2020年5月23日【メルボルンT】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アイアンバローズの好走パターンを分析。

アイアンバローズの距離適性

アイアンバローズはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-1-1-0)
  • 芝2400m(1-1-0-1)

ややもすると2000mでも結構忙しそう。

現状では2400m前後が合ってそう。

アイアンバローズの脚質

スタートがあまり速くない。

レース中盤~後半あたりでエンジンが暖まってきたら、徐々に順位を上げて進出開始。

長く良い脚を使って直線追い上げる競馬。

終いはそこそこ確実に繰り出してくる。

ただ、こう言う脚質なので、上り時計がそこそこかかってくれないとキツイ。

アイアンバローズのコース適正

アイアンバローズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 京都(2-1-1-0)
  • 阪神(0-1-0-0)

現状では、長距離輸送に若干難がある様子。

逆に関西圏では底を見せていない。

アイアンバローズの持ち時計(ベストタイム)

アイアンバローズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.37.3 13着(新潟)
  • 芝2000m:2.01.6 2着(京都)
  • 芝2200m:2.24.0 10着(東京)

高速馬場、高速決着には不向きな印象。

アイアンバローズの重馬場適正

アイアンバローズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪は走ってきそうだが・・・。

アイアンバローズの鉄砲実績(休み明け)

アイアンバローズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

アイアンバローズの枠順適正

アイアンバローズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-1-1)
  • 5~9番(1-1-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

スタートが速くないので、極端な外枠からだと、テンに置かれる不安がある。

アイアンバローズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-1-0)

アイアンバローズの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(0-1-1-0)
  • 56キロ(2-1-0-1)

アイアンバローズの連対体重

  • 478~484キロ

アイアンバローズの血統背景

父は2011年の牡馬三冠馬オルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はロイヤルアンセム(ND系ヌレイエフ)。

ロイヤルアンセムは欧州、米国で走り、芝のG1を3勝。主戦場は芝の2000~2400m。

アイアンバローズの前走

20/5/23 メルボルンT(3歳・1勝)

京都 芝2400m 良

着順:1着(2.26.0・クビ差)

騎手:池添謙一(56キロ)

道中は後方。

3コーナー、残り800mあたりから徐々に進出を開始。

4コーナー大外を回して7番手で直線。

直線は馬場の外目から追い上げて、残り200mで先頭を捉えると、追いすがるキングオブドラゴンを振り切ってゴール。

長く良い脚、自身の上りは35.2秒。

レースの上りは35.9秒。

アイアンバローズの次走

次走は9月27日、中京競馬場の芝2200mで行われる、「神戸新聞杯(G2)」。

馬場が渋って、上りがかかってくるようならチャンスも。

 

その他、神戸新聞杯の出走馬を分析