2020年12月12日【中日新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、グロンディオーズの好走パターンを分析。

グロンディオーズの距離適性

グロンディオーズはこれまでに芝1600m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-0-1-1)
  • 芝2000m(1-0-0-1)
  • 芝2200m(0-1-0-0)
  • 芝2400m(2-0-0-0)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

2400m前後、比較的長めの距離が合ってそう。

「菊花賞」の大敗は、距離と言うより右回りでは?

グロンディオーズの脚質

前々に張って押し切る競馬、控えて末脚を伸ばす競馬。

どちらも強い。

530キロ前後の大型馬なので、一瞬のキレと言うよりもジワジワと加速して行って長くトップスピードを維持する感じ。

グロンディオーズのコース適正

グロンディオーズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-1-0-0)
  • 東京(3-0-0-1)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 京都(0-0-0-1)

大型馬だけに、広いコース、長い直線が良さそう。

中山では「1勝クラス」でドスローの3着はあるが、総じて右回りを避けているようなレース選択。

考えすぎか?

グロンディオーズの持ち時計(ベストタイム)

グロンディオーズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.37.0 1着(東京)
  • 芝1800m:1.51.7 3着(中山)
  • 芝2000m:1.58.3 1着(新潟)
  • 芝2200m:2.13.7 2着(新潟)
  • 芝2400m:2.24.4 1着(東京)
  • 芝3000m:3.07.9 13着(京都)

グロンディオーズの重馬場適正

グロンディオーズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

不良馬場での競馬は、1年8ヵ月の長期休養明け。

道悪の巧拙はまだ不明。

グロンディオーズの鉄砲実績(休み明け)

グロンディオーズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

グロンディオーズの枠順適正

グロンディオーズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-0-1-0)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(0-1-0-0)

グロンディオーズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

グロンディオーズの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(2-0-1-0)
  • 57キロ(1-1-0-2)

グロンディオーズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 528~538キロ

グロンディオーズの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はサンデーサイレンス

半兄に2013年の「目黒記念(G2・芝2500m)」をレコード勝ちしたムスカテール(父はマヤノトップガン)。

グロンディオーズの前走

20/12/12 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:5着(2.00.6・0.5差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は勝ったボッケリーニのすぐ後ろあたり。

だが直線では、一度置かれて、再度ジワジワと伸びている感じ。

530キロ前後の大型馬だけに、瞬時の加速に難がありそう。

スローのヨーイドンでは置かれてしまう。

2020年 中日新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

グロンディオーズの次走

次走は2月20日(土)、東京競馬場 芝3400mで行われる「ダイヤモンドS(G3・ハンデ)」。

「菊花賞」では大敗したが、左回りコースであらためて3000m越えに挑む。

3000m以上に適性があるか否かはまだ分からないと思う。

力のある馬だけに、息さえ持てば上位食い込みも。

 

その他、ダイヤモンドS(G3)の出走馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】