2020年8月16日【博多S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、カセドラルベルの好走パターンを分析。

カセドラルベルの距離適性

カセドラルベルはこれまでに芝2000m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(3-2-1-1)
  • 芝2200m(1-0-0-0)

2000mの4着も0.2差。

まだほぼ底を見せていない。

距離的には2000m前後は大丈夫そうだが、2400mになると未知数。

カセドラルベルの脚質

前につけてしぶといスピード持続型。

少々ペースが速くても、そのスピードを持続させつつゴールまで押し切る。

末脚のキレはイマイチ。

カセドラルベルのコース適正

カセドラルベルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-1-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 阪神(2-0-0-1)
  • 小倉(1-2-0-0)

現状ではまだコースの巧拙は確認できない。

カセドラルベルの持ち時計(ベストタイム)

カセドラルベルの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.57.9 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.15.1 1着(中京)

2000mの時計は3勝クラスで計時。そこそこ速い。

カセドラルベルの重馬場適正

カセドラルベルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

本格的な道悪はまだ未知数だが、走ってきそうな雰囲気。

カセドラルベルの鉄砲実績(休み明け)

カセドラルベルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

カセドラルベルの枠順適正

カセドラルベルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-0)
  • 5~9番(4-1-1-1)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

前につけて良いタイプだけに、外枠に入ったときの対応が見どころ。

カセドラルベルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(3-1-1-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

カセドラルベルの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-1-0)
  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(1-2-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)

カセドラルベルの連対体重

  • 504~552キロ

牝馬ながら、かなりの大型馬。

カセドラルベルの血統背景

父は2005年の「有馬記念」をディープインパクトを破って勝利したハーツクライ(サンデー系)。

母の父は2002年~2003年の「天皇賞(秋)」と「有馬記念」を連覇したシンボリクリスエス(ロベルト系)

血統的には2400m前後ぐらいは大丈夫そうだが・・・。

カセドラルベルの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

昇級初戦で重賞初挑戦、初の2400m、初の京都コース参戦と課題は多いが、ここまでのレースを見るかぎりポテンシャルは高そう。

このレース、前走3勝クラスからの参戦は過去10年で(0-1-1-2)。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析