ディープキングのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

ディープキングの近走

3歳未勝利

新潟 芝2000m(内)良

着順:1着(2.01.2・0.5差)

騎手:岩田望来(☆55キロ)

道中は中団。

4角は4番手のインで直線。

直線もインを突いて逃げるハクサンフルリールを猛追。

残り200mあたりでハクサンフルリールを捉えると、並ぶ間もなく交わし去り、3馬身突き放してゴールした。

減量騎手ではあったが、3馬身離していれば関係ない。

3歳以上1勝クラス

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(2.00.4・0.4差)

騎手:岩田望来(☆53キロ)

道中は先頭から7~8馬身離れた3番手。

3~4角で先頭との差を詰めて行き、4角2番手で直線。

直線では逃げるパンサラッサを猛追するが、その差は詰まらず2着。

3着には7馬身離しているが、1着には2馬身半開けられた。

パンサラッサとは斤量で1キロ軽いだけに、ここは完敗と言っていいだろう。

ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島 芝1800m 稍重

着順:3着(1.48.1・0.2差)

騎手:戸崎圭太(52キロ)

道中は中団あたり。

直線は逃げるバビットを追うが、2着のパンサラッサに頭差迫るのが精一杯。

バビットには5馬身離された。

前走も負けているパンサラッサに、今回は斤量2キロ軽くても交わせなかったのはやや不満。

ディープキングのここまでの見立て

切れる脚はないが、追ってバテないスピードの持続力を今後磨いて行けるかが課題。

ディープキングの次走

次走は9月27日、中京競馬場の芝2200mで行われる、「神戸新聞杯(G2)」。

前走から斤量が4キロ増える。

力的にもここはちょっと厳しそう。

 

その他、神戸新聞杯の出走馬を分析