2019年11月30日【ステイヤーズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アルバートの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

アルバートの距離適性

アルバートはこれまでに芝1600m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-3)
  • 芝1800m(1-1-2-2)
  • 芝2000m(2-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝2400m(2-0-1-1)
  • 芝2500m(0-1-0-5)
  • 芝3000m(0-0-0-1)
  • 芝3200m(0-0-0-3)
  • 芝3400m(1-0-0-0)
  • 芝3600m(3-1-0-0)

OP昇格後は主に2400m以上のレースに出走。

3400m以上での強さが目立つが、「天皇賞(春)」でもそこそこの走りは見せている。

アルバートの脚質

中団~後方で脚を溜めて、終いを生かす競馬。

ペースが上がると末脚も鈍るが、距離はいくら長くても問題ないので、比較的緩めのペースになりやすい長距離戦では確実に速い上りを繰り出してくる。

アルバートのコース適正

アルバートの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(0-1-0-1)
  • 東京(4-1-2-6)
  • 中山(3-1-0-6)
  • 京都(1-0-1-4)
  • 阪神(0-0-0-2)

アルバートの持ち時計(ベストタイム)

アルバートの芝2400mからの持ち時計は次の通り;

  • 芝2400m:2.25.1 1着(東京)
  • 芝2500m:2.30.7 4着(東京)
  • 芝3200m:3.13.3 5着(京都)
  • 芝3400m:3.35.2 1着(東京)
  • 芝3600m:3.43.0 1着(中山)

アルバートの重馬場適正

アルバートの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-1-0-1)
  • 不良(未)

アルバートの鉄砲実績(休み明け)

アルバートの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-2-1-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-2-5)
  • 3戦目(2-0-0-4)
  • 4戦目(2-0-0-1)
  • 5戦目~(2-0-0-2)

アルバートの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(2-0-2-1)
  • 56キロ(2-1-0-4)
  • 57キロ(4-2-1-6)
  • 58キロ(1-0-0-4)
  • 58.5キロ(0-0-0-2)

58キロでの勝利は2017年の「ダイヤモンドS(G3)」。

58キロを背負って、終いは33.4秒の脚でメンバー最速。

アルバートの連対体重

  • 458~478キロ

アルバートの血統背景

父はダートG1を6勝したアドマイヤドン(ミスプロ系)、主戦場はダート1600~2000m。

母の父は1996年の「菊花賞」馬、ダンスインザダーク(サンデー系)。

アルバートの次走

次走は10月11日、京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」の予定。

約1年ぶり。

おそらく目標は、ここを叩いて次の「ステイヤーズS(G2)」。

メイチではこないだろう。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析