2022年3月26日【ドバイターフ】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、パンサラッサの好走パターンを分析。(ダートは除く)

パンサラッサの距離適性

パンサラッサはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-1-0-1)
  • 芝2000m(4-3-0-5)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

適距離は、現状では2000m前後。

パンサラッサの脚質

逃げ、先行脚質。

出遅れさえなければ、確実に先手を取れる先行力はある。

平均ペースくらいまでならなんとか押し切れるが、それ以上のペースになると、そのスピードを最後まで持続できる力は現状ではまだない。

なので、上り時計はかかってくれた方がベター。

現状では、上り時計が36秒前後かかってくれないと粘り切る脚はない。

前半でぶっ飛ばして、後半どこまで粘れるかがこの馬の競馬だろう。

緩い流れの上り勝負では苦戦。

パンサラッサのコース適正

パンサラッサの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-1-0-0)
  • 東京(1-1-0-0)
  • 中山(1-0-0-4)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(1-1-0-3)
  • 小倉(0-1-0-0)
  • ドバイ(1-0-0-0)

パンサラッサの持ち時計(ベストタイム)

パンサラッサの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.38.0 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.7 7着(中山)
  • 芝2000m:1.59.2 1着(福島)
  • 芝2200m:2.13.9 12着(中京)
  • 芝2500m:2.34.4 13着(中山)

高速決着は不向き。

パンサラッサの重馬場適正

パンサラッサの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-2-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

上りがかかる道悪は歓迎の口だろう。


パンサラッサの鉄砲実績(休み明け)

パンサラッサの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-2-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(1-1-0-1)

ローテーションは、連闘で(0-1-0-0)、中1週で(1-1-0-0)。

詰めて使って結果を残す。

パンサラッサの枠順適正

パンサラッサの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-2)
  • 5~9番(4-1-0-4)
  • 10~14番(1-2-0-3)
  • 15~18番(未)

前々で勝負したい馬、内枠が欲しい。

パンサラッサの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-6)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(3-2-0-3)

パンサラッサの斤量別着度数

  • 53キロ(0-1-0-2)
  • 54キロ(2-2-0-0)
  • 55キロ(0-1-0-3)
  • 56キロ(3-0-0-3)
  • 57キロ(1-0-0-1)

パンサラッサの好走体重

3着以内の体重は;

  • 456~482キロ

パンサラッサの血統背景

父はスプリントG1を5勝したロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はモンジュー(ND系サドラーズウェルズ)。

モンジューは欧州、日本、米国で走り、1999年の「凱旋門賞」など、G1を6勝。主戦場は芝の2400m。

半姉に中央競馬、芝のマイル~中距離で活躍したディメンシオン(父はディープインパクト)。

パンサラッサの前走

21/11/14 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:1着(1.59.2・-0.6差)

騎手:菱田裕二(56キロ)

見事な大逃げを炸裂させての1着。

スタミナはあるが、スピードの持続力には少し不安のある馬。

そういう馬が、持てるスタミナをフル活用した見事な勝利。

2021年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧

21/12/26 有馬記念(G1)

中山 芝2500m 良

着順:13着(2.34.4・2.4差)

騎手:菱田裕二(57キロ)

1枠2番から逃げの手。

道中は積極的に逃げて、前半1000mは59.5秒、後続に5馬身ほどの差をつけて逃げる。

3角手前あたりで息を入れて、4角はタイトルホルダーに並びかけられて直線。

直線は、坂下まではなんとか粘っていたが、坂の上りで失速。

今回は距離とクラスが合わなかっただけ。

この馬の走りはできた。

2021年 有馬記念(G1)のラップ分析&回顧

22/2/27 中山記念(G2)

中山 芝1800m 良

着順:1着(1.46.4・-0.4差)

騎手:吉田豊(56キロ)

詳細は「ラップ分析」で書いたのでここでは割愛。

2022年 中山記念(G2)のラップ分析&回顧

22/3/26 ドバイターフ

メイダン 芝1800m 良

着順:1着(1.45.7・同着)

騎手:吉田豊(57キロ)

11番ゲートからハナを切る。

道中は1馬身ほどの差をつけて逃げていたが、4角手前くらい、残り600mあたりでペースを上げて後続をやや引き離しにかかった。

直線入口では、2番手の馬は食い下がっていたが、3番手以降には3馬身ほどの差をつけていた感じ。

残り300mを過ぎてからは2番手の馬も一杯になり、後続との差は3~4馬身くらい。

そこからはおそらく消耗戦。

先団の馬がことごとくついて来れない中、ロードノースが馬群の外目から鋭い脚。

続いて後方にいたヴァンドギャルドも差し脚を伸ばしてきてパンサラッサに迫る。

ゴール前は粘るパンサラッサと追い込んで来る2頭の争いになったが、パンサラッサとロードノースは同着。

ヴァンドギャルドもハナ差の3着という接戦だった。

走破時計の1.45.7は、2014年にジャスタウェイが勝った1.45.2(レコード)に次ぐ速さ。

ヴァンドギャルドも消耗戦には強い馬。

レースの流れは、おそらく前傾ラップの消耗戦だったのではないか?

次走、宝塚記念(G1)に向けて

次走は6月26日(日)、阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

距離がちょっと微妙だが、それでもぶっ飛ばしてくるのか?

タイトルホルダーとの兼ね合いもあり、カギを握る一頭になりそう。

楽に逃がすとまた厄介なことになるが・・・。

 

⇒その他、宝塚記念(G1)の出走馬を分析