2022年1月8日【ニューイヤーS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ジェネラーレウーノの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ジェネラーレウーノの距離適性

ジェネラーレウーノはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(0-0-1-0)
  • 芝2000m(3-0-1-2)
  • 芝2200m(1-0-0-3)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

中距離前後。

ジェネラーレウーノの脚質

「逃げ」「先行」。

上りが36秒以上になって強さを発揮。

スタミナとパワーが持ち味。

逆に、緩い流れの終い勝負では完全に後手。

ただ、4歳で「屈腱炎」を発症し、復帰は叶ったが、それ以降まったく精彩を欠いている。

ジェネラーレウーノのコース適正

ジェネラーレウーノの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-1-0)
  • 東京(1-0-0-4)
  • 中山(3-0-1-4)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

中山巧者。

上り勝負になりやすい直線の長いコースでは苦戦か。

ジェネラーレウーノの持ち時計(ベストタイム)

ジェネラーレウーノの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.0 13着(東京)
  • 芝1800m:1.51.4 3着(函館)
  • 芝2000m:2.00.6 5着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.1 1着(中山)
  • 芝2400m:2.25.3 16着(東京)
  • 芝3000m:3.07.1 9着(京都)

高速馬場、高速決着は不向き。


ジェネラーレウーノの重馬場適正

ジェネラーレウーノの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-3)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪はこなすとは思うが、まだ未知数。

ジェネラーレウーノの鉄砲実績(休み明け)

ジェネラーレウーノの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-4)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ジェネラーレウーノの枠順適正

ジェネラーレウーノの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-2)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(1-0-0-1)

ジェネラーレウーノの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-4)
  • 3~5月(春):(0-0-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-4)

ジェネラーレウーノの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-1-0)
  • 55キロ(2-0-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-1)
  • 57キロ(0-0-1-3)
  • 59キロ(0-0-0-2)

ジェネラーレウーノの連対体重

  • 496~506キロ

ジェネラーレウーノの血統背景

父は2008年の「ジャパンカップ」を制したスクリーンヒーロー(ロベルト系)。

母の父はロックオブジブラルタル(ND系デインヒル)。

ロックオブジブラルタルは欧州で走り、「英2000ギニー」「愛2000ギニー」などG1を7連勝。主戦場は芝の短距離~マイル。

次走、小倉大賞典(G3)に向けて

次走は2月20日(日)、小倉競馬場 芝1800mで行われる「小倉大賞典(G3・ハンデ)」。

適正云々より、近走の走りからはちょっと狙えない。

 

⇒その他、小倉大賞典(G3)の出走馬を分析