

休み明けで+18キロ。

叩いてからだろう。

2021年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

21/11/7 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:6着(2.33.1・0.7差)

騎手:石橋脩(54キロ)

道中は先団3~4番手の内あたりを追走。

4角は5番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げを計るが、前との差は詰まらずに6着まで。

ゴール前でフライライクバードに前をカットされる場面もあった。

いずれにしても前にいた組ではそこそこ走った方ではないか。

2021年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

次走、ステイヤーズS(G2)に向けて

次走は12月4日(土)、中山競馬場 芝3600mで行われる「ステイヤーズS(G2)」。

前走もそこそこ力は見せたと思う。

このメンバーなら、距離さえ持てば良い勝負をしてきそう。

 

⇒その他、2021・ステイヤーズS(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)