2020年7月19日【函館記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ドゥオーモの好走パターンを分析。

ドゥオーモの距離適性

ドゥオーモはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-3-2-3)
  • 芝2000m(1-1-0-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは1800m~2000m。

それ以上になるとちょっと長そう。

ドゥオーモの脚質

出遅れが多いので、どうしても位置取りは後ろからになることが多い。

それでも後方で脚を溜めると、上りは比較的確実に繰り出してくる。

向正面からマクリ気味に動いていくこともあるが、あとは届くか届かないか。

そう言う競馬なので、上り時計はかかった方が断然良い。

ドゥオーモのコース適正

ドゥオーモの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-2)
  • 函館(1-1-0-1)
  • 新潟(0-0-0-2)
  • 京都(0-1-1-2)
  • 阪神(1-1-0-3)
  • 小倉(1-1-1-0)

これだけのキャリアで左回りはわずかに2戦で結果も良くない。

左回りは割り引いた方が良いかも。

ドゥオーモの持ち時計(ベストタイム)

ドゥオーモの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.4 2着(京都)
  • 芝2000m:1.59.8 11着(新潟)
  • 芝2200m:2.16.3 9着(京都)
  • 芝2400m:2.27.1 7着(阪神)

1800mの時計は500万クラスで計時。悪くはない。

ドゥオーモの重馬場適正

ドゥオーモの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-0-1-0)
  • 不良(未)

上り時計を要する道悪は歓迎の口。

ドゥオーモの鉄砲実績(休み明け)

ドゥオーモの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-3)
  • 3戦目(1-2-0-1)
  • 4戦目(1-1-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

叩き良化型というデータ。

また、ローテーションは連闘、中1週、中2週でも結果を出しており、詰めて使う分には問題はない。

ドゥオーモの枠順適正

ドゥオーモの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-2)
  • 5~9番(1-3-1-2)
  • 10~14番(2-1-1-6)
  • 15~18番(未)

ドゥオーモの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-1)
  • 3~5月(春):(1-1-1-6)
  • 6~8月(夏):(1-2-0-3)
  • 9~11月(秋):(未)

ドゥオーモの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-0-0)
  • 53キロ(0-1-0-1)
  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-0-1-2)
  • 57キロ(1-2-1-6)

ドゥオーモの連対体重

  • 472~482キロ

ドゥオーモの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はコマンダーインチーフ(ND系リファール)。

コマンダーインチーフは欧州で走り、G1を2勝。主戦場は芝2000~2400m。

ドゥオーモの前走

20/7/19 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 良

着順:2着(1.59.9・0.2差)

騎手:藤岡康太(53キロ)

スタートは出遅れて最後方から。

3角過ぎから進出を開始し、4角は10番手の内。

直線も内をさばいてジワジワと伸びて、ゴール前バイオスパークを交わして2着。

ペースはハイペースで、上りは37.1秒を要した。

ドゥオーモの上りは36.1秒。

53キロのハンデも効いたが、この馬には一番得意な展開になった。

2020年 函館記念(G3)のラップ分析&回顧

ドゥオーモの次走

次走は京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

2400mは「3歳500万条件」以来。

その時も1.2差の7着に敗れている。

斤量も一気に3キロ増える別定戦の重賞。

ここはちょっと厳しいだろう。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析