2020年7月5日【ラジオNIKKEI賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、パンサラッサの好走パターンを分析。

パンサラッサの距離適性

パンサラッサはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(0-1-0-0)
  • 芝2000m(2-1-0-4)

適距離は、現状では2000m前後。

パンサラッサの脚質

逃げ、先行脚質。

平均ペースくらいまでならなんとか押し切れるが、それ以上のペースになると、そのスピードを最後まで持続できる力は現状ではまだない。

上り時計はかかってくれた方がベター。

また、キレる脚はないので、あまりスローになりすぎると最後はキレ負けするだろう。

パンサラッサのコース適正

パンサラッサの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-1-0-0)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(1-1-0-2)

出走しているレースは、新馬戦を除いてすべて内回りか、小回りコース。

パンサラッサの持ち時計(ベストタイム)

パンサラッサの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.38.0 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.1 2着(福島)
  • 芝2000m:2.00.0 1着(阪神)

高速決着にはあまり縁はなさそう。

パンサラッサの重馬場適正

パンサラッサの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪はそこそこ走りそう。

パンサラッサの鉄砲実績(休み明け)

パンサラッサの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ローテーションは、連闘で(0-1-0-0)、中1週で(1-1-0-0)。

詰めて使って結果を残す。

パンサラッサの枠順適正

パンサラッサの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-1)
  • 5~9番(2-0-0-3)
  • 10~14番(0-1-0-1)
  • 15~18番(未)

前々で勝負したい馬、内枠が欲しい。

パンサラッサの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-1)

パンサラッサの斤量別着度数

  • 53キロ(0-1-0-1)
  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(0-0-0-2)

ちょっと心配なデータだが・・・。

パンサラッサの連対体重

  • 456~462キロ

パンサラッサの血統背景

父はスプリントG1を5勝したロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はモンジュー(ND系サドラーズウェルズ)。

モンジューは欧州、日本、米国で走り、1999年の「凱旋門賞」など、G1を6勝。主戦場は芝の2400m。

半姉に中央競馬、芝のマイル~中距離で活躍したディメンシオン(父はディープインパクト)。

パンサラッサの前走

20/7/5 ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島 芝1800m 稍重

着順:2着(1.48.1・0.8差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

道中は先団3~4番手。

3角あたりで順位を上げ、4角2番手で直線に向くが、直線では逃げるバビットに離される一方。

ゴール前では追い込んで来たディープキングをなんとかしのいで2着を確保。

このレース、勝ったバビット以外はあまり評価できない。

2020年 ラジオNIKKEI賞(G3)のラップ分析&回顧

パンサラッサの次走

次走は9月27日、中京競馬場の芝2200mで行われる、「神戸新聞杯(G2)」。

スローになりやすい前哨戦だけに、この馬にとってはちょっと戦い辛いかも。

逃げ馬らしい逃げ馬がいないので、思い切って逃げてみても面白いが。

 

その他、神戸新聞杯の出走馬を分析