2022年3月26日【日経賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ボッケリーニの好走パターンを分析。

ボッケリーニの距離適性

ボッケリーニはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-1-3)
  • 芝1800m(3-4-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-2)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝2500m(0-1-0-0)

中距離、2500mあたりまでは大丈夫そう。

ボッケリーニの脚質

先行押し切り、中団差し切り。

終いの脚はまあまあ確実なので、着順は安定している。

スピード持続型、瞬発型のいずれのレースにも対応は可能だが、上のクラスで力が発揮できるのは、スピード持続力を生かせるレースだろう。

ボッケリーニのコース適正

ボッケリーニの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-0-0)
  • 中山(0-1-1-0)
  • 中京(1-0-0-2)
  • 京都(2-1-0-1)
  • 阪神(0-2-1-1)
  • 小倉(1-2-0-1)

ボッケリーニの持ち時計(ベストタイム)

ボッケリーニの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 3着(0.1差・阪神)
  • 芝1800m:1.45.5 2着(ハナ差・小倉)
  • 芝2000m:1.59.6 5着(0.3差・新潟)
  • 芝2200m:2.13.0 3着(0.3差・中山)
  • 芝2500m:2.35.5 2着(0.1差・中山)

特別速い時計は持っていない。

ボッケリーニの重馬場適正

ボッケリーニの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-1)

本質的には綺麗な馬場が良いらしいが、データ的には道悪はさほど苦にしない。


ボッケリーニの鉄砲実績(休み明け)

ボッケリーニの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-2-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-2)
  • 3戦目(1-1-1-0)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(2-2-0-0)

ボッケリーニの枠順適正

ボッケリーニの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-3)
  • 5~9番(1-3-2-1)
  • 10~14番(1-1-0-2)
  • 15~18番(0-2-0-0)

ボッケリーニの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-1-2)
  • 3~5月(春):(0-2-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-2-1-0)

ボッケリーニの斤量別着度数

  • 55キロ(2-1-1-0)
  • 56キロ(1-3-1-1)
  • 57キロ(2-2-0-4)
  • 57.5キロ(0-0-0-1)

ボッケリーニの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~468キロ

ボッケリーニの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/日本ダービー、NHKマイルC)。

母の父はダンスインザダーク(サンデー系/菊花賞、日本ダービー2着)。

全兄に2015年の「宝塚記念」、「天皇賞(秋)」を制したラブリーデイ

近親にインティライミ(京都新聞杯、朝日CC、京都大賞典)。

母方の5代前、ペルースポートを祖とする牝系は、多くの重賞ウイナーを輩出している名門牝系。

この牝系には前述のラブリーデイ、インティライミの他にも、アリゼオ(スプリングS、毎日王冠)、スマートギア(中日新聞杯)など。

ボッケリーニの前走

20/12/12 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.00.1・-0.1差)

騎手:松山弘平(55キロ)

道中は中団の前目。

ずっと3着のヴェロックスと同じような位置取りでレースを進めたが、坂を上り切ったあたりからエンジン全開。

スッと抜け出して、前で粘るシゲルピンクダイヤを捉えた。

OP特別では惜敗続きだったが、重賞初挑戦で初重賞制覇。

メンバーにも恵まれた感はあるが、堅実な走りは重賞でも臆するところはなかった。

2020年 中日新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

21/2/21 小倉大賞典(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:2着(1.45.5・ハナ差)

騎手:浜中俊(57キロ)

道中は中団の前。4角は5番手の外で直線。

直線は馬群の外から上り最速34.6秒の脚で追い込んでくるが、ハナ差及ばず2着。

勝ち馬との斤量差は0.5キロ。

この馬も力のあるところは示したが、ハンデ差と言うより、勝った馬が強かった。

2021年 小倉大賞典(G3)のラップ分析&回顧

21/5/9 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:5着(1.59.6・0.3差)

騎手:吉田隼人(57キロ)

道中は中団の前、5番手あたり。

4角も5番手の内で直線に向く。

直線では馬場の良い外目に進路を取って追い出すが、ゴール前が少し甘くなって5着まで。

ハンデ57キロの馬では最先着。

これだけの消耗戦になると、1キロの斤量差が、2倍にも3倍にもなるのではないか?

一番苦しいゴール前で甘くなったのはそのせいだと思う。

2021年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

21/7/18 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:6着(1.46.6・0.4差)

騎手:浜中俊(57キロ)

道中は中団の前、4~5番手。

4角は順位を落として7番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、良い脚は出せず。

ただ、2走前の同じ小倉の「小倉大賞典」のときと同じ脚は出している。

トップハンデの57キロを背負っていたことで、切れ味の差が出たのだろう。

2021年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

21/11/20 アンドロメダS(L・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(1.59.8・ハナ差)

騎手:浜中俊(57キロ)

道中は中団8番手あたりを追走。

4角は7番手で直線に向き、直線は馬群の中ほどから、狭いスペースをこじ開けての追い上げを見せるが、外から追い込んで来たラーゴムにハナ差交わされて2着。

今回もスローの末脚勝負だったが、このクラスならまだ勝負になる。

最後はハンデ差と、外差し馬場にやられた感じ。

このクラスでは力は上位。

21/12/11 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:4着(2.00.1・0.3差)

騎手:浜中俊(57.5キロ)

道中は中団8番手あたりを追走。

4角は7番手で直線に向き、直線は馬場の内目を追い上げて来るが、ゴール前、シゲルピンクダイヤに交わされて4着。

トップハンデの57.5キロを背負って、前残りの展開ならこんなものだろう。

2021年 中日新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

22/1/23 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 良

着順:3着(2.13.0・0.3差)

騎手:横山武史(56キロ)

序盤は中団の前あたり、4~5番手を追走。

中盤あたりから順位を下げて、3角は7番手の内目、4角は8番手の内で直線。

直線は各馬が避けて通る荒れた内目の進路を選択。

しかしこれが案外に伸び、坂の上りでは突き抜けるか?というような勢いだったが、やはりゴール前は甘くなって3着まで。

おそらく内を狙ったのではなく、外に出せずに内を選んだのだろう。

外に出せていれば勝ち負けは際どかっただろうし、内の馬場がこれほど荒れていなければ、内をすくって勝っていた可能性も高い。

いずれにしても内容は良かった。

2022年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

22/3/26 日経賞(G2)

中山 芝2500m 稍重

着順:2着(2.35.5・0.1差)

騎手:浜中俊(56キロ)

道中は先団2~3番手。

4角は4番手の内で直線に向き、直線は馬場の最内から逃げ粘るタイトルホルダーを懸命に追うが、その差は詰まらず2着まで。

どちらかと言えば切れ味で勝負する馬ではない。

道中あれだけ楽をさせたら、直線で差し切るのは難しかった。

2022年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

次走、目黒記念(G2・ハンデ)に向けて

次走は5月29日(日)、東京競馬場 芝2500mで行われる「目黒記念(G2・ハンデ)」。

ハンデはトップハンデの57.5キロ。

堅実な馬で、ここでも安定勢力だが、東京コースだけに、スローのキレ味勝負は避けたい。

 

⇒その他、目黒記念(G2)の出走馬を分析