2020年5月9日【京都新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ファルコニアの好走パターンを分析。

ファルコニアの距離適性

ファルコニアはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-0)
  • 芝2200m(0-0-1-0)

2000m前後は大丈夫だろうが、その先となるとまだ分からない。

全兄のトーセンカンビーナは2020年の「阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)」で2着に入っている。

ファルコニアの脚質

すんなり前目にポジションを取って、そのまま押し切る競馬も出来るが、出遅れも多く、そのケースでは終いの脚を使うしかない。

しかし、終いの脚が特別切れると言う印象はない。

だが、SP持続力はそこそこあり、向正面から進出を開始して長く良い脚を使うこともできる。

持ち味が出せるのは前々からの競馬だと思うが、現状では上りがかかってくれないと厳しそう。

ファルコニアのコース適正

ファルコニアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中山(0-0-0-1)
  • 京都(1-2-1-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

左回りは未経験。

ファルコニアの持ち時計(ベストタイム)

ファルコニアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.49.0 2着(京都)
  • 芝2000m:2.01.4 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.12.0 3着(京都)

ファルコニアの重馬場適正

ファルコニアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ未経験。

ファルコニアの鉄砲実績(休み明け)

ファルコニアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(未)

叩いてからは;

  • 2戦目(未)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

まだ長期休養を挟んだことはない。

ファルコニアの枠順適正

ファルコニアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-0)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(0-0-1-0)
  • 15~18番(未)

ファルコニアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-1-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(0-2-0-0)

ファルコニアの斤量別着度数

  • 55キロ(0-2-0-0)
  • 56キロ(2-0-1-1)

ファルコニアの連対体重

  • 442~452キロ

ファルコニアの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はホークウイング(ミスプロ系)。

ホークウイングは欧州、米国で走り、芝のG1で3勝。主戦場は芝の短距離~マイル~中距離。

全兄に2020年の「阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)」2着のトーセンカンビーナ。

トーセンカンビーナの分析

ファルコニアの近走

2020/3/22 スプリングS(G2)

中山 芝1800m 良

着順:4着(1.50.3・0.5差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

スタート少し出遅れて後方から。

ペースがかなりのスローだったこともあり、鞍上は向正面からマクッて行って4角は3番手で直線。

直線もそこそこ粘っては来るが、坂下あたりで脚色が鈍る。

長く良い脚は使ったが、結果論として、進出はもう少し遅らせても良かったかも。

2020年 スプリングS(G2)のラップ分析&回顧

20/5/9 京都新聞杯(G2)

京都 芝2200m 良

着順:3着(2.12.0・0.3差)

騎手:川田将雅(56キロ)

スタートでアオるがまずまずのスタート。

序盤は中団あたりだが、向正面でジワジワと順位を上げて行き、3角4番手、4角も4番手で直線。

直線では残り200mで一旦先頭に立つが、ここでもゴール前で脚色が鈍る。

2020年 京都新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

ファルコニアの次走

次走は9月27日、中京競馬場の芝2200mで行われる、「神戸新聞杯(G2)」。

左回りは初めて。

堅実な走りをしているように見えて、内容はちょっと不安定。

勝ち負けするようなイメージはないが、上りがかかって食い込んでくる可能性はある。

 

その他、神戸新聞杯の出走馬を分析