2020年9月27日【神戸新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ターキッシュパレスの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ターキッシュパレスの距離適性

ターキッシュパレスはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

スタミナはありそうなので、長いところも比較的持ちそう。

ターキッシュパレスの脚質

前目につけて押し切る競馬。

道悪巧者、それもかなりの道悪でも平気で走る道悪の鬼。

反面、良馬場や程度の軽い道悪では割引。

スタミナは相当ありそうなので、長距離で、しかもバテバテの消耗戦になれば、馬場に関係なく食い込んで来る可能性はある。

ターキッシュパレスのコース適正

ターキッシュパレスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(1-0-0-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-1)

ターキッシュパレスの持ち時計(ベストタイム)

ターキッシュパレスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.38.9 1着(東京)
  • 芝1800m:1.48.2 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.01.8 1着(新潟)
  • 芝2200m:2.13.1 5着(中京)

軽い馬場、高速決着には縁はないだろう。

ターキッシュパレスの重馬場適正

ターキッシュパレスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(2-0-0-0)

重の1敗はおそらく休み明けの調整失敗。

ターキッシュパレスの鉄砲実績(休み明け)

ターキッシュパレスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は(ダート含む);

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ターキッシュパレスの枠順適正

ターキッシュパレスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-0)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(1-0-0-0)

ターキッシュパレスの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(未)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

ターキッシュパレスの斤量別着度数

  • 53キロ(2-0-0-0)
  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(0-0-0-2)

ターキッシュパレスの連対体重

  • 476~484キロ

ターキッシュパレスの血統背景

父は2015年の「凱旋門賞」を勝ったゴールデンホーン(ND系ダンチヒ)。

母の父はディクタット(マンノウォー系)。

ディクタットは欧州で走り、芝の短距離G1で2勝を挙げた。

ターキッシュパレスの前走

20/9/27 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:5着(2.13.1・0.6差)

騎手:富田暁(56キロ)

道中は中団、コントレイルの外を追走。

4角は10番手の外から直線。

直線は馬群の外目からそこそこの追い上げを見せて5着入線。

道中も外目を回って4角も大外。

それでいてバテず伸びずでも5着は優秀。

良馬場で結果が出たのも収穫。

やはりこの馬、そこそこのスタミナはある

2020年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

ターキッシュパレスの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

消耗戦になれば、バテず伸びずで掲示板争いに食い込んでくる可能性はあるが、まずは抽選突破。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析