2019年11月30日【ステイヤーズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、モンドインテロの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

モンドインテロの距離適性

モンドインテロはこれまでに芝1800m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-5)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(3-0-1-2)
  • 芝2500m(0-0-0-3)
  • 芝2600m(2-0-0-3)
  • 芝3400m(0-0-0-1)
  • 芝3600m(1-0-2-0)

適距離は2400mからだが、6歳ごろからズブくなり、終いの脚が出せなくなってきている。

長いのはいくら長くても良さそうなので、今なら3000m以上が理想的。

モンドインテロの脚質

全盛期は2400m以上で、上りのかかる展開の末脚勝負で好走を見せていたが、6歳をすぎたあたりからズブくなってきて、終いの脚が出せなくなっている。

それでもスタミナだけは衰えていないので、長距離で、前々につけることができれば、上り時計さえそこそこかかってくれれば、今でもしっかりと粘り切ってくれる。

モンドインテロのコース適正

モンドインテロの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(2-0-0-3)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(1-0-0-5)
  • 中山(2-0-3-1)
  • 京都(2-0-1-2)
  • 阪神(0-0-0-5)

モンドインテロの持ち時計(ベストタイム)

モンドインテロの芝2400mからの持ち時計は次の通り;

  • 芝2400m:1.25.6 1着(京都)
  • 芝2500m:2.30.8 5着(東京)
  • 芝2600m:2.39.8 1着(札幌)
  • 芝3400m:3.40.8 6着(東京)
  • 芝3600m:3.45.6 3着(中山)

若いときから、速い時計、速い上りには縁がない。

モンドインテロの重馬場適正

モンドインテロの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

モンドインテロの鉄砲実績(休み明け)

モンドインテロの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は(ダート含む);

  • 10週以上(4-0-0-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-4)
  • 3戦目(1-0-1-1)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(1-0-1-4)

モンドインテロの連対体重

  • 476~492キロ

モンドインテロの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父は米国で走り、ダートの中距離G1で2勝のブライアンズタイム(ロベルト系)。日本でも多くのG1ホースを排出した大種牡馬。

モンドインテロの次走

次走は10月11日、京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」の予定。

約10ヵ月ぶりの休み明け。

おそらくここを叩いて「ステイヤーズS(G2)」が本番。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)