2020年8月23日【阿賀野川特別】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エンデュミオンの好走パターンを分析。

エンデュミオンの距離適性

エンデュミオンはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-2-0)
  • 芝2000m(1-0-0-3)
  • 芝2200m(0-1-0-0)
  • 芝2400m(1-0-0-0)

距離はそこそこ長いところは持ちそうな感じ。

エンデュミオンの脚質

終いの脚も出せなことはないが、前々に張ってSP持続力を生かした方が断然よさそうなSP持続型。

エンデュミオンのコース適正

エンデュミオンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-1-1-0)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 阪神(1-1-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

パワーに欠ける一面もあり、直線急坂が少し不安。

エンデュミオンの持ち時計(ベストタイム)

エンデュミオンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.9 3着(新潟)
  • 芝2000m:2.00.8 11着(阪神)
  • 芝2200m:2.13.9 2着(新潟)
  • 芝2400m:2.24.6 1着(新潟)

2400mの時計は1勝クラスで計時したものだが、そこそこ速い。

エンデュミオンの重馬場適正

エンデュミオンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-0)
  • 重(0-0-0-1)

道悪は稍重程度がギリギリと言う談話が出ている。

道悪、荒れた馬場は割引。

エンデュミオンの鉄砲実績(休み明け)

エンデュミオンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(未)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

まだ長期休養を入れたことはない。

エンデュミオンの枠順適正

エンデュミオンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-1-2)
  • 5~9番(未)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(未)

エンデュミオンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-1)
  • 3~5月(春):(0-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(1-2-0-0)
  • 9~11月(秋):(未)

エンデュミオンの斤量別着度数

  • 54キロ(1-2-0-0)
  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(0-0-1-3)

エンデュミオンの連対体重

  • 440~450キロ

440キロを切ると黄信号。

エンデュミオンの血統背景

父は2010年の皐月賞馬、ヴィクトワールピサ(サンデー系)。他にも「有馬記念」「ドバイWC」で優勝。

母の父は米国で走り、ダートの中距離G1で2勝のブライアンズタイム(ロベルト系)。日本でも多くのG1ホースを排出した大種牡馬。

エンデュミオンの評価

古馬2勝クラスでも勝ち負けできるくらいだから、古馬の準OP級の力はあるのだろう。

道悪では少し評価を下げるが、直線平坦の良馬場なら力は出せる。

前につける積極的な競馬で活路。

エンデュミオンの次走

次走は9月27日、中京競馬場の芝2200mで行われる、「神戸新聞杯(G2)」。

コントレイル以外なら、力の差はそうないとは思うが、中京の急坂が少し不安。

 

その他、神戸新聞杯の出走馬を分析